英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ 「Silk 王室弁護士マーサ・コステロ」シーズン2

<<   作成日時 : 2014/05/25 20:19   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


引き続きシーズン2を見始めました。
マーサがシルクになるところからのスタートなので、
シーズン1から間は経っていません。

第1話

初めての裁判は犯罪一家ファー家に雇われた
少々おつむの弱いブレンダン被告の弁護。
ファー一家を敵に回すのはとても危険でしたが、
マーサは見事にやってのけました。
ブレンダンから
いかにファーから脅されていたかを法廷で引き出し、
陪審員から無罪の判決を得ました。
シルクとして初の勝利でしたが、
その直後にブレンダンはひどい仕打ちを受けて殺されました・・・
なんという救いのない終わり方・・・ 


第2話 

軍の中での裁判を担当。
名誉を重んじる兵士に悪戦苦闘し、
最終的に真実は引き出せたものの、
陪審員も軍人のため、名誉を重んじて有罪に。
難しいですなあ。 


第3話 

マーサとクライヴの案件が交互に取り上げられ、
ちょっと集中できなかったです・・・
マーサはひどい幼少期を送った男の弁護、
クライヴはオクスフォードに通う特権階級の息子達の被害者の側という、
違う立場での活躍でした。 


第4話 

今回は主にマーサの案件。
執念の調査で検視官のミスを暴き、
無罪を勝ち取りました!
閉所恐怖症の男が護送車の中でショック死、
という事件でしたが、
それで護送車の運転手が起訴されても困りますね・・・
結局、死因はショック死ではなかったので、
無罪にはなりましたけど。 


第5話 

前回からクライヴが担当していた件で、
検察側から示談を持ちかけられたため、
クライヴ自身は降りてマーサを投入。
そこでまたしてもマーサの粘り強さで
被告のイスラム女性から真実を引き出し、無罪に。
しかし背後には麻薬が絡んでいました。
その証拠を持ち込んだのは、
マーサの嫌いな男ミッキー。
そのため、ミッキーの希望でファー家の弁護を引き受けることに・・・ 


第6話 

早速ミッキーと共にファーの話を聞きますが、
ファーとミッキーは癒着しているようだし、
ファーは全くふざけた態度。
そして事態は思わぬ方向に!
検察側にクライヴ、弁護側にマーサとミッキー、
そしてアリバイの証人としてビリーが現れます。
ビリーはミッキーから依頼された通り、
嘘のアリバイを証言し、
クライヴが「では兄の妻と一緒だったというのは嘘なのか?」と追求。
これはミッキーとマーサしか知らないはずのことでした。
そして、予定通りなのかなんなのか、
マーサがビリーに、誰に依頼されたか尋ね、
ビリーもミッキーから金を受け取って証言台に立ったと回答。
ミッキーは警察ともつるんでいたのでした。

画像


ここでシーズン2は終了。

でもまだ積み残しがいろいろあります!
早く放送してくれないと、私、忘れちゃうよ〜!

(2011年〜 イギリス 原題: SILK)

AXNミステリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX ドラマ
INDEX ドラマ ...続きを見る
英国日記
2014/05/25 20:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラマ 「Silk 王室弁護士マーサ・コステロ」シーズン2 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる