英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS クルーズ紀行〜クイーン・エリザベス〜 いよいよ船へ!

<<   作成日時 : 2012/08/14 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ホテルからタクシーでオーシャンターミナルへ。
ここから出港です。

まず、タクシーを降りると、スーツケースを預けるところがあり、
部屋番号を書いたタグ(事前に渡されている)をつけて預けます。
そして、だだっぴろい建物2階で船にチェックインする仕組み。
システマチックにできています。
画像
タクシーから降りたところで荷物を預け

画像
船に運び込まれている間に

画像
チェックインします


チェックインの際に、クレジットカードを登録し、
船内はここで渡されたIDカードでキャッシュレス。
スマートです。
さらにここで写真を撮ります。
IDカードのバーコードを読み取ると、
今撮った私の顔写真が表示され、
下船・乗船の時に、本当に私かどうかチェックされる仕組み。
 

手荷物検査のために、かなり並んで待ちます。
この間に周りの人々を観察していて、
私の心配事が少し減りました。
というのも、他の人々はとんでもないセレブばかりで、
私達だけ身分が違いすぎはしないかと思っていたから。
でも、どうやらそうでもないみたい。


だいぶ待って手荷物検査を終え、いざ船内へ!
画像

いきなり華やかな空間が広がります。
画像


部屋に着くと、この部屋担当のお世話係のRyanが
挨拶に来てくれました。
テーブルにはウェルカムシャンパンが!
素敵! 
画像



部屋で荷物を出して、
2週間居心地よく過ごせるよう設え、
いざ船内探検。

出航前からプールで泳いでいる人、
飲んでいる人、さまざまです。
画像

画像
巨大チェスもあります



16時から非常時の注意等の説明のため、
部屋にあるライフジャケットを持って
決められた場所に集合。
みんな、本当に集まるのか?と思っていましたが、
相当数の人が真面目に出席していました。
さすがイギリス人は真面目。
船は沈没の可能性もある、ということを再認識しました。
画像



16時半、出航。
デッキでバンドの演奏とともにパーティー。
早速踊る人、そして飲む人。
大半が日焼け態勢に入っているあたり、
やはりイギリス人です。
画像



夕食はメインダイニング「ブリタニア」で。
18時スタート。
今日のドレスコードであるエレガントカジュアルに合わせ、
ワンピースに着替えます。
メニューはプリフィクスの形式で、
希望によっては前菜を抜くこともできるし、
メインを2つ食べることも1つにしておくこともできるという、
かなり自由なタイプ。
お味は、1.5流ホテルの結婚式料理程度でしょうか・・・
短時間に数をこなすために、
やっつけ仕事の感が否めません。
コーヒーがぬるいのも悲しかったな・・・
持ち歩くポットから注がれるため、
当然、冷めてますよね。
イギリス人は猫舌だからこれでよいのでしょう。

旅行前に、クルーズ経験のある元上司に、
食事のテーブルは数名座れる大テーブルで、
毎回同じメンバーだから、
毎回その人達と会話しなくてはいけない、と言われていて、
これも相当なプレッシャーだったのですが、
ありがたいことに、私達の席は2人席!
これで、もう1つの心配事も、解消しました。

食後、ロイヤルコートシアターでショーを観ました。
今日は「Welcome Abord Show」。
画像

シアターは、船内のシアターとしては珍しい、
バルコニー席付きです。
画像


画像
カジノ


画像
ボールルーム


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クルーズ紀行〜クイーン・エリザベス〜 いよいよ船へ! 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる