英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「わたしは生きていける」

<<   作成日時 : 2016/10/15 17:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

うーん・・・
戦争映画と青春恋愛もののミックスなのですが、
現実味がないというか。
どんなに困難でも彼となら頑張っていける、という話なのでしょうが、
ちょっと無理があったし説得力がありませんでした。
そもそも、いとこである彼が
なぜそんな急に大事な存在になってしまったのかもわからないし。
でも、エディ、かっこよかったので、
まあ、一目惚れするのはわかります(笑)

ヒット小説が原作とのことなので、
本を読んだら、また感じ方も違ったのかもしれませんが。

私は、イギリス映画の、
アメリカ映画のようにわかりやすーいハッピーエンドにならないところに
リアリティを感じ、そこが好きだったりしますが、
この作品にはもっとハッピーな終わり方を期待しながら見ていました。
やっぱりエディがカッコよかったからかな(笑)
いや、取り立ててハンサムなわけでもないのでしょうが、
私も演出にやられちゃったかな。

エディ、アイザック、パイパーの3兄弟が
みんなイギリス人らしい顔をしていて、
末っ子のパイパーなんてまだ8歳ぐらい?なのに
演技もうまいしかわいいんです。

ヒロインのデイジーは、「つぐない」に出ていた子役の子なんですね〜。
そして、エディ役のジョージ・マッケイ、
念の為名前覚えておくかφ(..)

もう一回見ました。
一回目にわからなかったことがわかりました。
きちんと見ていたら、
唐突に戦争が起こったわけではないということが
わかりました。
やはり字幕を見ていると
全部の映像を拾いきれていないですね・・・
友達のジョーも含め、
親達に見捨てられた状態だということもわかりました。
それと、戦争が始まる前の、子供達が伸び伸びと楽しんでいる様子、
とてもかわいかったし楽しそうでした。
親がいなくても健気にたくましく生きていたのですね。
改めて、パイパーの演技が自然でかわいいと思いました。
エディは、決してイケメンではありませんが、
頼りがいがあるところが、よかったのかな、デイジーにも、私にも。
悪い映画じゃなかったです。
でも、あの子達を死なせなくてもよかったと思うの・・・

画像


(2013年 イギリス 原題: HOW I LIVE NOW)


わたしは生きていける [DVD]
ポニーキャニオン
2015-02-04


Amazonアソシエイト by わたしは生きていける [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




わたしは生きていける
理論社
メグ ローゾフ


Amazonアソシエイト by わたしは生きていける の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX 映画 <は行〜>
は行 ...続きを見る
英国日記
2016/10/15 17:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「わたしは生きていける」 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる