英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ 「名探偵ポワロ」 第12シリーズ 62〜65

<<   作成日時 : 2016/11/02 22:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

第62話 Three Act Tragedy 
俳優が犯人なのですが、理由は、
世に知られる前に結婚した妻がいるにも関わらず
若い女性エッグと結婚したかったから。
まずはリハーサルとして無差別に1人殺人、
次に妻の存在を知っている友人を殺害、
そしていよいよ妻を・・・
エッグはとてもきれいだったのですが、
こんな男(しかも50代とか・・・)に振り回されてかわいそうでした。
この時代、イギリスで離婚できないケースが2つあり、
1つは妻が精神療養所に入所している場合で
1つは妻が終身刑の場合だそう。
この俳優の場合は前者でしたが、
妻が終身刑になったら離婚できないって、
酷くないですか? 

第63話 Hallowe'en Party 
作家のミセスオリヴァが滞在していた家のハロウィンパーティーで
子供が殺され、ポワロが呼ばれます。
鍵はその子が直前に話していた
「私は殺人を見たことがある」という言葉。
近代的な捜査をする警察に対し、
ポワロは過去の殺人を洗い出し始め、犯人を突き止めます。
年下の男に溺れたマダムが犯人でした・・・
しかも男は金が目的だった、と。
痛々しい。

第64話 Murder on the Orient Express 
オリエント急行殺人事件は少し前に映画版を見ました。
が、こちらのドラマの方が出来がよかったように思います。
映画では犯人と種明かしをしたあたりで終わりましたが、
これはその後がありました。
12人の犯人達はみな自分たちが正しいことをしたと言い張っているのです。
このシーンはちょっとこわかった・・・
ポワロは今は中世ではないのだ、などと、反論をしていましたが、
結局、犯人は逃げたと警察に報告。
12人は捕まらずに済みました。
最後のポワロの表情は迫真に迫るものがありました。
ポワロも苦渋の選択だったことがよくわかりました。
でもデベナムさんの安堵の表情を見たら、
これでよかったと思えたでしょう。
ポワロは振り返りませんでしたが。

第65話 The Clocks 
第二次大戦前のドーバー城
ここには海軍の基地がありました。
うんうん!行ったことある!
とても秘密めいたところでわくわくしたものです。
そんなシーンから始まり、また、別の事件と重なって、
興味を持って見ていたせいか、いつもより短く感じました。
基地から図面を持ち出してドイツに流そうとした犯人は、
戦争になったら若い人が死ぬから、
それを阻止するためにドイツに加担したとのこと。
うーん・・・

(2010〜2011年 イギリス 原題: Agatha Christie's Poirot) 
AXNミステリー


名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 4
Happinet(SB)(D)
2012-05-02


Amazonアソシエイト by 名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX ドラマ
INDEX ドラマ ...続きを見る
英国日記
2016/11/02 22:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラマ 「名探偵ポワロ」 第12シリーズ 62〜65 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる