英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「ザ・キープ」

<<   作成日時 : 2016/07/10 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

なんだかよくわからない映画を観てしまいました・・・
時は1941年。
「キープ」とは本丸とか天守閣という意味ですが、
ルーマニアの田舎の城郭の奥底(=キープ?)に魔物?がいて、
そこを訪れ盗みなど悪さをする人を
むごい方法で殺します。
ある学者とその娘エバが、
城内に書かれている中世の言葉を読むために呼ばれますが、
魔物はその学者の病気を治し、学者を信用させて、
キープの中にある魔除け?を外に運び出させようとします。
しかし、そこに、これまた人間ではない?グレッケンが現れて
魔物を倒します。
そして今度はグレッケンが
キープに閉じ込められてしまったようでした。

神父が急に学者にひどいことを言い出したのは
どういうことだったのでしょう?
もともと恨みでもあった?
それとも魔物の仕業?
中世の文字を書いて呼び寄せたのはやはり神父なの?

ヒーローであるはずのグレッケンの容姿が
不気味です・・・
そんなグレッケンに恋してしまうエバの気が知れないし、
戦争中だってのに尻軽過ぎるでしょう・・・
これでターミネーターみたいに
グレッケンの子を宿すのかとも思いましたが
そうでもないし。

それと、ドイツの親衛隊のことを
ずいぶん悪く描いています。
もちろん戦時中の話なのでそれでもいいのかもしれませんが、
製作は戦後40年近く経っているのだし、
ドイツ人が見たらあまりいい気はしないですよね。
途中「戦争は悪だ」的な発言もあり、
反戦というメッセージが込められているのかな?
でも、いい映画なのかなんなのか、
よくわかりませんでした。

(1983年 イギリス 原題: THE KEEP)


ザ・キープ [VHS]
1985-03-21


Amazonアソシエイト by ザ・キープ [VHS] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX 映画 <あ行〜な行>
あ行 ...続きを見る
英国日記
2016/07/10 23:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「ザ・キープ」 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる