英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「マイ・ボーイ・ジャック」

<<   作成日時 : 2009/08/14 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

ノーベル文学賞作家のラドヤード・キップリングと
その息子ジャックについてのお話。
第一次世界大戦の最中、軍隊に入りたいというジャックのために、
父はコネを使って入隊させます。
18歳の誕生日の直後の戦いで
行方不明になったという電報が家族の元に届き、
彼らはひどく心配をしますが・・・

普段、見終わった直後に、
共感できなかったり、理解できなかったりする映画もありますが、
しばらく考えているうちに多少なりとも理解が進み、
納得できる場合がほとんどです。
でも、これは、あまり共感できませんでした。
ストーリー自体もおもしろくもなんともない。

もちろん、両親の愛情はわかりました。
両親は悲報を受け取った後で、またコネを使って、
その時に戦地にいた軍人たちを家に呼びつけて、
その日の様子を話させたりして情報を集めます。
有益な情報を持たない人までも。
呼ばれた方はいい迷惑。
文字通り「ご足労」です。
コネばかり使っていて、こんなのって単なるエゴです。

戦争に行かせたかった父親と、行きたかった息子。
挙句、悲しい結末を迎え、父は行かせたことを後悔しかけます。
一風変わったスタイルの反戦映画です。
それもわかるのですが・・・

キップリング氏が子供を集めて物語を聞かせるシーンは
ほのぼのとしていてよかったです。
それと、ジャックがかわいがっていた少年との会話も
ちょっとよかったです。
でも、それだけ・・・

ジャックは、ハリー・ポッターのダニエル・ラドクリフ君です。

(2007年 イギリス)


そういえば、イギリス南部にある、キップリングの家に行ったことがあることを
思い出しました。
http://www.nationaltrust.org.uk/main/w-batemans



マイ・ボーイ・ジャック [DVD]
ポニーキャニオン
2008-11-05


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX 映画
INDEX 映画 ...続きを見る
英国日記
2010/03/07 23:52
INDEX 映画 <NEW>
INDEX 映画 ...続きを見る
英国日記
2013/03/05 10:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「マイ・ボーイ・ジャック」 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる