英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「クレアモントホテル」

<<   作成日時 : 2015/03/28 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

娘と同居していた未亡人のおばあさんサラが、
思い切ってロンドンの長期滞在型ホテルで一人暮らしを始めます。
そのホテルでの不思議な人間関係と、
近所でたまたま知り合った26歳の青年との友情が
描かれています。

ホテルでの様子は、三谷幸喜作品のような
ユーモラスで滑稽な雰囲気ですが、
青年ルードとのやりとりはちょっぴりロマンチックでもあり、
きちんと真面目に描かれています。

それにしても、あんなに親切な青年っているのかしら・・・?
一緒に思い出の地にまで足を伸ばしたり。

ルードと恋人との出会いも、
これまた1本映画ができてしまいそうな、乙女チックなもので、
私など、ないない、と思いながら見てしまいましたけれどもね。

サラが、うたた寝していてパッと目覚めた時に、
「アーサー?」と夫の名前を口走るのですが、
私も、主人に先立たれたら、ああいう時、
主人を呼ぶのかな、なんて思ってしまいました。
と、主人に言ったら、僕もそう思った、と。
でも、大丈夫、私の方が先に逝きます!

サラが入院してもなかなか娘に連絡が取れず、
息を引き取った日にやっと娘が病院に来ます。
そこで、看護師さんが
「いつも”お孫さん”が詩を読んで聞かせていた」と
娘に話します。
身内が誰もいなくても、
人生最後の友人が最期を看取る・・・
(厳密には、その瞬間には立ち会えなかったけれど)
ちょっと心温まるお話でした。

サラの一番好きな映画、そして
ルードの新しい彼女との出逢いのきっかけになった映画は
逢びき」。
偶然にもわりと最近見ましたわ。

(2005年 イギリス/アメリカ 原題: Mrs. Palfrey at the Claremont)




クレアモントホテル [DVD]
紀伊國屋書店
2011-07-30


Amazonアソシエイト by クレアモントホテル [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




クレアモントホテル (集英社文庫)
集英社
2010-10-20
エリザベス・テイラー


Amazonアソシエイト by クレアモントホテル (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




Brief Encounter [DVD]
紀伊國屋書店
2011-08-27


Amazonアソシエイト by Brief Encounter [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX 映画 <NEW>
INDEX 映画 ...続きを見る
英国日記
2015/03/29 00:51
INDEX 映画 <あ行〜な行>
あ行 ...続きを見る
英国日記
2015/04/06 00:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「クレアモントホテル」 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる