英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ 「ニュー・トリックス 〜退職デカの事件簿〜」 シーズン2

<<   作成日時 : 2017/05/29 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


第1話 
UCOSは存続、サンドラも他の3人も残留となりましたが、
大ボスが変わりました。
ちょっといけ好かない男です。
その彼が早速依頼してきた事件は、
25年前にソーホーで殴り殺された検察官の犯人探し。
当時の担当刑事は名刑事と言われていたのに
迷宮入りしていたもの。
被害者はソーホー(歌舞伎町のようなところ?)のSMの女王に
自分を縛らせ、殴らせ、自分で倒れたのでした。
倒れたため、ポケットから連絡先を見つけ出して
奥さんに電話したところ、
奥さんは会いに来たものの夫の悪癖に立腹し、そのまま放置したため、
死んでしまったのでした。
なので、犯人なしの事故死。
名刑事は奥さんが関与していたことに気付いていたものの、
そのままにしていたようでした。
これも奥さんを思いやってのことなのでしょう。
奥さんとしては、すぐに病院につれていけば死ななかったかも、と、
とても後悔したと思いますが、
助けたとしてもずっと嫌な記憶を持ったままだったと思うし、
どちらにしてもお気の毒です・・・
若い警察官のクラークが、今話には出てきませんでした。 

第2話 
8年前にインド女性が襲撃されて寝たきりになっている事件。
解決の糸口になったのは同時期に失踪した探偵でした。
被害者の義弟の口を割らせようとニセ弁護士を同席させて
発砲してまで脅すなんて、タチが悪いですね(笑)
まあ、この退職デカ達だから笑えますけれど。
インドには名誉殺人なることがあるらしく、
家の名誉を汚す者はひどい手口で殺されるそう・・・
お手伝いに呼んだインド人警官がなかなかよかったので、
このまま居ついてくれればいいのに。

第3話 
13年前のハンナ誘拐事件の再捜査。
実は誘拐ではなく、本人の意思で母親から逃げたものでした。
母親は医者でしたが、
酔ったまま診察していたせいでガンを見落とし、
親を失ったポールが復讐のためにハンナを連れ去り、
身代金を要求。
しかし怖くて取りに行けず。
しかも、ポールとハンナの間には愛が芽生えていたのでした。
後に2人は結婚し、
今では子供もいて仲良く暮らしていました。
誘拐犯を逮捕、
それは即ち、ハンナの夫が捕まるということになるので、
母親とサンドラは相談して
「誘拐ではなく家出だった」ということにして捜査を打ち切りました。
誰も捕まらずに一件落着です。
身代金を取ったのは母親の当時の愛人(元警官)でした。
こちらも捕まらず、ラッキーでしたね。

第4話 
テレビで活躍していた料理家のキティは
この度受勲することになりました。
このタイミングでサンドラの知人である新聞記者から、
キティの夫はキティに殺されたのだと教えられます。
情報源はキティの当時の付き人。
サンドラ達は捜査しますが、状況証拠しか掴めません。
キティがサンドラに、女性として失格だというようなことを言ったため、
サンドラはリベンジを企てます。
警察として逮捕はできませんでしたが、
情報を新聞記者に流して記事にしたのでした。
逮捕できずとも、ちょっとすっきり(笑)

第5話 
ジャックの知人のソーシャルワーカーが
担当していた男性の家で見つけた赤い石。
実はレッドダイアモンドだということがわかったため、
ジャックに打ち明け、盗品であることが判明したため
UCOSで捜査することになります。
サンドラとジェリーが婚約中のカップルに扮して
金庫破り犯やその息子(ダイヤモンドをカットする作家)に会いに行ったりも。
捜査は打ち切りになったものの、
インターポールに依頼して別口座と見つけ出し、
金庫破り犯逮捕と相成りました。 

第6話 
保険金目的の工場火災で投獄されている工場の
オーナーの妻が夫の無罪を訴えます。
夫は仮釈放の面接で、罪を悔いているか?いいえ。
悪い友達と付き合うか?多分。などと回答していて、
仮釈放を望んでいないことが明らか。
火災の時は工場の近くの愛人に会っていたため、
アリバイを言えずにいたのでした。
よって、無罪。
しかし、家に帰れば恐い妻が待っているというね。
もう1つの事件も同時進行で捜査しており、
そちらはジェリーが賭けポーカーで100万ポンド負けたために
相手に依頼された殺人未解決事件でした。
犯人は被害者の兄。
できのいい弟が家業を継ぎ、
ドッグレース用の種犬の儲け話も知らされていていなかった兄が
チンピラにそのメモを盗ませようとしたところ、
当たりどころが悪くて死んでしまったというものでした。
できの悪い兄、少々気の毒でした・・・ 

第7話 
20年前の少年2人誘拐事件の再捜査です。
被害者のうち1人に話を聞きにいったところ、
いいことしか覚えていない。
事件のおかげでテレビ番組に出たことや
女王に会ったとかなんとか。
後でUCOSのメンバーが、
あれはPTSDの逆の症状だとか言っていたのが印象的でした。
彼に当時のことを思い出させるために、催眠術をかけます。
催眠術による捜査って、
UCOSのおじさん達の時代には普通にやっていたこと、
ということなのでしょうか・・・?
今も?日本でも?
他にもその湖で暴行事件があったりと、
関連する事件をさらっていくうちに解決。
金庫破りの分け前を湖に沈めた獄中の犯人の弟が
湖に人が近づかないようにしていたのでした。
地道な努力だなあ。 

第8話 
森の中に捨てられていた切り刻まれた死体の身元の調査を、
法医学者に頼まれます。
法医学者と協力して、
ほんの少しの情報から被害者と犯人を特定することに成功しました!
大ボスである副警視監にも認められ、
ハッピーエンドとなりました♪

(2005年 イギリス 原題: New Tricks)
AXNミステリー
BBC


New Tricks - Series 2 [Import anglais]


Amazonアソシエイト by New Tricks - Series 2 [Import anglais] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX ドラマ
INDEX ドラマ ...続きを見る
英国日記
2017/05/29 22:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラマ 「ニュー・トリックス 〜退職デカの事件簿〜」 シーズン2 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる