英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ 「高慢と偏見」

<<   作成日時 : 2009/10/07 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ジェーン・オースティンの同名の小説を
BBCがドラマ化したものです。
キーラ・ナイトレイ出演の映画版「プライドと偏見」よりも
10年前に作られた作品です。

「プライドと偏見」は少し前に見ましたが、
内容をかなり忘れてしまっていて・・・
実は、最近見たテレビドラマの
「ジェーンオースティンに恋して」を見たので
なんとか思いだせた次第です。

キーラの印象が強すぎたためか、
こちらの「高慢と偏見」を見始めた時は違和感がありました。
エリザベスは妙に落ち着きすぎ。
態度もそうですが、見た目も。
見慣れるまでにかなりの時間がかかりました。

「プライドと偏見は2時間程度だと思いますが、
こちらの「高慢と偏見」は6時間ほどです。
ちょっと長いですが、こまかなエピソードまで描かれていて、
より理解が深まりました。
時間が長いせいか、どっぷりはまりこんでしまって、
リディが駆け落ちしたという話を聞かされた時など、
ふと気づいたら私まで
本当に困った顔をしていました。
そしてもちろん、ダーシー氏からの2度目のプロポーズの時は、
私もうれしそうな顔をしていたにちがいありません。

それにしても、あの一家の母親はどうしちゃったんでしょう。
父親はまともなのに。
二人はなぜ結婚したのかと思ってしまいます…
そうそう、あのお父さん、
ちゃーんと娘の気持ちを理解していて、
ジョークがチャーミングで素敵でした。

(1995年 イギリス 原題 PRIDE & PREJUDICE)



高慢と偏見 [DVD]
アイ・ヴィ・シー
2002-04-05


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




高慢と偏見〔新装版〕 (河出文庫)
河出書房新社
ジェイン・オースティン


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらにもお邪魔します。
10年程前、NHKのBSで本作を見て、すっかりコリン・ファースのMrダーシーのファンになり、本作を下敷きにした「ブリジット・ジョーンズの日記」で現代版ダーシーに魅かれ、イメージが壊れそうでなかなか「プライドと偏見」を見なかったのですが、キーラのエリザベスのはまり振りとマシュー・マクファディンのダーシー振りに、イメージが壊れるどころか「いいじゃないか〜」と感心しました。
>態度もそうですが、見た目もエリザベスは妙に落ち着きすぎ。
同感です。
ryoko(映画の話でコーヒーブレイク)
2009/10/11 22:04
ryoko様
こちらにもコメントありがとうございます。
ryokoさんは、その順番でご覧になって、イメージが壊れなかったのですね。私は順番間違えたな、と思っていましたが、コメントを拝見してやはり間違えだったと確信しました(苦笑)。比べてみたいので、近々、再度キーラの物を見てみようと思っています。
あ、でも、順番は間違えましたが、コリン・ファースのMrダーシー、とてもよかったです。現代版ダーシー氏より、さらによかった!
英国日記
2009/10/12 01:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラマ 「高慢と偏見」 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる