英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ 「主任警部モース」 1〜7

<<   作成日時 : 2015/05/16 12:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


第1話 ジェリコ街の女

主人公であるモースのコーラス仲間で
モースの意中の女性が殺されます。
いきなりそんな偶然って。
しかも、モース、何歳ですか?
初老に見受けられますが・・・

モースの奇想天外な推理も外れ、
思わぬ展開で解決しました。

古い作品なので、なんだかゆる〜い雰囲気。
モースが仕事中に車で飲みに行くとか、
事件の現場でソファに座ってタバコを吸いながらコーヒーを飲むとか、
警官が殺害現場から趣味の釣り竿を盗むとか・・・
この先もこんなおかしな発見を楽しみながら見てみます♪


第2話 ニコラス・クインの静かな世界

海外向けの試験を作成している評議会。
この試験を、ある国に売ろうとした人が、
それを気付いた聾唖者を殺害します。
さらには、それを暴いたクイズ作家も。
少々遠回りをしましたが、無事に解決。
そして、また呑んだくれるモースなのでした。


第3話 死者たちの礼拝

教会で起こった殺人。
薄暗いし写し方も恐いし、
しかも教会でって、どれだけ信仰心のない人の犯行なのかと思いきや、
牧師やボランティア、オルガニストなどの中心メンバーで
綿密に企てた殺人でした! 

今更気付きましたが、
イギリスでは、日本で普及するよりだいぶ前から、
マンションの部屋からエントランスのロックを開ける仕組みがあったのですね。
今回は、それが一戸建てについていて、
それで、そういえば、と思い当たりました。
日本では、さすがに一戸建てにはついていませんよね。 


第4話 消えた装身具

アメリカから来たツアー客が死亡、
さらにそのガイド役の美術館長やら同じくガイド役の教授の奥さんやら、
次々に死亡。
周りでこれだけ死人が出ても
平然と旅行が続けられるというのもなんだか不思議です。

添乗員に不満があるからと、抗議文に署名を集めるとなんて、
イギリス人から見たアメリカ人像なのでしょうね。


第5話 日の沈む時

オックスフォードの夏期講習に参加した日本人が殺されます。
名前はユキオ・リー。
って、日本人?(笑)
死ぬ前にオレンジジュースを飲んでいたという証言を聞いたモースは
「オレンジジュースをたくさん飲むとファニーカラーになる」とコメントし、
部下が「彼はファニーカラーだった」と返答。
黄色人種で悪かったわねっ!

犯人の言い分は、
「私の父親は第二次大戦中に拷問にあったため、精神を病んでしまった。
その拷問した男の息子がユキオだった」とのこと・・・
けっこう根深く残っているのね・・・
日本人に対する憎悪を思い知らされた話でした。


第6話 キドリントンから消えた娘

女子高生が失踪。
なかなか見つからないので、もう死んでしまったものとして捜査が進みます。
更に、女子高生の学校の教頭が階段から転落死。
捜査の結果、校長と女子高生の母親が不倫していたとか、
女子高生が妊娠していたとか、いろいろ発覚。
しかし女子高生は生きていました!
教頭を殺したのは、校長・・・
大人ってやーね(-_-;) 


第7話 ウッドストック行最終バス

こんな昔から電気ケトルが一般家庭にあったことがわかりました!

あ、肝心の中身ですが、
なかなか複雑でうまくまとめられませんが、
死んでしまった女の子は、たまたま別の女に殴られたところを、
たまたまその女の不倫相手の車に轢かれたのでした・・・
誰も彼女に殺意があったわけでもないのに、
こんなことで死んでしまうとは、不運です・・・(u_u) 

 (1986〜2000年 イギリス  原題: Inspector Morse)

 AXNミステリー 主任警部モース






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX ドラマ
INDEX ドラマ ...続きを見る
英国日記
2015/05/16 12:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラマ 「主任警部モース」 1〜7 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる