英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「007 女王陛下の007」

<<   作成日時 : 2010/04/05 09:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

007シリーズの第6作目。
ボンド役はジョージ・レーゼンビー。
今まで見た007の中でも、ストーリーが複雑すぎず、
スキーリゾートやクリスマスといった、華美過ぎないはなやかさもあり、
古過ぎて違和感がある風でもなく、適度な古さを楽しめたりと、
「行き過ぎない」良さ、があったように思います。
ボンドの顔もくどすぎませんでした。
結果、総合すると、なかなかいい作品と思えます。

とは言っても、特筆すべきこともあります。
それは、ボンドガールのトレイシーと結婚すること。
ボンドが一度だけ本気になった女性がいるというようなことを
何かで読んだことがありましたが、
これがその話でしたか!
デートを重ねるシーンは、別の映画かと思うような、
さわやかな甘さがありました。
(ふと、映画「フォロー・ミー」が思い浮かびました)
結婚式やその後のドライブでも、あんなに幸せそうだったのに・・・

ジョージ・レーゼンビーのボンドはこの1作品しかなく、
今回初めて見ましたが、
次に別の映画で見かけたとしても気付かないかもしれません・・・
なんだか印象が薄いです。
ショーン・コネリーもティモシー・ダルトンも濃すぎますから。

今回、秘密兵器は少なかったようです。
ダイヤル式金庫の鍵を自動であける装置。
これは機械が大きすぎでしょう!
しかも開けるまでの時間もかかり過ぎです。
当時としては、これ以上小さくて速い機械だと
現実味がなくなってしまったのでしょうね。
それから、現在位置を特定できるという放射性の端切れ。
これはQが紹介したものの、結局使いませんでしたねえ。

(1969年 イギリス 原題:On Her Majesty’s Secret Service)



女王陛下の007 (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2007-08-25


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX 映画
INDEX 映画 ...続きを見る
英国日記
2010/04/05 09:46
INDEX 映画 <NEW>
INDEX 映画 ...続きを見る
英国日記
2013/03/05 10:10
INDEX 映画 <あ行〜な行>
あ行 ...続きを見る
英国日記
2015/05/06 22:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「007 女王陛下の007」 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる