英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ 「法医学捜査班 Silent Witness」 45〜58

<<   作成日時 : 2013/02/13 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


第45、46話 

新シリーズのスタートです。
プロデューサーが変わったのか、カメラワークも違うし、
検視のシーンもスタートの頃のようにエグいです。

密入国者の死体がいくつかと難破船が発見されましたが、
そばにいくつかの足跡があったことから生存者がいるとわかり、
探します。
特にニキは、6歳の中国の少女のことが気がかりで、
密入国者の1人とされるアフリカ人の男にしつこく質問します。
また、乗船者の1人の死体を検視したところ、
エッサ熱という感染病で死んだということがわかり、
他の生存者も感染している可能性があることから、
騒ぎになります。
密入国のブローカーは中国の蛇頭グループとわかり、
アフリカ人男性は釈放されますが、
その後でニキに、6歳の少女の上陸した場所をこっそり教え、
少女は無事に発見されました。
世の中捨てたもんじゃない、という結末でしたが、
この少女も、アフリカ人も、結局は本国へ送り返されるのでしょう。


第47、48話 

今回の話は少々いつもと違いました。
不運なアクシデントで死んでしまった人のストーリーがいくつか。
糖尿病の人が、チョコの入ったバッグを置き忘れたために
低血糖になって死亡してしまったとか、
ほんの嫌がらせのつもりでコーヒーに目薬を入れたところ、
コーヒーを飲んだ人はアレルギーがあって死んでしまったとか、
火災保険目当てで自宅に火をつけたところ、
自分が出られなくなってしまったなど。
なんだかしんみりとしてしまいまいした。


第49、50話 

冒頭、ハリーとニキがいい雰囲気に。
そこへいつものように死体が運ばれてきましたが、
それはハリーの学生時代の恋人のものでした。
ハリーは解剖することができず、ニキに頼みます。
調べてみると、ニキには出産経験があることがわかりましたが、
結婚後、子供はいませんでした。
ハリーは自分の子であると察知します。
恋人は、死ぬ前に、不倫相手と目される青年と会っており、
よくよく調べると、それは不倫相手ではなく、
里子に出した子供でした。
やっとみつけたその青年は、恋人の母親に殺されてしまいます。
ハリーは死体からDNAを採取して鑑定、
自分の子ではなかったことがわかりました。
青年の父親は、なんと恋人の継父でした・・・
いつも1本のドラマに複数の事件が入ってきますが、
今回、もう1つの事件は全く面白くありませんでした。
なくてもよかった・・・

今日のハリーは一段とカッコよかったです。 


第51、52話 
14歳の生徒が校内で死んでいました。
自殺にみせかけてありましたが、他殺でした。
さらに、同じ学校の生徒の父親が殺されました。
そして、教頭が殺されました。
動機があると思われる生徒には
しっかりとしたアリバイがあります。
犯人は3人の生徒で、
恨みのある人を持ちまわりで別の生徒が殺す、ということで、
アリバイを成立させていたのです。
結託した女達ってコワイ・・・


第53、54話 

動物愛護運動の団体が、
新型インフルエンザのワクチン開発に
動物実験をしている疑いのある企業に不法侵入して
動物を助け出しますが、
何人かは捕まって殺されてしまいます。
口を割らせようと拷問するのですが、
まず、睡眠薬か何かを口の中に打ち、自白剤として使用した上、
しゃべらないと奥歯の横側に金属の棒をあて、
棒を上から叩き、歯を抜く、というか、
もぎ取ってしまうという、恐ろしい方法でした。
また、もう1つの件は、
ニューロン運動障害で亡くなった息子の脳を
勝手に取り出して研究に使おうとしていた研究者が、
その親に訴えられ、査問されます。
研究者は単に研究熱心だっただけで悪気はなかったのですが、
5年間の謹慎処分を受けます。
1つ目の事件の方も、
ワクチンは人類に必要な物なので、
動物実験はやむを得ないを見るかどうか、という問題があります。
2つの事件は初めのうち全く関係がないと思っていましたが、
そういうつながりがありました。

1つ目の事件の捜査の最中、
ニキがグループ員に敵だと誤解されて捕まり、巻き込まれます。
ハリーはとても心配し、見つかったあとでちょっといい感じに。
2人の今後が気になります。


第55、56話 

ハリーとニキが航空ショーを見に行った帰りに
空軍のヘリの墜落事故を目撃し、その現場を担当します。
ヘリのパイロットは死ぬ直前に、
僕が悪いんじゃない、とハリーに言いましたが、
空軍はよく調べもせずに、パイロットのミスだと発表したことで
ハリーは憤慨し、詳しく調べることに。
計器を見ると、
上昇を試みていたのに高度が下がっていたことがわかり、
ヘリの欠陥の疑いが出て、
さらに空軍の友人の話でも、
その機種の欠陥は内部で噂になっていたとのこと。
空軍に、パイロットのミスではないと主張しましたが、
その後、パイロットの毒物検査で、
とある薬を使っていたことが判明しました。
それは、まだ市販されていない薬で、
眠くならないし疲れが取れるというもの。
どうやら製薬会社は軍で副作用の有無の検査を行なっていたらしい。
不安になる副作用が出ていたとしたら、
操縦ミスもあり得るため、結局ヘリの欠陥は追求できず、
最後、パイロットの父親は自殺・・・


第57、58話 

アフリカ人の子供の死体2つが発見されました。
1つは臓器のほとんどと唇、目玉、手、足などが取られていました。
呪術師による犯行だと疑われましたが、
黒人の教会の仕業でした。
子供を連れてきたのは、講義なども行う有名なアフリカ出身の医者で、
臓器移植のドナーとして、自分の子供だと偽って入国されていました。
それともう1つの事件は、
少年の頃に3人の上級生(男)から強姦された男が、
20年後に仕返し、3人とも殺す、というものでした。
この手の話が多いなあ・・・

(1999年〜 イギリス  原題: Silent Witness)
AXNミステリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX ドラマ
INDEX ドラマ ...続きを見る
英国日記
2013/02/22 00:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラマ 「法医学捜査班 Silent Witness」 45〜58 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる