英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ 「孤高の警部 ジョージ・ジェントリー」 #12〜15

<<   作成日時 : 2013/07/06 14:13   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

画像



新シリーズです。


第12話 

白人と黒人の確執がテーマでした。
60年代なので、かなりの差別があった模様・・・
黒人女性の遺体が発見されたことで、
白人の彼氏やその兄や
黒人差別の激しい父、被害者の父などが容疑者となり、
この白黒間での憎しみが表面化されましたが、
被害者の死因はひき逃げによるものでした。


第13話 

水没した車の中から女性の遺体が発見されました。
車は貴族の持ち物で、
以前からその息子に目をつけていたバッカスは
今回こそ逮捕してやろうと躍起になります。
が、その車を運転していたのは別の人間でした。

貴族の嫌な部分が見えるような内容でした。
こんな作品作って貴族に嫌われないのかな・・・ 


第14話 

子供ができない夫婦が養女をもらって3週間後、
誘拐されてしまいます。
捜査を進めていくうちに、いろんなことが明らかになります。
結婚前に夫が戦争に行き、そのまま音沙汰がなかったので、
妻は子供を養子に出していたのでした。
夫は妊娠したことすら知らなかったのです。
さらに、その子供が最近になって現れて、
養女をもらうぐらいなら僕を家族にしてくれ、と。
妻にしつこく迫る様を見たバッカスは、
彼を殴りますが、
倒れた時の打ちどころが悪く、死んでしまいました・・・ 


第15話 

ジェントリーが汚職に関わっていたとの疑惑が浮上します。
バッカスはその捜査チームに誘われて
ジェントリーが関わっていたという証拠の類を見せつけられ、
少しは疑ったようではありましたが、
やはりジェントリーを信じました。

捜査チームのメンバーのうち、
誰が怪しくて誰が怪しくないかを見極められるようにもなっており、
バッカス坊やも成長したなあ、と思っていた矢先に、
撃たれてしまいました・・・

最終話なんですねえ。
バッカス、好きだったな。
当時のイギリス人、って顔してますね、なんとなく。
最終話だけあって、見応えありました。


(2007年〜2012年 イギリス
 原題: Inspector George Gently) 

AXNミステリー *今月再放送やってます!
BBC 

AXNミステリーのサイトには、継続中と書かれていますが、
BBCのサイトに、続編があるとは書かれていないので、
これで終わりかな・・・バッカスがいなくちゃね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX ドラマ
INDEX ドラマ ...続きを見る
英国日記
2013/07/06 14:18
ドラマ 「病理医クワーク」 全3話
   1950年のアイルランド・ダブリンを舞台に描かれた本作は、    「海に帰る日」でブッカー賞(世界的に権威のあるイギリスの文学賞)を受賞した    ジョン・バンヴィル原作のミステリー小説を    BBCが映像化した作品。    死体安置所で働く病理学者のクワークが    悲劇的な死を迎えた遺体の死因と死に至った背景を    探っていくストーリー仕立てが魅力のミステリー。    クワークは捜査を進めると共に自分自身の過去と向き合うことになる。    (AXNミス... ...続きを見る
英国日記
2016/02/08 02:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラマ 「孤高の警部 ジョージ・ジェントリー」 #12〜15 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる