英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ロンドン警視庁犯罪ファイル #1-8

<<   作成日時 : 2013/08/24 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


「第一容疑者」の原作者であるリンダ・ラ・プラントが
原作、脚本、製作総指揮を手がけたというドラマです。
事件解決後の裁判まで描かれていて、
刑事モノ+裁判モノを一気に楽しめる仕組み!
画面が2つ〜5つぐらいに分割されて
同じタイミングだが別のところで起こっていることが映し出されたり、
同席者それぞれの表情がアップになったりして、
うまく撮れているなあ、と思わされます。 


第1〜2話 

新聞配達の少女が殺されます。
最初の有力容疑者は、紅はこべのあのお方!
紅はこべでは素敵な感じだったのですが、
今回は気味の悪い役を熱演!

主人公である殺人課の警視マイク・ウォーカーと、
そのパートナーである風紀課パット・ノース警部補は、
この事件とほぼ同時期に同居を始めます。
マイクは40代後半でしょうか、
小学生ぐらいの子供2人と妻がいますが別居、
パットは30代後半なのかな。
この2人が同居し始めたばかりだというのに、
なんだかぎすぎすしていて嫌な感じ・・・
画像



第3〜4話 

マイクが過去に担当した事件の見直しをパットがやることになります。
その事件ではマイクは隠していたことがあり、
またしても不仲に。
この2人の険悪なやりとりは見ていられません・・・
結局、その事件はクレーム局が担当し、
犯人はやはり犯人であり、
さらに過去の事件までも解決して一見落着。
しかし、最後の最後で、
マイクとその部下サッチのやりとりを見ていたパットの顔が曇ります。
まだ何か隠していることがあったのか・・・
こんなところで終わらせないでー! 


第5〜6話 

流産したパットは大きな精神的ダメージを受けて
セラピーを受けるほど。
そして、事件も、
死産だった女性が病院から中絶希望者を連れてきては
制裁を加えていたというものでした。
私生活と事件がうまく絡み合っていました。


第7〜8話 

今回、事件の方よりもマイクの事件の方が
大きな存在になってしまっていて、
なんかおかしい気がしました・・・
しかも、サスペンス仕立て!
恐いしイライラするから
そういう部分は早送りで見てしまいました。

マイクの元妻の新恋人は精神異常で
暴力を振るったり子供を脅したり、
マイクの家に侵入したりするので、
ついにマイクは偶然持ち合わせた銃で脅したところ、
銃が暴発して男は死んでしまいました。
こんなに偶然が重なるなんてアンラッキーすぎる・・・

裁判で、正当防衛だし、殺意はなかったと認められて、
無罪になりました。
が、その直後に、パットは思い出してしまったのです、
その日の出来事を。
そう、マイクは・・・

  
(1997年〜2009年 イギリス 
 原題: Trial & Retribution) 

AXNミステリー


Trial & Retribution Set 1 [DVD] [Import]
Acorn Media
2008-09-30


Amazonアソシエイト by Trial & Retribution Set 1 [DVD] [Import] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX ドラマ
INDEX ドラマ ...続きを見る
英国日記
2013/08/25 15:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロンドン警視庁犯罪ファイル #1-8 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる