英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ 「名探偵ポワロ」 第10シリーズ 54〜57

<<   作成日時 : 2016/09/25 14:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

第54話 The Mystery of the Blue Train 
ポワロがニースまでブルートレインで旅行する間に
同じ列車内で起きた殺人事件。
石油王の娘ルースが殺されましたが、
今回も動機がある人、多数。
恨まれてもいたのですが、犯人の狙いは宝石でした。
宝石だけなら、顔をめちゃめちゃになるまで殴ることないのに・・・
日本のブルートレインって、ヨーロッパの真似だったのですね。
でも、豪華さが全然違うみたいですが。

 第55話 Cards on the Table 
とても複雑なお話でした!
シェイタナ氏のパーティーに呼ばれた8人が
2組に別れてブリッジ(トランプ)をします。
その間にシェイタナ氏が殺されます。
8人のうち4人は過去に殺人を犯した疑惑のある人。
残りの4人はポワロや警察など、事件を読み解く人でした。
過去のいろいろが暴かれ、最終的にわかった犯人は
ゲイであることを隠すために殺人を犯していた人物でした。
ゲイであることの証拠写真は、実はその人のものではなく、
警部のものだったのですが、
それがわかった瞬間に、警部がゲイっぽく見えてきました(汗)
その写真が見たかったです!
このメンバーを呼べば殺して貰えると思った、
人生に疲れたシェイタナ氏。
これなら自殺ではないので保険金も出ますね(苦笑) 

第56話 After the Funeral 
裕福な老人が死に、遺言を見たところ、想像と全く違う配分に。
調べるうちに、その遺言書は偽造だとわかります。
また、老人の妹も惨殺されます。
例によって親族すべての人が怪しいです。
みんなちょっとずつ秘密があって。
そして、またしても最も犯人らしからぬ人が犯人でした。
ポワロに指摘された時の悪態っぷりには驚かされました! 

第57話 Taken at the Flood 
若いロザリーンは富豪と結婚しますが、
彼は家のガス爆発で死亡、
ロザリーンと兄はワインセラーにいたため助かります。
当然、富豪の遺産は全てロザリーンの手に。
しかし彼女はとても辛そうです。
兄は妹を服従させ、親族にも冷たく、とてもやな奴なのです。
ロザリーンの前夫が生きているらしいということがわかり、
遺産を取り返せると思った親族が色めき立ちますが、
証人も殺されます。
そもそも兄はいやな奴でしたが、
ラストで想像以上の罪を犯していたことがわかりました。
そんな彼を好きになってしまったリンの気持ちが
全く理解できませんでした。
また、最後にリンがポワロに贈った彫像も、
意味がわかりませんでした・・・
ポワロも微妙な顔をしていたような・・・

(2006年 イギリス 原題: Agatha Christie's Poirot) 

AXNミステリー


名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 2
Happinet(SB)(D)
2008-02-22


Amazonアソシエイト by 名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX ドラマ
INDEX ドラマ ...続きを見る
英国日記
2016/09/25 14:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラマ 「名探偵ポワロ」 第10シリーズ 54〜57 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる