英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「わたしを離さないで」

<<   作成日時 : 2011/05/01 11:53   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 19 / コメント 0

先日、も読み終わり、やっと映画を観てきました。
ネタバレしないようにしたいので、
ご覧になった方にしかわからないようなあいまいな表現も使いますが
ご了承下さい。

原作と少々違うところはありましたが、
2時間にまとめるために必要だった程度で、
違和感はありませんでした。
うまく作られた映画だと思いました。

本では、真実が語られるまでにかなり時間がかかりましたが、
映画ではかなり早い段階で彼らの目的が語られたため、
少々驚きましたが、
これも映画の枠に収めるために必要だったことと理解できます。

本を読んではいたものの、映像で見せつけられると
とてもリアルでした。
読書中ははじわじわ恐ろしさが押し寄せてくる感じでしたが、
映画では、わっと、哀しさ、恐さが突き刺さってきました。
泣きました。

トミーが叫ぶシーン。
あともう少しあのシーンが長かったら
もっと泣いていたに違いないです。

それと、やはり最後の辺り。
私が泣いているのに、
周りの人は全然泣かないんですね、なんで?
なんでここで、ペットボトルの飲み物を飲んだりしていられるわけ?

マダムの家で語られることが少なすぎたような。
ここがないから、映画だけ観た人は泣かないのかも。

キャスの強さは尋常じゃない。
穏やかな顔なのが、逆に哀しさを誘います。
キャス役のキャリー・マリガンもよかったのですが、
準主役であるキーラ・ナイトレイがよかった。
これは地味な役で、
華やかな彼女が演じると主張しすぎてしまうのではないかと思いきや、
別人のように、地味な役に徹していると感じました。
木村拓哉が脇役をやっても、絶対に目立ってしまうと思いますが。
こんな一面もあったのか、と、感心しました。
さすがです。
数日前に「ある公爵夫人の生涯」を観たばかりなだけに、
余計にその違いが際立ちました。
この2本を連続で観ることが仇にならないかと気にはなっていましたが、
むしろよかったと言えます。

キャスの子役は確かにキャスに似た雰囲気でぴったり。
トミーの子役はルックスがなかなかよかったので、
将来を期待しちゃいます。

(2010年 イギリス/アメリカ 原題: NEVER LET ME GO)



わたしを離さないで [DVD]


Amazonアソシエイト by わたしを離さないで [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
早川書房
カズオ・イシグロ


Amazonアソシエイト by わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(19件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
カズオイシグロ 「わたしを離さないで」
*映画の感想はこちら ...続きを見る
英国日記
2011/05/01 21:13
『わたしを離さないで』
(英題:NEVER LET ME GO) ...続きを見る
ラムの大通り
2011/05/03 23:30
「わたしを離さないで」心に刺さる。
[わたしを離さないで] ブログ村キーワード  キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ。今が旬の、若手実力派スター3人が共演!「わたしを離さないで」(20世紀フォックス映画)。このタイトルだけ聞くと、何か“昼メロ”みたいですが、これが何とも心に突き刺さる“SF 純愛ラブ・ストーリー”なのでございます。 ...続きを見る
シネマ親父の“日々是妄言”
2011/05/03 23:45
『わたしを離さないで』 残酷な運命によって際立つ貴さ
期待通りの映画でした。全てが繊細で丁寧、そして美しい。ことに、キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ、3人の演技は芸術的。繊細なアンサンブルに感動でした。 ...続きを見る
コナのシネマ・ホリデー
2011/05/04 00:25
わたしを離さないで
柵に付いているボロボロのビニール ...続きを見る
Memoirs_of_dai
2011/05/04 00:32
『わたしを離さないで』、邪魔する女
映画の原題になっている『Never Let Me Go』というジュディ・ブリッジウォーターの曲は、二度ほど映画中に流れます。 一度めはそのテープをトミー(アンドリュー・ガーフィールド)がキャシー(キャリー・マリガン)のために代用コインで買ってくれたとき。 キャシーはひとり共同寝室に戻ると、ジュディの歌声に聞き入ります。 隔離された施設の中、ふたりの心でささやかに萌芽した恋が、形になって表れた場面といっていいでしょう。 そのとき、いつのまにか扉のところにはふたりの友人であるルース(キ... ...続きを見る
weekly? ぱんだnoきぐるみ
2011/05/04 07:10
わたしを離さないで
外界と隔絶された寄宿学校ヘールシャム。 キャシー(キャリー・マリガン)、ルース(キーラ・ナイトレイ)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)の3人は、普通の人とは違う“特別な存在”として健やかに... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2011/05/04 11:29
わたしを離さないで◇◆Never Let Me Go (2010)
 この命は、誰かのために。この心は、わたしのために。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。レディスデイで1000円。春休みでサービスデイということもあって、多くのお客さんでした。若手注目俳優3人の主演ということで、気になっていた本作。どんな話かも事前にチェックし... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2011/05/04 20:45
わたしを離さないで
公式サイト。原題:Never Let Me Go。カズオ・イシグロ原作、マーク・ロマネク監督、キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ、シャーロット・ランプリン ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2011/05/05 12:04
わたしを離さないで
「17歳の肖像」のキャリー・マリガン、「ソーシャル・ネットワーク」のアンドリュー・ガーフィールド、「つぐない」のキーラ・ナイトレイ共演で贈るラブストーリー。謎を秘めた寄 ... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2011/05/06 19:47
「わたしを離さないで」
2010年・英=米/配給:20世紀フォックス原題:Never Let Me Go 監督:マーク・ロマネク原作:カズオ・イシグロ脚本:アレックス・ガーランド製作総指揮:アレックス・ガーランド、カズオ・イ ...続きを見る
お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽し...
2011/05/07 01:24
わたしを離さないで 静かに静かにじわじわと。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。エーン!!
【=18 -3-】 カズオ・イシグロという人の原作「わたしを離さないで」の映画化だそうだってのはエンドロールで知った。 カズオ・イシグロって誰よ?って調べたら、長崎県出身のイギリス人作家で日本語は喋れない人だそうだ。 ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2011/05/09 09:57
■映画『わたしを離さないで』
キャリー・マリガン、キーラ・ナイトレイという英国出身の実力と人気を兼ね備えた若手俳優が顔を揃えた映画『わたしを離さないで』。 ...続きを見る
Viva La Vida! <ライターC...
2011/05/12 10:28
『わたしを離さないで』 訴えられるのは誰か?
 【ネタバレ注意】 ...続きを見る
映画のブログ
2011/05/19 08:00
ドラマ 「法医学捜査班 Silent Witness」 21〜28話
ドラマ「法医学捜査班」の新エピソードが放送されたので、 見てみました。 全部で前編+後編×4話です。 ...続きを見る
英国日記
2011/06/20 01:17
映画「わたしを離さないで」
never let me go イギリス 2010 2011年3月公開 劇場鑑賞 好きな作家カズオ・イシグロの作品の映画化ということでとっても楽しみにしていた1本。 舞台は我々の世界とは違う、とある技術が発達した世界での英国。 寄宿学校ヘールシャムで学ぶキャシー(キャリー・マリガン)とルース(キーラ・ナイトレイ)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)の3人が自分たちに課せられた運命の中で、精一杯に生きていく姿を描く。 相変わらずあらすじを書きにくいお話ですが、今回の映画、この作品を映画化するの ...続きを見る
Andre's Review
2011/07/28 23:45
mini review 11540「わたしを離さないで」★★★★★★★★☆☆
イギリスの文学賞・ブッカー賞受賞作家カズオ・イシグロの小説を基に、傷つきながら恋と友情をはぐくみ、希望や不安に揺れる男女3人の軌跡をたどるラブストーリー。『17歳の肖像』のキャリー・マリガン、『つぐない』のキーラ・ナイトレイ、『大いなる陰謀』のアンドリュ... ...続きを見る
サーカスな日々
2011/10/10 01:55
映画 「Dr.パルナサスの鏡」
この映画、イギリス物だったのですね。 ヒース・レジャー、ジョニー・デップらの名前が挙がっていたので、 てっきりアメリカ映画だと思っていました。 そう、ヒース・レジャーの遺作であり、 撮影できていなかった部分を、 ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが代役を務めたもの。 公開前にそのエピソードを聞き、興味は持っていましたが、 今頃観ました。 ...続きを見る
英国日記
2012/02/13 01:26
INDEX 映画 <NEW>
INDEX 映画 ...続きを見る
英国日記
2013/03/05 10:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「わたしを離さないで」 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる