英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「イギリス人はおかしい」 日本人ハウスキーパーが見た階級社会の素顔 高尾慶子

<<   作成日時 : 2009/08/09 19:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

 英国ベタ誉めはもうたくさん!
 英語の喋れる祇園の元クラブホステスが渡英して、
 たまたま『エイリアン』で知られる
 リドリー・スコット監督の大邸宅のハウスキーパーとなって13年。
 その間に見聞きした貴族や大富豪から一般大衆までの、
 イギリス人の赤裸々な姿を辛口とユーモアで綴った英国暮らし体験記
 (文春文庫 裏表紙から)


高尾慶子氏の「イギリス人は〜」シリーズの1作目です。
続編の「イギリス人はかなしい」、「イギリス人はしたたか」は既に読んだのですが、
やっと思い出したように、1作目を読みました。
他の2冊同様、これもイギリス社会が
見事なほどにリアルに書き綴ってあって
とても興味深かったです。
私のように、夫の転勤の都合でちょっぴり滞在した者とは違い、
彼女はイギリスにジャンプして飛び込んで行き、
どっぷりはまりこんでいる人。
私なんてこれっぽっちも体験できなかったようなことがたくさん書いてあり、
本当におもしろいです。
少々文句が多いのが気になることもありますが、
彼女はイギリスで真剣勝負なので、
腹が立つことが多いのも当然です。
イギリスに失望したくない方は読まない方がよろしいかと・・・




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画 「ワールド・オブ・ライズ」
国際テロ組織と戦うCIAの話。 中東にもぐりこんで活動するCIA工作員フェリスを レオナルド・ディカプリオが熱演しています。 原作は中東で20年も活躍してきたジャーナリスト、 デヴィッド・イグネイシャス氏によるもので、 実話ではないものの、 中東の様子が忠実に描かれています。 その点が非常に興味深かったです。 DVD特典を見るとさらに詳しく知ることができ、 いい勉強になりました。 ...続きを見る
英国日記
2009/10/13 01:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜。
「ワールド・オブ・ライズ」から飛んできました。
この方、存じませんでした。面白そうな三部作、読んでみます。
ryoko(映画の話でコーヒーブレイク)
2009/10/16 20:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
「イギリス人はおかしい」 日本人ハウスキーパーが見た階級社会の素顔 高尾慶子 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる