英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「ある公爵夫人の生涯」

<<   作成日時 : 2011/04/25 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

公爵の気持ちをもう一歩踏み込んで見せて欲しかったです。
初めはジョージアナのことを好きでもない、
浮気症の嫌な男だと見せておきながら、
後半、彼は彼なりに愛しているというようなことを言います。
そこで一瞬、おお、そうだったのか、
単に自分を表現するのが不得意なだけだったのか、などと、
ちょっと気の毒に思ったりもしましたが、
だったら数々の浮気は何なのだ?と思い返しました。
でも、あの時のレイフ・ファインズの表情は、
確かにジョージアナのことを愛しているという顔をしていました。
後から気付きましたが、
公爵の浮気は、男の子が欲しいから、なのでしょうか?
愛人の子も、公爵の跡継ぎとして認められるのかしら?
そんな例を知っているような知らないような・・・

レイフ・ファインズはぴったりの配役でしたね。
悲しげな、困ったような表情。
神経質そうな感じ。
下品でもなく、弟よりも貫禄もあります。
ヅラも似合っていました。

それから、エリザベスの存在は奇妙でした。
何も3人で食事しなくても・・・
最後にはジョージアナとエリザベスは仲良く過ごしたようですし、
ま、こういう時代だったのか、と、思うしかないです。

エリザベス役のヘイリー・アトウェルは、
ドラマ「大聖堂」のアリエナ。
アリエナ役は本を読んだ感じと違うイメージだったので
少々違和感を覚えましたが、
このエリザベスに関しては、
子供に会うためには公爵の愛人になることも受け入れる強さや、
ジョージアナを守る優しさや、
友達としてジョークを言う時のおどけた感じなど、
とてもよかったと思います。

キーラ・ナイトレイですが、
いまだにパイレーツ・オブ・カリビアンの印象が強すぎるせいか、
あるいは勝気な顔つきのせいなのか、
どうもこの手の役に合うのかわからないのですが、
それでも、この役を演じきっていたことは伝わってきました。

それから、冒頭に出てくるジョージアナの実家は、
ベニシアさんのお母さんのご実家なのですよね。
いや、素晴らしい!
私もこういった、ナショナルトラストの館などの類にはいくつか行きましたけれど、
それらをはるかに凌ぐ立派さ、広さなのではないかと感じました。
庭というか、敷地も含めて。

(2008年 イギリス/イタリア/フランス
 原題: THE DUCHESS)

ある公爵夫人の生涯 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2010-07-23


Amazonアソシエイト by ある公爵夫人の生涯 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画 「わたしを離さないで」
先日、本も読み終わり、やっと映画を観てきました。 ネタバレしないようにしたいので、 ご覧になった方にしかわからないようなあいまいな表現も使いますが ご了承下さい。 ...続きを見る
英国日記
2011/05/01 11:58
INDEX 映画
INDEX 映画 ...続きを見る
英国日記
2013/02/24 23:59
INDEX 映画 <あ行〜な行>
あ行 ...続きを見る
英国日記
2015/04/05 12:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ケドルストン・ホールにも行かれたんですね!いいなあああ(羨)
ベニシアさんの里帰りをTVで観て、この映画のパンフレットを引っ張り出しましたよ…。

わたしはこの映画では、誰よりもアール・グレイが浮いていたと思います。江戸時代に平成の若人がいるような違和感でした。
『マンマ・ミーア!』は良かったんですけどねぇ。
itoyan
2011/04/25 23:29
ケドルストン・ホールには行ってないのです、
わかりにくい書き方をしてしまいました、
ごめんなさい、書き換えておきます。
ベニシアさんの里帰りは、itoyanさんのブログを読んだ後にダイジェスト版らしきものを放送していたので、見ました。
さらに、この映画を見た後に、再度itoyanさんのブログで確認してしまいましたよ、これがベニシアさんの、だよね?って。
私の便利帳になっちゃってます、itoyanさんのブログが。
グレイは、なぜこの人を不倫相手に選んだのか納得できない容姿、という意見が夫と一致しました。
nightowl
2011/04/26 23:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「ある公爵夫人の生涯」 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる