英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「ゴスフォード・パーク」

<<   作成日時 : 2011/07/25 00:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

1932年、イギリスのカントリーハウス「ゴスフォード・パーク」に、
狩猟パーティーのために上流階級の人々が集まってきた。
そんな中、この館の主が殺される。

例によって、事前情報なしで観ました。
(ジェレミー・ノーサムが出演しているらしいということは、
 なんとなく認識していましたが)

1時間ほど観た辺りで、ふと、
この映画のテーマはなんだろう?という疑問が涌いてきて、
しばしストーリーから離れて考えるに、
上流階級の人々の日常ウォッチング系かな、と、
勝手に思い込んでいました。

ところが、まさかの殺人事件が。
ミステリーの気配なんて前半に感じられなかったので
ああ、そういうことだったんだ、と。
でも、刑事モノではないので、
案外あっさりと犯人が見つかり、
この後どうなるのか、という辺りを匂わせもしない、
イギリス得意(?)の終わり方でした。

メイドのメアリーが、犯人が誰かに気付き、本人に尋ね、
本人もあっさりと認めて理由を語っていましたが、
警察には話していないようだったので、
このまま警察が犯人を見つけ出せなかったりするのかもしれません。
また、冤罪なんていう可能性もあるかも。
それと、クライヴ・オーウェン扮するロバート・パークスは、
母親の存在や、母親と犯人の関係に気付いたのかどうかも気にかかります。
そんな状態で終わるなんてー!

ストーリーの感想を書くとこんな感じになりますが、
この映画のおもしろいところは、
階上の人(貴族)と階下の人(貴族に仕える者達)の見せ方でした。
エンディングロールにも、俳優の名前が、
まず「ABOVE STAIRS」、間に「VISITORS」が入り、続いて「BELOW STAIRS」と、
分けて紹介されています。
上流でない階級を描いた作品はいくらでもありますが、
このように、貴族とその従者、両者が同等に描かれるというのは
珍しいと思いました。

それにしても、メイド達の噂話は恐ろしかったです、
何もかもお見通し。
さらに、それを聞き出そうとする雇い主、というのもおもしろかった。
メイド頭エルシーの、
主の娘に対する態度の大きさにも驚きました。

イギリス得意の終わり方、と書きましたが、
アメリカ映画なのですよね、
監督もアメリカ人だし、脚本家はエジプト人のよう。
あの終わり方はなぜ、あのようになったのでしょう?


いいサイトを見つけました!
Cheeky's Garden

(2001年 アメリカ 原題:GOSFORD PARK)

ゴスフォード・パーク〔ユニバーサル・セレクション2009年 第3弾〕 [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2009-04-09


Amazonアソシエイト by ゴスフォード・パーク〔ユニバーサル・セレクション2009年 第3弾〕 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX 映画 <NEW>
INDEX 映画 ...続きを見る
英国日記
2013/03/05 10:10
INDEX 映画 <あ行〜な行>
あ行 ...続きを見る
英国日記
2015/05/05 08:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今は亡き恵比寿ガーデンシネマでの単館上映作品ですね。映画を見逃して、でもサントラだけどうしても欲しくて内容もよく知らないのに買いました。
"The Land of might have been"は絶対エンディングにかかるに違いないと思って、輸入版ビデオを買ってようやく観たら、やっぱりそうだった(笑)。

殺人事件は二の次で、何が起ころうと「領地を維持して行くこと」「完璧な召使であること」を淡々とこなす姿がテーマなんでしょうね。はっきりしない結末ですが、わたしは歌も含めて(笑)、いいエンディングだったと思います。
ヘレン・ミレンはやはり凄い女優ですね(マギー・スミスも)。

アイヴォア・ノヴェロは実在の人気音楽家兼俳優ですが、「ゲイ」だったそうです。そう言われると、そんなふうにも見えます……かね?
itoyan
2011/07/26 20:46
無理矢理ハッピーエンドに結び付けないところが
イギリス作品のいいところだと思います。
時には酷ですが、この場合は、わからなくてよかったのかもしれないし。
ジェレミーさん、歌うまいですねえ、雰囲気があります。
ノヴェロはゲイでしたかー、
そんな風に見えました…か?
それはジェレミーさんの演技力のせいでしょう!
当然ながら、「日の名残り」を思い出されました、
本しか読んでいないので映画も観てみたいです。
nightowl
2011/07/27 00:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「ゴスフォード・パーク」 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる