英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「ヒラリー・スワンク IN レッド・ダスト」

<<   作成日時 : 2009/12/05 23:25   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 2 / コメント 0

白人の支配から抜け出し、民族の和解と統一を求め始めた南アフリカ。
白人支配当時の犯罪は、『民族和解委員会』の聴聞会で、
全てを告白すれば恩赦で無罪とされることとなった。
そんな中、元警官ヘンドリックスの恩赦申請に、
黒人の政治家アレックスが異議を申し立てる。
弁護士サラはアレックスに協力し、ヘンドリックスの行為を調査するが、
その過程で驚くべき事実が明らかになっていく。(角川映画)


平和ボケした日本人である私にとって、難しいテーマでした。
南アフリカについて知らないことばかりで、
実感できませんでした。
もし、アレックスが、「これで自分の(政治家としての)キャリアを失う」などと
利己的なことを言ったりせず、
彼が100%正しいヒーロー物のような仕立てだったら、
もっとわかりやすく、感情移入もできたかもしれません。
やはり、事実は、そうシンプルなものではないのですね。
また、そのように描かないのがイギリス流、だと感じます。 
(BBCの作品です)

アレックスやマラーなどの白人警官は、
黒人を拷問した罪に問われますが、
この時代、この国に生きている警官なら、誰しもがやっていたことで、
この2人だけが悪いわけではなかったように思います。
そう考えたら、この2人も、ある意味では被害者なのかもしれません。

この事実を忘れないよう、二度と繰り返さないようにして欲しいです。 

それにしても、この邦題、
B級映画みたい・・・

(2004年  イギリス・南アフリカ
 原題:RED DUST)


ヒラリー・スワンク IN レッド・ダスト [DVD]
角川エンタテインメント
2009-04-24


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX 映画
INDEX 映画 ...続きを見る
英国日記
2010/03/07 23:52
INDEX 映画 <NEW>
INDEX 映画 ...続きを見る
英国日記
2013/03/05 10:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「ヒラリー・スワンク IN レッド・ダスト」 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる