英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ 「デビッド・コパーフィールド」

<<   作成日時 : 2009/08/27 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

チャールズ・ディケンズの小説を
BBCが映像化したものです。
生まれる前に父を亡くし、まだ若い母をも失い、
継父とその姉からひどい扱いを受ける
幼いデビッド・コパーフィールド。
でも使用人のペゴティは彼の味方です。
他にも、たった一人の親族である大伯母や、
その他大勢との関わり合い、
作家への転身・成功、結婚、妻との死別、
そして妹のような存在であったアグネスとの愛が描かれています。

180分の長編ですが、次から次へと事件が起きるため、
全く飽きずに見ることができました。
全体を通してずっと感じていたことは、階級のこと。
デビッド自身、上流階級の人ですが、
使用人やその兄達と仲良くしたり、工場で働いたりします。
友人の家族からそのことで皮肉を言われたりもします。
そのように、階級の隔てなく自由に行き来しているデビッドの存在が
不思議に感じました。
ディケンズ自身、苦労人であったと記憶していますが、
そんなデビッドは彼の理想像なのかもしれないと思いました。

幼いデビッドを、ダニエル・ラドクリフくんが演じていますが、
とってもかわいい!
うれしそうな笑顔は格別です。
それと、使用人ペゴティの役の人の、愛情あふれる表情は、
何とも言えず温かかったです。
継父に辛くあたられても、
彼女の笑顔を見ると私までほっとしました。

(2001年)



デビッド・コパーフィールド〈トールケース〉 [DVD]
アイ・ヴィ・シー
2001-12-29


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX ドラマ
INDEX ドラマ ...続きを見る
英国日記
2010/02/21 03:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラマ 「デビッド・コパーフィールド」 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる