英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ 「リンリー警部 捜査ファイル2」 #1〜16

<<   作成日時 : 2013/01/14 19:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


第1、2話 

シリーズ1の最後でヘイバースが同僚を撃ってしまい、
それに対する処罰がどうなるかわからないまま終わりましたが、
やはり戻ってきました。
ただし、格下の制服警官として。
しかしマンチェスターでの事件の応援に行ったリンリーは、
過去のファイルをさらう作業をやらせるために
ヘイバースを呼びます。
部屋に閉じこもった作業なんてやってられないとばかりに、
ヘイバースは現場での捜査に首を突っ込み、
度々注意されてもやめません。
ついにロンドンに戻されることになりましたが、
駅で事件関係者のポスターを見かけ、
重大なことに気付いて、めでたく解決にこぎつけました。
が、次の回は怒られるところから始まるのでしょう。


第3、4話 

天才バイオリニストが、子供の時に、妹を殺しました。
理由は、障害のある妹がいては
自分がジュリアード音楽院に行けないから。
家族、バイオリン講師、下宿人、家政婦がそれを隠すために、
家政婦の過失致死ということに仕立て上げ、
その時点ではうまくいきました。
10数年経ち、家政婦が服役から戻ってきた時に、
母親、その頃の担当刑事であった現警視、
そして父親が同じ手口で殺されます。
この3人の犯人はバイオリン講師。
それもバイオリニストを守るためでした。
最後の最後まで、妹を殺したのは自分だったといい続ける姿が
痛ましかったです。

リンリーの妻、ヘレンが妊娠。
「お祝いにシャンパンを飲みましょう、お酒飲めなくなる前に」って、
既に飲んじゃダメでしょう!


第5、6話 
前回亡くなった警視に代わり、
新しい警視がやってきました。
ヘイバースのちょっとした行動から彼女の判断能力の高さを知り、
降格が解除されることになりました。
そして、またリンリーと組むことに。

事件は、過去に自分の子供をお金のために売ったことのある女性が、
10年以上経って、今度は他人の子供の売買の仲介を行う、というもの。
若い妊婦は一度は承諾したものの、
出産したら子供を手渡したくなくなり、
返してほしいと言った時に、故意ではなく、死んでしまったのですが、
そこに勤務先オーナーの夫の悪事なども絡んで複雑になっています。

今回、ヘイバースは初の潜入調査も。
見ていてドキドキしました。
そして、ヘレン、またお酒飲んでる!
父親になる自信がないと言っていたリンリーに、
犯人の若い母親の子供に対する思いは、身にしみたようです。 


第7、8話 

妻に暴力をふるう夫が殺されました。
犯人は、妻のことを恋人だと思い込んでいるレズビアンの女性。
あんな獣から解放して2人で生きていきたかった、と。
この犯人、捜査を撹乱するために、
よりによってリンリーの妻の車を運転中にエアガンで撃ち、
お腹の中の子供が死んでしまいました。
なんてひどい・・・
それが原因でヘレンはリンリーのもとを離れ、
妹のところに行ってしまいました。
ヘレン、やっぱり面倒臭い・・・

で、最後、妻の目の前で逮捕された犯人を、妻が狩猟用の鉄砲で撃ちますが、
ヘイバースに当たってしまいました!


第9、10話 

今回から素敵なオープニングが付きました。
で、ヘイバース、普通に復帰してる!!
前回、下腹部に当たったはずなのに。
警察からの見舞金は10000ポンドだったそう。
ヘイバースは戻ってきたのに、
ヘレンとリンリーはまだきちんと話ができていません。

事件は、小さな村の巡査が「村人を守るために」行った殺人。
誰がやったか、村人はみんな知っているけれど、
誰も言わないし、知らないふり。
村が平和になったから・・・

巡査が犯人だとわかった瞬間、
ヘイバースは巡査に銃を向けられます。
前回撃たれた恐怖が蘇り、とても恐かったに違いなく、
助けが入った後の、しばらく緊張状態が続く様子から
安堵するまでの演技がリアルで、涙が出ました。
刑事物で泣くなんて初めてかも。


第11、12話 

ヘイバースは見舞金を使って
コーンウォールの保養所で休暇を楽しみます。
そこはリンリーの実家のそばで、
休暇の最後をリンリーの実家で過ごすことに。
そんな時に、すぐ近所で事件が。
コーンウォールは密輸が盛んなようで、
密輸絡みの殺人でした。
実家にリンリーの姉がいましたが、
前回の婚約披露宴の時にそんな人いたかしら・・・? 


第13、14話 

貴族院のドアマンと事務官が殺された。
お金のために、重要な書類を隠していたから。
それは、政府との契約を巡る、
アメリカ企業とヨーロッパ企業の資料。
このアメリカ企業の社外取締役は、貴族院議員の妻だった。
犯人の一人を逮捕したが、その犯人がニセ警官に殺され、
見つけ出した書類も奪われる。
この議員が絡んでいることは明らかなのに、
証拠がなく逮捕できない・・・
って、そこでおしまい?
解決しないまま?
そんな終わり方って。


第15、16話 

これがこのシリーズ最終話のはずなのですが、
録画失敗したようで、途中で切れていました・・・
多分最後の10分ぐらい、ないだけなのですが、
そこが大事なのに。
ショックです。

今回の事件は
高価な古いコーランの1ページを持っていた不法滞在者が殺され、
弟が容疑者として尋問を受けているところで、録画が切れました。
当分再放送の予定もないようです。
次のシリーズも録画してあるので、早速見ます!

こちらのサイトに最終話が詳しく書かれていました。
また、詳しいだけではなく、とてもおもしろいです!

AXNミステリー


(2000〜2007年 イギリス 原題: Inspector Lynley Mysteries)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX ドラマ
INDEX ドラマ ...続きを見る
英国日記
2013/01/14 19:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラマ 「リンリー警部 捜査ファイル2」 #1〜16 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる