英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK 「英国王室御用達(ザ・ロイヤルワラント) 〜大森南朋・極上の逸品と歴史の旅〜」

<<   作成日時 : 2012/06/15 23:55   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 世界に冠たる「英国王室御用達(ロイヤルワラント)」。
 紳士服、宝石など高級ブランドから、
 せっけんやドッグフードなどの日用品まで。
 その品質には、常に専門機関の厳しい目が注がれる。
 800年にもわたるロイヤルワラントの歴史。
 そこには、品質を追求し、技術を磨いてきた職人たちと、
 それを誇りにしてきた国民の姿がある。
 本物にこだわる“頑固な国”イギリスのものづくりの精神と意外な歴史を、
 俳優・大森南朋さんが探る!
 


NHKのイギリス特集の1つ。
ロイヤルワラント製品の愛用者の1人、チャーチルを取り上げ、
彼の行きつけだったお店を巡ります。
サビルロウの仕立屋さん「HENRY POOLE」、
オーダーメイドの帽子屋さん「LOCK」、
ワイシャツなどの「TURNBULL & ASSER」、
ビスポーク靴屋さんの「JOHN LOBB」・・・

HENRY POOLEでは、地価の縫製工場を訪れますが、
みな、誇りを持って、それぞれの仕事をやっていると感じました。
JOHN LOBBでは、ここで働く日本人女性職人に話を聞きます。

最後には貴族、ジェラルド・フィッツァランハワード氏の
お屋敷にお邪魔して話を聞きます。

内容はそれぞれよかったのですが、
大森南朋が、どうしようもなかった。
これらの格式ある老舗に行くのに、あの格好・・・
よれよれの服に無精髭。
日本の恥です。
貴族のお宅にお邪魔するのに、
件の帽子をかぶっていったのはいいが、
家の中でもかぶったまま、
よれよれのコートも着たまま。
本当に恥ずかしかった。
内容よりも、そちらの方に気を取られ、
観終わった後、気分悪かったです。
NHKの同行者も、なんとか言うべきです。
コメントもつまらないし。
だいたい、「ネクタイはスタッフが用意した数本の中から適当に選ぶ」程度の
興味しかないような人。
これは完全に人選ミス。
たとえば、ジャージとスーツしか持っていないほどスーツが好きだという
キング・カズにでも取材してきて欲しかったです。
 
http://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=502-20120604-10-32462

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK 「英国王室御用達(ザ・ロイヤルワラント) 〜大森南朋・極上の逸品と歴史の旅〜」 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる