英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「ドクトル・ジバゴ」

<<   作成日時 : 2009/04/13 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

ロシア革命の前後のロシア。
医師であり詩人でもある
志高く将来有望な青年ジバゴの波乱の人生が描かれています。
とにかく長いのですが(前編後編合わせて4時間ほど)、
意外にも長く感じなかったのは、
2回に分けて見たせいだけではないと思います。
前半はジバゴの比較的幸せな時代が描かれていたせいか、
想像よりも気楽に見ていられました。
しかし、後半、共産主義となった世の中が住みにくい状態になっていき、
またジバゴがラーラと深い仲になったり
内戦がひどくなったりで、
見ているのが辛くなりました。
この時代のロシアを生き抜く自信は、
私にはありません。
不幸の底なし沼のような感覚に襲われました。
そんな時にジバゴは浮気なんかしていているなんて。
それまでのジバゴはとても素敵な青年で、
かつ立派な医師だったのに、
悲しくなりました。
美しく優しいトーニャの悲しむ姿は見たくありませんでした。
ラーラ役はキーラ・ナイトレイですが、
トーニャに対して優しい言葉をかけたりしても、
勝気な顔がその親切さを表現しきれていないように感じました。
1965年に作られた映画のリメイクで、
そちらは194分。
この2002年はCMなども込みでおよそ4時間。
しかし、2003年版のDVDは120分にまとめられてしまっているそうです。
ちなみに、私はLaLa TVで見ました。
放送はまだこの先もあるようです。



ドクトル・ジバゴ [DVD]
パンド
2003-10-24


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




ドクトル・ジバゴ 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2009-01-21


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

こちらは1965年版。
「アラビアのロレンス」のデイビッド・リーン監督の手による名作です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画 「逃亡者2001」
緑のジャガーの中古車を買ったヴァージル(ハンス・マシソン)。 ところが、その車は走行距離わずか6kmで故障してしまう。 おまけにトランクからは身に覚えのない死体が発見され、 ヴァージルは警察に追われる羽目に。 職も失い、ガールフレンドのフィオナ(ベス・ウィンスレット)にも逃げられ、 ツキに見放されたかのようなヴァージルだったが、 偶然出会ったティファニー(シャーロット・コールマン)の協力を得て 真犯人探しを始める。 (ミステリーチャンネルより)  ...続きを見る
英国日記
2009/05/27 06:48
INDEX 映画
INDEX 映画 ...続きを見る
英国日記
2010/03/07 22:45
INDEX 映画 <NEW>
INDEX 映画 ...続きを見る
英国日記
2013/03/05 10:10
INDEX 映画 <あ行〜な行>
あ行 ...続きを見る
英国日記
2015/08/09 14:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「ドクトル・ジバゴ」 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる