アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ

タイトル 日 時
映画 「レベル15」
映画 「レベル15」 少し前に見た映画「ナンバー10」の1作目です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/02/26 15:32
映画 「アナザー・カントリー」
映画 「アナザー・カントリー」 1930年代のイギリス。 名門男子校の寮生活などが描かれています。 若くて将来有望な、頭も家柄もいい男子生徒達が 集まっているわけです。 そんな寮生活を見ていてすっかり忘れていましたが、 冒頭でモスクワのシーンがあったのでした。 再度戻して見てみると、 主人公ガイ・ベネットは二重スパイになっていました。 有名になれるならなんでもよかった、というようなことを 言っていました。 学生時代の挫折が、 彼をこんな風にさせてしまったということなのでしょう。 あるいは、同性愛... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/02/11 12:55
映画 「追憶と、踊りながら」
映画 「追憶と、踊りながら」 純粋なるイギリス映画ではないかもしれませんが、 見ちゃったので書いておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/02/10 22:41
NHK 「世界ふれあい街歩き」ロンドン ノッティングヒル界わい/ イギリス
ノッティングヒルを歩きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/22 22:49
映画 「バルカン超特急」
映画 「バルカン超特急」 ヒッチコックの作品です。 列車に乗り合わせたフロイ婦人が、 気付いたら消えていました。 しかも、周りの人達はみな フロイ婦人など見ていないと言うのです。 しかたなくアイリスは、 これまたたまたま乗り合わせたギルバートと一緒に探します。 少しずつ手掛かりが見つかり、 とうとうフロイさんも見つかりました! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/12/11 18:18
映画 「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」
映画 「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」 タイトルに「Nowhere」とあり、舞台はリバプール。 主人公はジョンときました。 よくありがちな、ビートルズを意識した作品なんだな、 と思いながら見ていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/12/10 22:41
映画 「アイ・アム・ソルジャー SAS英国特殊部隊」
映画 「アイ・アム・ソルジャー SAS英国特殊部隊」 「SASは世界の危険地帯でさまざまな特殊任務に従事。 英国内外のテロ事件に即座に対応できる態勢を整えている」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/12/09 22:34
映画 「三十九夜」
映画 「三十九夜」 ヒッチコックの作品です。 かなり昔の作品(1935年)なのに、 とても面白い! スピード感もあるし、 今見ても、いちいち驚かされるような展開がありますし。 当時、本当に面白く、 話題になったに違いないです。 また、先日見た「下宿人」から9年しか経っていないのに、 完全に音が入っているし、映像もクリアです。 そういう進歩も興味深く感じました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/11/24 00:47
映画 「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」
映画 「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」 アリスの第2弾です。 アリスは立派な船長さんなのですね! しかし、船か家か、どちらか取り上げられそうになり、 逃げているうちに鏡の向こうの世界へ。 そちらではハッターが家族に会えず、瀕死の状態。 そこでアリスが一役買って大活躍。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/11/22 22:04
映画 「ハード・パニッシャー」
映画 「ハード・パニッシャー」 陸軍特殊部隊の精鋭ジミーが両親を殺され、 犯人5人を次々殺していくという話。 そのやり方がとても残虐。 1人目は両親同様、生きている状態で火を付け、 2人目は胃がパンパンになるまで口からセメントを流し込む。 3人目は手と足を別々に鎖でしばり、 足は柱に結びつけ、手は車に結び、 車を発進させて体がちぎれます。 4人目は札束も一瞬で溶ける液体を頭からかけ、 5人目は液体サリンを注射・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/10/17 22:50
映画 「わたしは生きていける」
映画 「わたしは生きていける」 うーん・・・ 戦争映画と青春恋愛もののミックスなのですが、 現実味がないというか。 どんなに困難でも彼となら頑張っていける、という話なのでしょうが、 ちょっと無理があったし説得力がありませんでした。 そもそも、いとこである彼が なぜそんな急に大事な存在になってしまったのかもわからないし。 でも、エディ、かっこよかったので、 まあ、一目惚れするのはわかります(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/10/15 17:38
映画 「ダイヤルMを廻せ!」
映画 「ダイヤルMを廻せ!」 ヒッチコックの作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/10/08 22:42
映画 「デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜」
映画 「デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜」 クライヴ・オーウェンが主役だったので、 アメリカ映画ですがさらっと書いておきます。 ジュリア・ロバーツが出ているアメリカ映画の主役が クライヴ・オーウェンというのは意外ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/09/23 22:05
映画 「ナンバー10」
映画 「ナンバー10」 観始めてからわかったのですが、 どうやら前編があったよう。 ということを差し引いても、 雑な映画でした・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2016/09/22 22:43
映画 「下宿人」
映画 「下宿人」 いわゆる「ヒッチコック」作品の1作目だそうです。 無声映画っていうの、初めて観たと思いますが、 口が動いているのに何を言っているのか聞こえない、というのは、 なんとももどかしいものですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/09/18 22:05
映画 「おかしな成金夫婦」
映画 「おかしな成金夫婦」    倦怠期の夫婦が旅先で見まわれる様々なハプニングを    コミカルに演出。    あまりロケを好まないヒッチコックが    本作では各国ロケを行っている。    脚本は監督の妻アルマ・レヴィル。    自伝的要素がある作品だと言われている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/08/15 22:30
INDEX 映画 <あ行〜な行>
あ行 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/05 18:35
INDEX 映画 <は行〜>
は行 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/04 23:59
映画 「バウンティ/愛と反乱の航海」
映画 「バウンティ/愛と反乱の航海」      18世紀。反乱のために忽然と姿を消した      英国海洋史上名高い“バウンティ号失踪事件”の      実話の三度目の映画化。      1787年12月23日。      パンの木を得るためにタヒチに向かった      英国海軍戦艦バウンティ号。      その艦長であるブライ大尉は厳格な軍人であり、      また、野心家でもあった。      彼には世界一周の野望があり、      その為、往路で失敗した難関、ホーン岬越えに      再び挑戦しようと試みる... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/08/02 21:38
映画 「ザ・キープ」
映画 「ザ・キープ」 なんだかよくわからない映画を観てしまいました・・・ 時は1941年。 「キープ」とは本丸とか天守閣という意味ですが、 ルーマニアの田舎の城郭の奥底(=キープ?)に魔物?がいて、 そこを訪れ盗みなど悪さをする人を むごい方法で殺します。 ある学者とその娘エバが、 城内に書かれている中世の言葉を読むために呼ばれますが、 魔物はその学者の病気を治し、学者を信用させて、 キープの中にある魔除け?を外に運び出させようとします。 しかし、そこに、これまた人間ではない?グレッケンが現れて ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/07/10 23:25
映画 「エンド・オブ・キングダム」
映画 「エンド・オブ・キングダム」 イギリスの首相が急死し、 各国から大統領や首相が急遽告別式参列のためにロンドンを訪問します。 が、アメリカ大統領のシークレットサービスであるマイクは 嫌な予感がしていました。 事前にしっかりとした下調べなく代表が集まるが、 警備は大丈夫なのだろうか、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/27 22:43
映画 「エニグマ」
映画 「エニグマ」 何年か前に1度見ているのですが、 先日イミテーション・ゲームを見たので 再度見てみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/06/10 22:08
映画 「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」
映画 「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」 エニグマの映画は前にも見たことがありました。 が、失礼ながら、それが霞んでしまうような 衝撃的な作品でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2016/06/05 21:23
映画 「マジック・クリスチャン」
映画 「マジック・クリスチャン」     貴族階級出身で会社経営者のガイ卿は、     公園で寝起きするヒッピーの若者(リンゴ・スター)を養子に迎え、     社会をおちょくるため     父子で意味不明ハチャメチャ放題をやり始める。     そこから映画はストーリーを物語ることから離れて、     グレアム・チャップマンとジョン・クリーズ、     モンティ・パイソンの2人が脚本に携わった     ブラック・ユーモア効きすぎのシュールな展開に!     ラクエル・ウェルチやポランスキーら、     時代を牽引... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/05/29 21:59
映画 「太陽の果てに青春を」
映画 「太陽の果てに青春を」 ミック・ジャガーが出ているイギリス映画、という情報だけで 見始めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/05/28 21:41
映画 「オリエント急行殺人事件 (1974)」
映画 「オリエント急行殺人事件 (1974)」 ポワロが主役のアガサ・クリスティ作品。 小学生の頃に本を読んだことがあったはずですが、 全く忘れていました(笑) おかげで普通に楽しめました! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2016/04/23 21:29
映画 「恋のロンドン狂騒曲」
映画 「恋のロンドン狂騒曲」 ウディ・アレンの作品です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/04/17 20:14
映画 「テス (1979)」
映画 「テス (1979)」 テス、本当に辛い人生でした・・・ 家族のためにアレックのところへ行った挙句に妊娠。 それが原因で、大好きなエンジェルに捨てられ、 ボロボロになります。 父親が亡くなり、家に住めなくなったため、 再度、家族でアレックの世話になることに・・・ そして、そんなところにエンジェルが戻ってきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/04/16 20:45
映画 「ハミングバード」
映画 「ハミングバード」 昨日、熊本で地震がありました。 ニュースを見たくなくて、現実逃避したくて、スカッとしたくて、 ジェイソン・ステイサムの映画を選びました。 しかし、いつものスカッとする内容ではありませんでした。 とても切ないストーリーでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/04/15 22:30
映画 「アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜」
映画 「アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜」 ぱっとしない青年と、 切り過ぎた前髪とダサい服装の女の子のラブストーリー・・・ と思っていましたが、それだけじゃない、 とてもとてもいいお話でした!! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/04/12 23:19
映画 「テルマ&ルイーズ」
映画 「テルマ&ルイーズ」 リドリー・スコット監督の作品です。 監督はイギリス人ですが、 舞台も何もかもアメリカ。 本当は私のイギリス作品リストに入れたくはなかったのですが、 あまりにも衝撃的だったので載せてしまうことにしました! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/04/11 23:14
映画 「博士と彼女のセオリー」
映画 「博士と彼女のセオリー」 昨年の今頃、観たいと思っていた映画でした。 イギリス人がアカデミー主演男優賞を取ったので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/04/10 23:06
映画 「世界殺人公社」
映画 「世界殺人公社」 いかにもばかばかしい(失礼!)タイトルのこの映画・・・ いつものように、イギリス作品というだけで録画し、 全く期待せずに見始めました。 ところが、これが、なかなか面白い! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/04/09 23:01
映画 「がい骨」
映画 「がい骨」 サド侯爵の頭蓋骨を見たコレクター。 高価ではあるものの、なんとか手に入れようとします。 が、それは悪霊に憑かれているものでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/01/10 22:55
映画 「007 スペクター」
映画 「007 スペクター」 やっと観てきました、007! テーマ音楽を聞くだけでワクワクします♪ そして今回も冒頭からアクションでドキドキ。 すっかり引きこまれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2015/12/31 22:47
映画 「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」
映画 「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」 久々に映画館で観てきました、ミッション・インポッシブル。 やっぱり迫力ありますね! テレビの情報番組で取り上げられていた、 トム・クルーズがつかまっている状態で 飛行機が離陸してしまうシーン(スタントなし、命綱なし)では 鳥肌が立ちました。 が、ストーリーにはほとんど関係ないのね・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/08/16 22:18
映画 「スナッチ」
映画 「スナッチ」 この映画、ガイ・リッチー監督だということは知っていましたが、 アメリカ映画って書いてあるし、 今まで見たことがありませんでした。 つい最近、ジェイソン・ステイサムが出ていると知り、 早速観てみました。 いや、これ、資本がアメリカなだけで、 イギリス色満載じゃないですか! 細かい伏線が張ってあったり、ちょこちょこ笑うところがあったり、 面白かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/08/09 14:41
映画 「砂漠でサーモン・フィッシング」
映画 「砂漠でサーモン・フィッシング」 砂漠でサーモン・フィッシングをしたいという、 イエメンの富豪からの依頼が、 ジョーンズ博士の元に届きます。 初めは相手にもしなかったジョーンズ博士ですが、 シャイフの人柄や信念に触れ、いつしか本気に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/07/20 16:45
映画 「モネ・ゲーム」
映画 「モネ・ゲーム」 騙される人:スネイプ先生(ハリポタ)、 騙す人:コリン・ファース、 手伝う人がキャメロン・ディアス。 キャメロンが出ているいつもの映画の感じです。 アメリカ映画ですし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/07/19 23:14
映画 「パディントン」
映画 「パディントン」 パディントンの実写版、 まだ日本で公開していないようですが、 一足早く機内で観ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/07/13 23:04
映画 「キングスマン」
映画 「キングスマン」 機内で観ました。 エールフランスは日本語版が少なく、 これを選んでみたらイギリス物でした。 日本では9月11日に公開なんですね! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2015/07/10 22:56
映画 「サンシャイン2057」
映画 「サンシャイン2057」   50年後の近未来、   太陽の消滅により地球も滅亡の危機にさらされていた。   人類最後の望みを託されたのは、   宇宙船イカロス2号に搭乗した船長(真田広之)や   物理学者のキャパ(キリアン・マーフィ)ら   男女8人のエリートたち。   彼らは可能な限り太陽に接近し、   太陽を再生させるという究極の任務に挑もうとしていたが、   想像を絶する異常事態に巻き込まれてゆく。   (シネマトゥデイ) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/05/06 22:48
映画 「月に囚われた男」
映画 「月に囚われた男」 太陽エネルギーを含んだ石を月の裏側で採取し、 クリーンなエネルギーで地球のエネルギーの70%を供給するルナ産業。 その採掘現場でたった1人で働く男、サム。 地球とのダイレクトの通信手段は故障したまま。 時折妻からのビデオレターが届くのと、 コンピュータと話すだけの毎日。 独り言も増え、幻覚を見たりするようにも。 そんな生活も、任期の3年まであと少し! そんな時に、採掘中の事故が起こります・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/05/05 19:27
映画 「ガス燈」
映画 「ガス燈」   ロンドン、ソーントン街。ガス燈の点る頃、   この町を後にしイタリア留学に向かうポーラ。   彼女の育て親である、名歌手の誉れ高き叔母は何者かに殺され、   事件は未解決。   傷心のまま旅立った彼女だったが、新天地で恋をし、   声楽の勉強を諦め、その相手、作曲家のグレゴリーと夫婦になる。   彼は彼女の育った家に関心を持ち、   そんな落ち着いた環境で暮らしてみたいと言うので、   ポーラも忌わしい記憶を拭い去って、   ロンドンで再び生活を始めるが……。   (al... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/05/04 22:38
映画 「マッチポイント」
映画 「マッチポイント」 ウディ・アレン作品を観たのは、多分、初めてでした。 タイトルを見て、テニス物だと思い、 その後、ウディ・アレンと知って、 内容の想像ができないまま観ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2015/04/26 13:59
映画 「ダイアナ」
映画 「ダイアナ」 ダイアナ元妃が離婚する頃からお亡くなりになるまでを描いた作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/04/06 00:26
映画 「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」
映画 「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」 Mrビーンのローワン・アトキンソンが MI-7のエイジェントとして登場! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/04/05 22:22
映画 「ジェーン・エア」
映画 「ジェーン・エア」 以前、BBCのドラマ版を見て以来のジェーン・エアです。 ドラマは2時間よりも長かったでしょうか、 今回見たこの映画は、話を端折り過ぎていて、 また、時代が飛んだり、空想のシーンが挟まったりで、 ストーリーを知らない人には理解しきれないと思います。 やはり本を読まないと・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/04/04 18:16
映画 「クレアモントホテル」
映画 「クレアモントホテル」 娘と同居していた未亡人のおばあさんサラが、 思い切ってロンドンの長期滞在型ホテルで一人暮らしを始めます。 そのホテルでの不思議な人間関係と、 近所でたまたま知り合った26歳の青年との友情が 描かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2015/03/28 22:46
映画 「空軍大戦略」
映画 「空軍大戦略」 第二次大戦中の、「バトル・オブ・ブリテン」について 描かれた作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/03/22 23:11
映画 「逢びき」
名匠デヴィッド・リーン監督の作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2014/10/30 21:54
映画 「ザ・トーナメント」
7年ごとに開催される、 世界一の殺人者を決めるトーナメント。 もちろん、生きるか死ぬか、 文字通り命を賭けた戦いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2014/10/13 22:49
映画 「ライアンの娘」
さすがデヴィッド・リーン監督の作品だけあって うまくできているなあ、と思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/08/16 19:43
映画 「ミーン・マシーン」
八百長の罪でサッカー界から追放された、 イングランド代表元キャプテンのダニー・ミーンは、 転落の人生へ。 ついに飲酒運転と警官への暴行で逮捕されて 3年の刑に処されます。 その牢獄の中で、 看守チームと、にわか作りの囚人チームで サッカーの試合を行います。 囚人チームの監督兼選手は、もちろん、ダニー・ミーン。 囚人チームの努力のお話・・・と、 簡単に書いてしまったら、 簡単に終わってしまいました(汗) まあ、そんな話でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/05/06 21:11
映画 「英雄の証明」
シェイクスピアの悲劇「コリオレイナス」を 現代に置き換えて作られた作品。 ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー出身の レイフ・ファインズが監督兼主役です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2014/02/08 19:53
映画 「山羊座のもとに」
1830年代のオーストラリア、シドニーが舞台です。 当時のオーストラリアは完全に流刑地の扱いで、 住民はみな犯罪者、といった描き方がなされていて 少々引きました。   ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/01/06 22:47
映画 「クロムウェル」
オリバー・クロムウェルの半生を描いた映画です。 歴史に不案内な私にも手っ取り早く理解することができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/01/05 22:32
映画 「ヒア アフター」
スピルバーグが製作総指揮、 クリント・イーストウッドが監督のこの作品、 津波のシーンが含まれることから、 日本では2011年3月14日に打ち切られたのでした。 そんなことがあったのはなんとなく記憶していましたが、 実際、内容など全然知らないままでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/01/04 23:59
映画 「遥か群衆を離れて」
うーん・・・全く理解できませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/07/12 23:43
映画 「ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇-」
1958年、 マンチェスター・ユナイテッドの選手達の乗った飛行機が 事故を起こし、 主力選手の何名かが犠牲になった事故に関するドキュメンタリー。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/07/02 22:47
映画 「フレンジー」
ヒッチコックの映画は、親がテレビで観ているのを ちらりと見たことがあるような気はしますが、 自分で意識して観たのは初めてです。 なるほど、これがヒッチコックですか・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/06/10 22:39
映画 「ブリッツ」
  ロンドン市内で警官ばかりを狙う連続殺人事件が発生。   正義感が強いあまり、   犯罪者に対し手荒な制裁も辞さない熱血刑事ブラント   (ジェイソン・ステイサム)を追う新聞記者は   ある情報を入手するが、   その情報提供者ワイス(アイダン・ギレン)こそが   殺人鬼、通称ブリッツであることを知る。   (シネマトゥデイ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/05/18 22:31
映画 「17歳の肖像」
ざっとあらすじを読んで、 アメリカのハイスクール物のような作品を想像し、 私に楽しめるのか、理解できるのか、と思って、 少々敬遠していました。 が、そうではなく、すっかり引きこまれました。 これは、製作者の勝利ですね。 というのも、16歳のジェニーを誘い出すディヴィッド、 誠実そうでいい人そう。 でも、裏がありそう。 その辺がうまく描かれていたので。 すっかり親の気持ちで、この男を観察してしまいました。 いや、でも、悪い男ではないと信じたかったということは、 ジェ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/05/07 23:12
映画 「パーフェクト・センス」
まず、悲しくなり、大の大人が外で泣き崩れます。 そして、匂いを感じなくなります。 世界中で。 感染症なのか、なんなのか、全くわかりません。 そして、次々に感覚が失われていきます・・・  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/05/01 23:18
映画 「黒水仙」
インドの高山に新しい修道院が開設され、 イギリス人修道女5人が派遣されました。 そこでは地元の子供や女性達に学問や刺繍を教えたり、 診察したりしていたのですが、 次第に修道女達に異変が起こり始めます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/04/27 23:53
映画 「ロミオとジュリエット」(1968)
言わずと知れたシェイクスピアのロミオとジュリエットは いくつも映像化されているようですが、 これが一番ポピュラーだそうですね。 1968年ということを踏まえた上で見始めましたが、 若者達をクローズアップするカメラワークや暴れる時の躍動感など、 古さを感じさせませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/04/09 23:25
映画 「007/カジノ・ロワイヤル」(1967年)
こ、これは何ですか・・・? ジェームズ・ボンドシリーズの、 ショーン・コネリーより前の作品が1つあることは知っていたし、 それがシリーズの1つとしてカウントされていない扱いであることも 知っていました。 が、こんな内容だったとは・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/04/06 22:37
映画 「いつか晴れた日に」
昨年のNHKの英国特集で放送されたので、 内容を知らずに録画してありました。 見始めてすぐ、あれ?これなんか見たことある・・・と思ったら、 ジェイン・オースティンの「分別と多感」でした。 以前見たのは、BBC製作のドラマでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/04/05 20:59
映画 「グリーンフィンガーズ」
10年以上刑務所暮らしをしているコリン(クライヴ・オーウェン)は、 開放的なエッジフィールド刑務所へ移動させられました。 一匹狼の彼は、 同室の年老いたファーガスと話すのも嫌がりますが、 ファーガスがガンの化学治療を受けていることを知って、 少し態度が柔軟になり、 ファーガスにもらったすみれの種を見事に咲かせたことから 刑務所長(ダルジール!)にガーデニングの担当になることを言い渡されます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

2013/04/02 23:28
映画 「マンマ・ミーア」
ミュージカルは日本とロンドンとで観ていて、 好きな演目ですが、 映画はなんとなく嫌な予感がしていて観ていませんでした。 今になって観てみて、予感的中。 これはミュージカルで観る方が断然いいと思いました。 家で冷静に見ていると、 まず、ドナ+友達2人が再会した時のはしゃぎっぷりについていけず、 そのまま最後まで取り残されました。 それと、ミュージカルを観ている時には無意識のうちに見逃していた、 ストーリー自体に無理がある、ということが、 冷静に観ていると気になってしかたなかった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/03/02 21:01
映画 「赤い影」
写し方がとても凝っていて印象的だと思って見ていましたが、 観終わった後で解説を読むと、 鬼才と言われているニコラス・ローグ監督の作品で、 後世に多大な影響を与えた作品だということがわかりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/03/01 20:57
映画 「殺し屋たちの挽歌」
  強盗仲間を裏切り、スペインで隠れ住む男の元へ   二人の殺し屋が現れた。   二人の目的は、   組織のボスが待つパリへ男を連れていくこと。   そこへ誘拐事件に巻き込まれた少女が加わり、   奇妙な4人組の旅が始まった……。   (allcinema ONLINE)  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2013/02/24 23:45
映画 「スライディング・ドア」
会社をクビになったヘレンは家に帰ろうと 地下鉄の駅の中をホームへと向かう。 ちょうど電車が来るが、目の前で扉が閉まってしまう。 また、うまい具合に間に合って乗れた場合のドラマが 並行して繰り広げられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2013/02/21 15:07
映画 「レ・ミゼラブル」
やっと観に行きました、レ・ミゼラブル。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/02/07 22:53
映画 「ザ・バンク 堕ちた巨像」
旧東ドイツの銀行が国際間の武器売買の仲介をします。 ここでは儲かりませんが、 その国にお金を貸して儲けようということのようです。 戦争の手助けをしてでも、お金を儲ける。 また、この取引に関することを証言しようとした人も、 その事実を引き出そうとした人も あっさり殺されてしまいます。 それも、何人も。 悪の塊です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/01/27 18:19
映画 「あるスキャンダルの覚え書き」
  ロンドン郊外の中学校で歴史を教える   初老のバーバラ(ジュディ・デンチ)は、   若く美しい新任の美術教師シーバ(ケイト・ブランシェット)に   興味を抱く。   家族も親しい友人もおらず、   飼っている猫だけが心のよりどころだったバーバラは、   シーバとの友情に固執するようになる。   しかし、ある日、シーバの秘密を知り・・・。   (シネマトゥデイ)  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/01/17 23:19
INDEX 映画
INDEX 映画 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/10 21:36
映画 「ウィンブルドン」
ウィンブルドンを舞台にした、 テニスプレイヤーが主人公のラブコメです。 でも、ラブコメと言ってしまってはいけないほど、 最後の試合ははらはらして見ましたし、 緊張感を出すカメラワークも、 精神状態の表現などもよかったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/01/08 21:37
映画 「ラブ・アクチュアリー」
軽〜いラブコメでした。 9つものエピソードが出てきて、当然出てくる人数も多いのですが、 俳優陣も有名どころが多いです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/12/29 23:09
映画 「007 スカイフォール」
シリーズ第23弾、ダニエル・クレイグの3作目です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 27 / コメント 2

2012/12/24 23:19
映画 「ショーン・オブ・ザ・デッド」
「ホット・ファズ」や「宇宙人ポール」の サイモン・ペッグとニック・フロストの映画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/12/04 22:42
映画 「ナイロビの蜂」
とても重い内容でした。 アフリカの難民で新薬の治験を行い、副作用を隠している企業。 アフリカ人の命は安いという。 そして、役人もそこに絡んでいる。 それだけでも重いのに、主人公の夫婦2人の気持ちが重なって、 さらに考えさせられる内容になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/11/21 00:30
映画 「Emma エマ」
ジェイン・オースティンの「エマ」、 グウィネス・パルトロウとジェレミー・ノーサムが主役です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/10/25 23:11
映画 「宇宙人ポール」
私の好きな映画「ホット・ファズ」の サイモン・ペッグとニック・フロストが脚本を書いて 主役を務めた映画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2012/10/22 22:03
映画 「アメイジング・グレイス」
18世紀のイギリス。 名曲「アメイジング・グレイス」の誕生と、 その曲と共に闘った政治家ウィリアム・ウィルバーフォースの、 奴隷貿易廃止法案を勝ち取るまでの 苦難続きの人生が描かれています。 (実話です) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/10/14 23:09
映画 「スイミング・プール」
スランプ中の英国のミステリー作家、 サラ(シャーロット・ランプリング)は、 出版社社長の勧めで南仏のプール付き別荘に行く。 しかし突然社長の娘、ジュリ−(リュディヴィーヌ・サニエ)が現れ、 彼女の生活は一変する。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/10/12 16:51
映画 「失われた世界」
チャレンジャー教授は恐竜の骨を持ち帰り、 学会で恐竜の生存を発表するも、 誰からも信じてもらえない。 そこで、他の参加者を募って 新聞記者のエドワード、サマリー教授、ロクストン卿とともに 南米を訪れる。 そこで、アグネスとカ―牧師が加わって、 恐竜の住むエリアを訪れる。  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/10/11 23:11
映画 「ロブ・ロイ/ロマンに生きた男/レジェンド・オブ・ヒーロー」
  スコットランドの実在の英雄“ロブ・ロイ”を描いた映画。   美しい山々と湖に囲まれたスコットランドのハイランド。   1713年、民衆は氏族制度の崩壊による不安定な政情と   飢餓に疲れ果て、   多くのスコットランド人はより良い暮らしを求めて、   既にアメリカへと移住していた。   義賊として名高いマグレガー氏の族長ロブ・ロイは、   そんな中でも細々と生計を立て、家族と自分の仲間を守っている。   そしてある日、彼は千ポンドあれば牛の売買で貧しい民を救えると考え、  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/10/10 17:33
映画 「キラー・エリート」
ジェイソン・ステイサム、クライヴ・オーウェン、 ロバート・デニーロの3人が出ている映画なんて、 観るしかない!と、 DVD発売の宣伝を見て決心。 でも、公開時に、この映画の存在に気付かなかったのはなぜだろう・・・? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/10/08 23:02
映画 「トゥモロー・ワールド」
人類がなんらかの理由で生殖機能を失ってから 19年が経った2027年のイギリス。 街はなんとか機能はしているものの荒廃し、 内乱が続いている。 官僚であるセオ(クライブ・オーウェン)は、 反政府組織のリーダーである元妻の依頼で、 キーという若い黒人移民女性と出会う。 彼女は妊娠していた! その彼女を、ヒューマン・プロジェクトなる団体に委ねるために、 反政府組織から連れ出し、 友人やその知人達の助けを得ながら、 無秩序化し内戦の戦場と化した街でボートを探す。 ボートで沖のブ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/10/02 23:33
映画 「カレンダー・ガールズ」
  ヨークシャーの田舎町ネイプリー。   主婦たちの社交の場はもっぱら地元の婦人会。   大親友のクリスとアニーもこの婦人会のメンバーだったが、   あまりにも平凡すぎる退屈な毎日に、疑問を感じ始めていた。   そんなある日、アニーの夫ジョンが白血病で亡くなってしまう。   悲しみに暮れるアニーを励ます狙いもあって、   クリスは突拍子もないアイデアを口にする。   なんとそれは、毎年恒例の婦人会カレンダーを製作するに当たって、   今年は自分たち自身がモデルのヌード・カレンダー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/01 12:56
映画 「戦火の馬」
ロンドンで公演中のミュージカル「WAR HORSE」がいいらしいと聞いて、 スピルバーグの映画の方を観てみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2012/07/22 22:18
映画 「マイ・フェア・レディ」
恥ずかしながら、この有名な作品を、 全編通して見たことがありませんでした。 先日のNHKのイギリス特集でやっていたので、 迷わず録画! やっと見ることができました。 イギリスのことを知った後で見ることができてよかったような気もします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/07/07 23:47
ブリティッシュカウンシル 「裏切りのサーカス」 ワークショップ
ブリティッシュカウンシルで開催された、 「裏切りのサーカス」のワークショップに参加してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/28 22:22
映画 「ペティグルーさんの運命の1日」
  勤め先から解雇を言い渡された中年の独身家庭教師   グィネヴィア・ペティグルー(フランシス・マクドーマンド)。   路頭に迷った彼女は、職業紹介所から盗んだ顧客住所に   勝手に面接に乗り込む。   その豪華ペントハウスの住人は   女優で歌手のデリシア(エイミー・アダムズ)。   3人の恋人と恋愛を楽しむ彼女は、   ちょうど浮気がバレそうになっていて・・・。   (movie plusより)  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/04/02 21:37
映画 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」
マーガレット・サッチャー、 首相だった頃は「サッチャーさん」と、さん付けで呼ばれていましたっけ。 そして「鉄の女」。強気に戦争なんかもしましたっけ。 それから、高尾慶子さんが度々「こうなったのはサッチャーのせい」と、 悪く書いていましたっけ。 その程度の知識で、観てきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 1

2012/04/01 21:28
映画 「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」
夫がDVDを借りてきたので、 ガイ・リッチーの作品だという情報だけで見始めましたが、 これが、面白かった! トレイン・スポッティングを思い起こさせる雰囲気でしたが、 また全然違うストーリー。 テンポもいいし、最悪の事態かと思いきや、思わぬ展開。 痛快でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/03/17 22:53
映画 「監禁ハイウェイ」
高速道路を走行中のカップルが、 前を走るトラックの荷台に裸の女性が監禁されているのを目撃する。 警察に携帯電話で通報し、 とりあえずサービスエリアに入るが、 そこでカップルの女性までも、そのトラックに誘拐されてしまう・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/03/04 23:50
映画 「ジェイン・オースティン 秘められた恋」
ジェイン・オースティンが20歳だった1795年、 ロンドンからやってきた法律を学ぶ青年トム・ルフロイと恋に落ちる。 駆け落ちまで企てた2人だったが・・・   ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2012/02/26 17:35
映画 「ヴィクトリア女王 世紀の愛」
ヴィクトリア女王の若いころのお話。 戴冠の少し前から、アルバート公と共同で治世をするようになるまでの エピソードです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/02/25 12:43
映画 「Dr.パルナサスの鏡」
この映画、イギリス物だったのですね。 ヒース・レジャー、ジョニー・デップらの名前が挙がっていたので、 てっきりアメリカ映画だと思っていました。 そう、ヒース・レジャーの遺作であり、 撮影できていなかった部分を、 ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが代役を務めたもの。 公開前にそのエピソードを聞き、興味は持っていましたが、 今頃観ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/02/13 01:26
映画 「地獄へ秒読み」
タイトルだけ見るとホラーみたいですが、 違いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/02/05 03:58
映画 「ルワンダの涙」
1994年のルワンダ虐殺の、 公立技術学校での虐殺に焦点を当てて描かれた作品。 事件についてはWikipediaの公立技術学校の虐殺の項に 詳しく書かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/12/18 14:55
映画 「ローカル・ヒーロー/夢に生きた男」
 アメリカの大企業が、石油コンビナートを作るため、  スコットランドの寂れた入江とその一帯の村を買い取ろうとする。  難航するかと思いきや、村人は  「これでお金持ちになれる」と、なんとなくうきうきし、  商談成立目前。  しかし、肝心の入江の辺りの海岸を所有する、  シャビーな小屋に住むおじいさんが、  のらりくらりと話をはぐらかしたりし、行き詰まる。  そこへ、星が大好きな社長がやってきて、  これまた星が好きなおじいさんと2人だけで話をする。  結果、石油コンビナートは... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/08/17 22:37
ドキュメンタリー「ジョージ6世の親友 〜ライオネル・ローグの足跡〜」
NHKの「BS世界のドキュメンタリー」枠で放送された 「ジョージ6世の親友 〜ライオネル・ローグの足跡〜」を見ました。 映画「英国王のスピーチ」の、ライオネル・ローグの孫が、 ライオネルの出身地であるオーストラリアへ行ったり(孫はイギリス生まれ)、 映画の撮影現場に行ったり、 ジェフリー・ラッシュと対談したりするもの。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/30 22:13
映画 「ゴスフォード・パーク」
1932年、イギリスのカントリーハウス「ゴスフォード・パーク」に、 狩猟パーティーのために上流階級の人々が集まってきた。 そんな中、この館の主が殺される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2011/07/25 00:19
映画 「コンフェッティ 仰天!結婚コンテスト」
  ウェディング誌出版のコンフェッティ社は、   会社の売り上げを伸ばすため   “その年で一番ユニークな結婚式”賞を募集する。   予選を勝ち抜いた1組目はテニス・ウェディング、   2組目はミュージカル・ウェディング、   3組目の“ナチュリスト”カップルは、   なんと裸で結婚式を挙げようとするが!?    (ムービープラスより)  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/07/20 23:08
映画 「シャロン・ストーン in シークレット・スパイ」
夫も子供もいるサリー(シャロン・ストーン)と、 レオ(ルパート・エヴェレット)が恋に落ち、 「申し分のない」夫と離婚して再婚。 幸せに暮らしていたが、レオが失踪。 レオはロシアのスパイだった。 サリーと、諜報部員であるレオの旧友とで なんとかイギリスに戻ってこられるように手筈を整えたが、 レオはロシアに残ることを望んだ。   ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/07/10 21:56
映画 「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」
 ペベンシー兄妹のエドマンドとルーシーは、  いとこのユースチスとともに船の絵画を見ているうちに、  ナルニアの世界へと引き込まれる。  気づくと彼らは、懐かしいカスピアン王子やもの言うネズミの騎士、  リーピチープたちの乗る帆船に乗船していた。  待ち受ける魔法、不思議な生き物や邪悪な影からナルニアを守るため、  そして、友であり、ナルニアの保護者でもある  アスランとの再会を果たすため、  彼らは海の果てを目指す ――。  (Amazonより) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/06/02 22:42
バラを見に、リージェンツパークへ ◇ ロンドン紀行2011
昨日、チェルシーフラワーショーで不完全燃焼だったこともあり、 今日はリージェンツパークに行きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/27 12:13
映画 「わたしを離さないで」
先日、本も読み終わり、やっと映画を観てきました。 ネタバレしないようにしたいので、 ご覧になった方にしかわからないようなあいまいな表現も使いますが ご了承下さい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 19 / コメント 0

2011/05/01 11:53
映画 「ある公爵夫人の生涯」
公爵の気持ちをもう一歩踏み込んで見せて欲しかったです。 初めはジョージアナのことを好きでもない、 浮気症の嫌な男だと見せておきながら、 後半、彼は彼なりに愛しているというようなことを言います。 そこで一瞬、おお、そうだったのか、 単に自分を表現するのが不得意なだけだったのか、などと、 ちょっと気の毒に思ったりもしましたが、 だったら数々の浮気は何なのだ?と思い返しました。 でも、あの時のレイフ・ファインズの表情は、 確かにジョージアナのことを愛しているという顔をしていました。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2011/04/25 22:29
映画 「リバティーン」
 1660年代、王政復古のイギリスで、  ロチェスター伯爵ことジョン・ウィルモットは、  作家の才能がありつつも、  そのセクシャルでスキャンダラスな内容が問題視されていた。  女性関係も派手な彼だったが、  エリザベスという女優に出会い、  彼女の才能を開花させるべく丁寧な指導を施す一面もあった。  しかし、ジョンは国王に依頼された、  フランス大使を招く歓迎式典の舞台演出で、  卑猥かつ刺激的な内容で、国王の顔に泥を塗ってしまう…。  (Amazonより)  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/04/10 23:41
映画 「ハムレット」 ローレンス・オリヴィエ
ハムレットを映画化したものはいくつかありますが、 これはローレンス・オリヴィエが監督と主演を務めた 1948年版です。 以前見たケネス・ブラナーの作品と どうしても比較してしまいます。 見やすいのは、ケネス・ブラナーの方でしょうか。 ローレンス・オリヴィエ作品の方はところどころ省略してあるため、 ストーリーをきちんとご存知ではない方には、 理解できないような部分もあると思います。 あと、やはり、カラーの方がわかりやすいというのもあります。  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/03/29 22:34
映画 「理想の結婚」
 1895年のロンドン社交界。  自由気ままな独身生活を謳歌するアーサー卿と  知性溢れる進歩的な女性メイベル。  そのメイベルの兄で政治家のロバートと  美しく聡明なガートルードは、  誰もが羨む理想の夫婦だった。  ある日アーサーの婚約者であったチーヴリー夫人が  ロバートの「ある秘密」を持って現れたことで、  二組のカップルの運命は思わぬ方向へ。  “理想の夫”をめぐり、淑女・ 悪女・ 賢女が激しい火花を散らしあう・・・。  (Amazonより) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2011/03/29 01:07
映画 「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」
007シリーズ第18作、ピアース・ブロスナンの2作目です。 ピアース・ブロスナンのボンドは全て見たものと思い込んでいましたが、 先日テレビで放送されたので録画しておいて見てみたところ、 見ていなかった作品だとわかりました。 だったら吹き替えなんかで見なければよかった・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/03/07 22:35
映画 「針の眼」
ヒトラーの命を受けたナチスのスパイ、 コードネーム“ニードル”は 連合軍の正確な上陸地点の情報を探っていた。 遂に連合軍のノルマンディ上陸作戦を嗅ぎつけた“ニードル”は 証拠写真のフィルムをU-ボートにいるドイツ軍に渡すため 単身ボートに乗り込む。 しかしボートは嵐のため大破、 “ニードル”は離島に住む夫婦に助けられた……。 (20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンより)  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/02/27 23:36
映画 「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」
“伝説の4人の王”として、ペベンシー兄妹が築いた ナルニア国の黄金時代から1300年。 今や戦闘民族のテルマール人が支配するこの国では、 先王の弟ミラースが摂政を務め、 正当な王位継承者であるカスピアン王子の暗殺を企てていた。 危機一髪で城から脱出したカスピアン王子は、 逃げ込んだ森の奥深くで、迫害の末に息を潜めていたナルニアの民たちと出会う。 そして、ミラースの配下に追い詰められたカスピアン王子が吹いた角笛は、 ロンドンで普通の学生として暮らしていた ピーター、スーザン、エド... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/02/26 23:37
映画 「英国王のスピーチ」
英国大使館よりご招待頂き、 大使公邸での試写会に行って参りました! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 68 / コメント 14

2011/02/18 23:20
映画 「真珠の耳飾りの少女」
フェルメールの名画「真珠の耳飾りの少女」から インスパイアされて書かれた小説を 映画化したもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/01/31 18:47
映画 「くたばれ!ユナイテッド -サッカー万歳!-」
リーズ・ユナイテッドで成功を収めたドン・レヴィーは、 1974年、イングランド代表監督に就任し、 後任として、それまでダービー・カウンティの監督だった ブライアン・クラフがやってくる。 就任したばかりのブライアンは6試合で1勝しか上げられず、 44日という短期間で解雇されてしまう。 長年 パートナーとして共に働いてきたピーターと 喧嘩別れしてまでリーズに来たブライアンは、 チームをクビになって初めて、ピーターの存在を思い知ることになる。 (Sony Pictures Digi... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/12/31 03:27
映画 「THIS IS ENGLAND」
1979年、マーガレット・サッチャー率いる保守党が政権を奪取。 1982年、フォークランド紛争勃発。 規制緩和政策による格差拡大。 移民の大量流入。 失業率10%を超える300万人の失業者。 ナショナル・フロント(国民戦線)の台頭。 再び浮上した、ワーキングクラス・カルチャー=スキンヘッズ。 現代にも通じる普遍的な少年の成長を描くドラマ性と、 80年代初頭の郊外労働者階級の若者たちが傾倒したスキンヘッドカルチャーを リアリティ溢れる映像で描写した、シェーン・メドウズ監督の自伝的... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

2010/12/30 17:34
映画 「恋しくてロンドン」
同じ会社のNYオフィスに勤めるロイドと、 ロンドンオフィスに勤めるスージー。 職場と家を1ヶ月スイッチする“交換出張”をすることになった二人の、 仕事と恋のハプニングを描くキュートなラブ・コメディ(AXN) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/12/23 16:32
映画 「ロビン・フッド」
ロビンが無法者として 森で暮らすようになるまでのストーリーが 描かれています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 37 / コメント 0

2010/12/19 23:29
映画 「シャーロック・ホームズ」
ロバート・ダウニーJr.がホームズを、 ジュード・ロウがワトソンを演じ、 監督はガイ・リッチー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2010/12/18 22:59
映画 「エリザベス ゴールデン・エイジ」
先日読んだ本「エリザベス」の続編です。 (エリザベスは結局本しか読んでいませんが) 従姉妹であるスコットランド女王メアリーの陰謀と処刑、 エリザベスの縁談からスペイン艦隊撃墜までが描かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/12/13 01:48
映画 「28日後・・・」
 研究所での動物実験が失敗し、  死のウィルスが漏れてから28日後。  無人の病院で昏睡から目覚めたジムは、  廃墟と化したロンドンの街へ出るが、  ウィルスの感染者たちに襲われる。  ようやく3人の生存者と出会ったジムは、  特効薬を見つけたというラジオ放送を頼りに、郊外へ向かう。  (movie plusより) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/11/21 02:05
映画 「MI6 極秘指令/沈黙の目撃者」
ロシアン・マフィアの麻薬取引を捜査している ロンドン警視庁の女性警視長ヘイルズ。 彼女は、ヒースロー空港で 大量のヘロインを運び込もうとしていた外交官イアン・ポーターを 逮捕拘束する。 ポーターはタジキスタンを拠点とする犯罪シンジケートの黒幕 クルーショフと接触していたが、 実は取引には英情報局秘密情報部“MI6”のクールズ局員による 極秘指令も託されていた。(Oriconより)  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/11/14 23:39
映画 「愛と幻影のロンドン」
1930年代イギリス。 自由奔放な芸術家のダイナと 良家の子女を道でいくマデリンは 対照的な姉妹。 父の葬儀をきっかけに、姉マデリンの家族と過ごすことになった 独身の妹ダイナは、 義兄であるリッキーとお互いに強く惹かれ合う。 二人の気持ちは徐々に燃え上がり 視線を交わすだけでは収まりきれなくなり、 とうとう深い関係を持つ。 (AXNミステリーより)  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/11/05 23:58
「エリザベス」 トム・マグレガー
映画「エリザベス」の原作本を読みました。 エリザベス女王の若かりし頃が描かれています。 映画は見ていないのですが、映画ありき、のせいか、 細かい描写がかえって仇となり、 いまいち入り込めませんでした。 史実と多少異なったり、推測で描かれていたとしても、 映像だったらすんなり受け入れることができるのですが、 改めて活字になっていると、 なんとなく穿った目で見てしまいます。 というわけで、私には、この本はダメでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/10/19 23:26
映画 「第三の男」
ヱビスビールのCMや恵比寿駅でおなじみの音楽は、 この映画から取った音楽です。 この曲をテーマ曲とした映画があることは知っていましたが、 内容は全く知りませんでした。 人が殺されたり、 故意に薄めたペニシリンを与えた患者さんがうけた影響を考えると かなりひどい内容。 しかし、この能天気な音楽のおかげで、 さほど悪いという気がしないという、 不思議な感覚でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

2010/10/10 23:16
映画 「リトル・ヴォイス」
無口で、出掛けるのが嫌いな リトル・ヴォイスというニックネームの女の子は、 早くに亡くした最愛の父が大好きだったレコードの歌を、 その歌手そっくりに、しかも上手に歌うことができるという 特技があった。 怪しげな初老の音楽プロデューサー、レイ・セイの目に留まり、 舞台に立つ羽目に。 その舞台の為に、 彼は借金をしてまでネオンやセットを整える。 リトル・ヴォイスはそのパフォーマンスを大成功に収めるが、 一回きりという約束だったために、 翌日はベッドから出ようとしない。 そこで... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/09/22 01:48
映画 「ザ・コミットメンツ」
いつものように、事前情報なしで、 単に「イギリス」映画ということで見始めたところ、 舞台はダブリンでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/09/15 01:47
ノッティングヒル人種暴動 (映画「ビギナーズ」)
映画「ビギナーズ」に出てきた、 黒人を襲撃した暴動は、 もしやと思って調べてみたところ、 実際にあった事件でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/27 22:29
映画 「ビギナーズ」
1958年のロンドンを舞台に、 “ビギナーズ”と呼ばれる若者たちの姿を、 ロックとジャズを融合させて描いた青春群像ミュージカル。 (Amazonより)  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/08/23 00:56
映画 「ナバロンの嵐」
「ナバロンの要塞」という映画の続編だそうです。 前作の任務で生き残ったマロリー少佐とミラー曹長は、 ドイツのスパイを殺すという特命を受け、 ユーゴスラビアへ潜入します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/08/21 23:47
映画 「堕天使のパスポート」
いつものことですが、内容など全く知らずに見始めました。 初めは、ロンドンの裏社会の覗き見のような感じがおもしろくて、 ぐいぐい引き込まれて観ていました。 この先に、こんな辛いことが待っているとは思いもせずに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/08/09 07:40
映画 「スターダスト」
とある青年が、偶然見た流れ星を 恋人にプレゼントすると言って取りに行くというファンタジー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2010/08/03 00:23
映画 「リトル・ダンサー」
ミュージカルにもなった、 ビリー・エリオットのお話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2010/07/25 20:43
映画 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
ティム・バートン+ジョニー・デップの映画の中でも、 かなりわかりやすい作品ではないでしょうか? ただ残酷なだけですもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/07/25 00:10
映画 「ミス・ポター」
ピーター・ラビットの産みの親、 ビアトリクス・ポターの半生を描いた作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2010/07/18 23:33
映画 「赤い航路」
久しぶりに重たい映画を見てしまった気がします。 これも愛の形と言えるのでしょうか・・・? かなり変わった愛で繋がれた夫婦の 出会いから現在に至るまでのストーリーを、 その夫本人が、客船で出会った若い男に語って聞かせるという手法です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/07/16 23:49
映画 「狼の血族」
タイトルからして、大丈夫?と思っていましたが、 始まって5分で予想が現実に。 それでも、寝る前の一時、適当に見流すにはちょうどいいか、と、 見続けました。 ファンタジック・ホラーというジャンルだそうで。 人間に化けていた狼が攻撃されて元の姿に戻る時の描写は かなりグロテスク。 ストーリーは、何しろファンタジックというだけあって、 いまいちよくわからない点もありましたが、 まあ、巻き戻して見るまでもないか、と、 そのまま見続けました。 最後にはっとさせられるようなことがあるか... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/07/15 21:54
映画 「アバウト・ア・ボーイ」
ヒュー・グラント主演の軽いコメディ映画です。 ラブコメというほどのラブはありませんが、 ヒュー・グラントのための映画ですね。 舞台はロンドン。 ですが、見ていて薄々気付いていましたが、 観た後で確認してみたところ、やはりアメリカ製作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2010/07/14 21:08
映画 「ハイパー・ウェポン/最終狙撃者」
すご腕のスナイパーが主人公の作品です。 ずーっと静かな映画でした。 ストーリーを語ってしまえば数行で済んでしまう内容ですが、 飽きることなく、ただ静かに固唾を飲んで見守り続けました。 これからご覧になる方も、 何も知らずに見る方がよいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/07/13 20:38
映画 「小さな恋のメロディ」
タイトルと主題歌だけは知っていましたが、 正直、全く期待していませんでした。 子供の恋なんて、 そんな淡い夢のようなお年頃はとうに過ぎている私に、 感動できるとも思えなかったので。 というわけで、ずいぶん前にケーブルテレビから録画したまま、 放置してありました。 でも、先日見た小さな目撃者の男の子、 マーク・レスターが出ていると知り、 ついでに見ておくか、という程度の気持ちで見ました。 これが、意外にもよかったのです! ストーリーに感激!はしませんでしたが。 40年ほど前... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2010/06/22 22:45
映画 「小さな目撃者」
 想像力豊かな少年ジギーは、  地中海の島で姉ピッパと祖父とともに暮らしていた。  ある日、某国の大統領が島を訪れるが、パレードの際に暗殺される。  姉と二人でパレードを見に行ったジギーは、  大統領狙撃の現場を目撃してしまった。  しかし、日頃から突拍子もないことばかり言っていたことがたたって、  誰も彼の言うことを信じない。  そして顔を見られた暗殺者は、口封じのため、  彼の命を狙うのだった…  (ザ・シネマ) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2010/06/21 00:24
映画 「プルートで朝食を」
静かに切なさの宿る作品でした。 キトゥンは女性以上に乙女で、無垢で、 そして健気でした。 数々の災難に見舞われても、ちっともめげずに、 一生懸命生きています。 笑うことがたった1つの耐える方法だったという言葉が出てきますが、 確かにその通り。 決して金銭的に豊かではないし、その日暮らしのような生活だし、 でも、彼女はきっとこの先も負けたりしないでしょう。 素敵です。 とっても不思議な魅力を持った作品です。 不思議すぎて、私の拙い言葉では書き表せません・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

2010/06/19 22:55
映画 「ミッション」
18世紀、南米(現在のパラグアイ近辺)での、 イエズス会と原住民グアラニー族のお話で、 史実に基づいたフィクションです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/06/13 22:25
映画 「ハムレット」
あのハムレットです。 シェイクスピアの。 シェイクスピア俳優のケネス・ブラナーが 監督・脚本・主演を務めた作品です。 セリフをカットせずに作ったので 4時間もの長さになってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2010/06/13 20:38
映画 「ミスター・ロンリー」
マイケル・ジャクソンのものまねパフォーマーの青年は、 自分が嫌い。 パリに住んでいるが、フランス語が話せないので 友達もいない。 そんな彼が、仕事先で知り合った、 マリリン・モンローのモノマネをする女性。 彼女に誘われ、夫(チャップリンのモノマネ)や仲間が作っている、 モノマネパフォーマーだけを集めた劇場に向かう。 パフォーマー達だけ集まっている館は、 彼らにとっては理想の国。 でも、劇場オープン初日はほとんど客が入らなかった。 マリリンは死を選び、 マイケルはパリに戻る... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/06/12 22:55
映画 「遠すぎた橋」
第二次世界大戦中、 イギリス・アメリカ連合軍が繰り広げた マーケット・ガーデン作戦を描いた作品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/06/06 22:33
映画 「Jの悲劇」
イアン・マキューアンの小説「愛の続き」を映画化したもの。 気球の事故に遭遇した主人公のジョーは、 助けることができなかった罪悪感に苛まれます。 さらに、その場に居合わせた青年ジェッドにつきまとわれ、 精神的に参ってしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/06/05 23:20
映画 「アリス・イン・ワンダーランド」
不思議の国のアリスが成長して、 19歳のアリスとして登場。 再びワンダーランドに行って、戻ってくると、 ちょっと精神的に成長している、というようなお話でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2010/05/30 23:56
映画 「フロム・ヘル」
1888年にロンドンの下町で起きた 切り裂きジャックの事件。 その実話を元に書かれたグラフィックノベルを 映画にした作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/05/29 23:31
映画 「オペラ座の怪人」
ミュージカルの「オペラ座の怪人」はとても好きなのですが、 タイミングが合わず、映画版は観ていませんでした。 それに、映画よりもミュージカルの方がいい、というような声も聞いていたので、 その後も積極的に観ようとはしていませんでした。 今回、友人から初回限定版3枚組のDVDを借りてやっと観ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2010/05/23 23:47
映画 「ビーン」「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」
一ヶ月ほど前に「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」を観ました。 普通に楽しみましたが、まあ、例のあれ、ですから、 特にここに感想も書きませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/05/15 22:55
映画 「気球の8人」
1979年、東ドイツ。 西ドイツに亡命しようと試みる人が後を絶たないが、 ペーターもその一人。 ただ、その方法が少々突飛。 気球に乗って国境を越えようというもの。 怪しまれながらも大量の布地を買いこみ、 手作り気球を完成させる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/05/05 23:34
映画 「鍵」
第二次大戦下のイギリス、 ナチスの襲撃で航行不能となった貨物船を救出する タグ・ボートの船長ロス。 彼は旧友のクリス船長から、 自分が死んだら面倒見てくれと 美しい女性ステラのアパートの合鍵を渡される。 実はクリスも、結婚式目前に戦死したステラの婚約者から 同じように鍵を渡されたのだった。 そしてステラとの結婚を決めたクリスも同じように戦死。 ステラに死のジンクスがあることを知りつつも、 彼女に恋をしてしまうロス…。 (ザ・シネマより) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

2010/04/20 00:28
映画 「007 女王陛下の007」
007シリーズの第6作目。 ボンド役はジョージ・レーゼンビー。 今まで見た007の中でも、ストーリーが複雑すぎず、 スキーリゾートやクリスマスといった、華美過ぎないはなやかさもあり、 古過ぎて違和感がある風でもなく、適度な古さを楽しめたりと、 「行き過ぎない」良さ、があったように思います。 ボンドの顔もくどすぎませんでした。 結果、総合すると、なかなかいい作品と思えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/04/05 09:34
映画 「大いなる眠り」
探偵フィリップ・マーロウが 富豪スターンウッド将軍に呼ばれ、 邸宅を訪れる。 次女絡みのゆすりについての依頼を受けて調べているうちに、 長女の夫の行方が明らかになる。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/03/23 01:06
映画 「恋におちたシェイクスピア」
シェイクスピア自身の恋愛物語に、 「ロミオとジュリエット」や「十二夜」がうまく絡み合っていて、 とてもおもしろいと思いました。 非常に工夫の凝らされたストーリーです。 (先日、「十二夜」を見ておいてよかったです) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

2010/03/15 22:22
ハムステッド・ヒースのケンウッドハウス (「ノッティング・ヒルの恋人」のロケ地)
映画「ノッティング・ヒルの恋人」の後半で、 アナがロケを行っているところへ ウィリアムが訪れるシーンがありますが、 そのロケ地のロケ地が、ハムステッド・ヒースです。 丘の上に見えているのがケンウッド・ハウス。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/09 00:03
映画 「魔笛」
モーツアルトのオペラ「魔笛」を映画化した物です。 監督は、シェイクスピア俳優であり、映画監督でもある ケネス・ブラナーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 1

2010/03/06 22:41
映画 「グアンタナモ、僕達が見た真実」 
パキスタン系英国人のアシフは、 縁談があって久しぶりにパキスタンに足を踏み入れます。 結婚が決まり、友人3人をイギリスから招き、 パキスタンで合流します。 その前に、隣国アフガニスタンへみんなで行こうということになりましたが、 アフガニスタンで空爆に巻き込まれ、 足止めを食らい、帰るに帰れずにいるうちに アメリカ兵に捕えられます。 そして、アルカイダだと疑われ、 2年以上もキューバのグアンタナモ収容施設で拷問を受け続けます。  ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/02/20 23:49
映画 「オフサイド7」
第二次大戦末期におけるエーゲ海のロードス島を舞台にした、 戦争アクション映画。 古代美術の宝庫であり、 戦略上の拠点ともなっているロードス島をめぐって、 ナチス・ドイツとレジスタンスが命懸けの攻防を展開する。 国際級スターの豪華な共演も話題に。 (eiga.comより) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/02/18 23:53
ドラマ 「カサノヴァ」
名うてのプレイボーイ、希代のペテン師として 18世紀のヨーロッパに名を馳せた ジャコモ・カサノヴァ。 しかし、晩年は雇われ司書として 寒々しい城で寂しく過ごしていた。 ある日、その城に新しいメイド、 エディットがやって来る。 彼女にせがまれ、 カサノヴァは自身の冒険談を語り始める。 (Lala TVより) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/02/17 20:19
映画 「イングリッシュ・ペイシェント」
壮大な景色、ゆったりとしたテンポ、 穏やかな音楽、ハナの温かくて明るい表情。 そういったものでうっかり騙されそうになりましたが、 ストーリーを簡単に書くと、 とってもひどいお話でした。 仲間の奥さんを寝とった挙句に、 仲間たちと作り上げた砂漠の地図を ドイツに売り渡した男の話です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

2010/02/16 23:23
映画 「十二夜」
シェイクスピアの恋愛喜劇「十二夜」を映画化したものです。 船で遭難した双子の兄妹、セバスチャンとヴァイオラは、 お互いに相手のことを、生きてはいないと思っていました。 ヴァイオラは、男性に扮してセザリオと名乗り、 オーシーノ公爵の小姓として仕えているうちに 公爵に恋をしてしまいます。 が、男と思われているのでどうしようもありません。 また、公爵は伯爵令嬢オリヴィアに心を寄せていることも、 セザリオは知っています。 セザリオは恋の遣いとしてオリヴィアを訪れますが、 オリヴィアは... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2010/02/07 22:20
映画 「こわれゆく世界の中で」
治安の悪いロンドンのキングス・クロスで、 都市の再開発計画を進める建築家ウィル(ジュード・ロウ)。 美しい恋人リヴ(ロビン・ライト・ペン)と 彼女の娘ビー(ポピー・ロジャース)とともに暮らす彼は、 オフィスの窃盗事件をきっかけに出会った ボスニアの未亡人アミラ(ジュリエット・ビノシュ)に 心引かれ始める。 (シネマトゥデイより) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2010/02/03 21:35
映画 「戦争のはらわた」
第二次世界大戦時のドイツ軍の一部隊をメインに描かれた作品。 名高い戦争映画のの1つです。 タイトル(邦題)は、ホラー映画かと思わせるような物ですが、 実に骨太で男臭い作品でした。 戦争のシーンはとてもリアルだし、 迫力がありました。 この当時、ここまでの物を作るのは 大変だったのではないでしょうか? だって病院のシーンはとっても嘘くさいチープな感じですから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/01/24 23:21
映画 「クロコダイルの涙」
美貌の青年医師スティーヴンは、 自分を愛してくれる女性の血を吸わなければ死んでしまう男だった。 次々と女を誘惑してはその首筋に食らいつき 完全犯罪を重ねていた。 新たな獲物アンと付き合い始めたスティーヴンであったが、 彼女を本気で愛してしまい、 彼女の血を吸うことにためらいを感じ始めていた。 一方、警察では スティーヴンの恋人たちが不慮の死を遂げていたことから、 彼に疑いを抱いていた。 アンの血を吸いかねているうち、 彼の身体には限界が迫っていた・・・。 (allcine... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/01/23 21:26
映画 「ヴィーナス」
年老いた俳優のモーリスとイアンは茶飲み友達。 ある日、イアンのもとに姪の娘がやってきました。 態度が悪く無作法なジェシーにイアンは参ってしまいますが、 興味を持ったモーリスは彼女に話しかけ、 一緒に出掛けるようになりました・・・  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/01/01 22:39
映画 「ひかりのまち」
ロンドンに住む20代後半の3姉妹(+多分、弟)、両親と そのまわりの人々の日常を描いた作品。 こう言ってはなんですが、あまり裕福でもなく、 輝くような幸福に満ち溢れているわけでもない人達の生活。 「日常」と言うには不幸すぎる出来事が次々と起こります。 そんな中で三女が出産。 それがきっかけなのかどうか、なんとなくハッピーな朝を迎える次女のナディア。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/12/28 22:44
映画 「永遠のエルザ」
映画「野生のエルザ」の続編です。 エルザが病死し、夫は行方不明のため、 前作にも出ていたアダムソン夫妻が、 エルザの子供の3兄妹を無事に野生に戻そうと試みます。 今回も、奥さんのジョイのわがままが炸裂。 発言もひどい。 前作では「ライオンを動物園に預けたら、 太って怠け者で鈍感な雌牛のようになってしまうわ」などと言いますが、 夫の方も「子ライオン達はブタのように(たくさん)食べる」と、 ブタを馬鹿にしたような発言。 この夫婦は本当に動物が好きなのか疑いたくなります。 子ライ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/12/27 20:01
映画 「野生のエルザ」
ケニアで狩猟監視官を務めるイギリス人、 ジョージ・アダムソンとその奥さんのジョイが、 面倒を見ていたライオン「エルザ」を、野生に戻すお話です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

2009/12/26 22:02
映画 「レイヤーケーキ」
スマートな麻薬の仲介人の男(ダニエル・クレイグ)は、 不動産業に身を隠し、直接取引をしないようにするなど、 自分が表に出ないように注意を払っていました。 じきにこの仕事から足を洗うつもりでいましたが、 最後の仕事でトラブルに巻き込まれます。 信じていた人に裏切られたことを知り、殺人を犯したりもします。 が、なんとかその仕事を終え、 予定通りに足を洗うと、仲間に宣言した矢先に・・・  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 5 / コメント 2

2009/12/18 23:27
映画 「クリスマス・キャロル」
言わずと知れた、ディケンズの名作です。 これは現在公開中のディズニーの物ではなく、 少し前に作られたアニメです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/12/17 22:20
映画 「ライラの冒険 黄金の羅針盤」
確か、大作だというふれこみだったと思うので、 それ以外の予備知識はありませんでしたが、期待して見ました。 ファンタジーなので、この世にはない物が出てきたりするため、 理解するのが難しかったです。 ファンタジーが嫌いなわけではありませんが、 この話には入り込めず、 私って夢のない人間だな、と思わされました。 事前学習も必要だったのかも。 でも、普段、見終わって、理解が足りないと感じた時は もう一回見ることもありますが、 これは、なんだか、再度見る気にはなりませんでした。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/12/13 18:14
映画 「ヒラリー・スワンク IN レッド・ダスト」
白人の支配から抜け出し、民族の和解と統一を求め始めた南アフリカ。 白人支配当時の犯罪は、『民族和解委員会』の聴聞会で、 全てを告白すれば恩赦で無罪とされることとなった。 そんな中、元警官ヘンドリックスの恩赦申請に、 黒人の政治家アレックスが異議を申し立てる。 弁護士サラはアレックスに協力し、ヘンドリックスの行為を調査するが、 その過程で驚くべき事実が明らかになっていく。(角川映画) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/12/05 23:25
映画 「脱走山脈」
第二次世界大戦下、ドイツの捕虜になったイギリス兵ブルックスが、 動物園で働かされます。 そこで世話をし、すっかり仲良くなった象のルーシーを疎開させるため、 ルーシーやオーストリア兵、監視役のドイツ兵、ポーランド女性とともに 旅を始めます。 象を守ろうとして、故意ではないながらもドイツ兵を殺してしまったために、 逃亡の身になった彼らは、 アルプス山脈を越えるルートでスイスへ亡命を企てます。 捕虜仲間のアメリカ兵と協力し、ついに国境を越えます。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 2

2009/12/03 23:14
映画 「秘密と嘘」
96年度のカンヌ、パルムドール大賞受賞作。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/11/24 03:01
映画 「ワールド・オブ・ライズ」と リドリー・スコット監督
国際テロ組織と戦うCIAの話。 中東にもぐりこんで活動するCIA工作員フェリスを レオナルド・ディカプリオが熱演しています。 原作は中東で20年も活躍してきたジャーナリスト、 デヴィッド・イグネイシャス氏によるもので、 実話ではないものの、 中東の様子が忠実に描かれています。 その点が非常に興味深かったです。 DVD特典を見るとさらに詳しく知ることができ、 いい勉強になりました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 51 / コメント 0

2009/10/13 01:46
映画 「イースタン・プロミス」
ロンドンのロシアンマフィアの世界が 生々しく描かれています。 全体的に暗めのトーンで描かれている中、 時折鮮やかな色が効果的に使われていて はっとさせられます。 血はもちろん、ベビーベッドに置かれた花束、 そしてセミオンが飾り付けているケーキは 特に印象的でした。 視覚的なことだけではなく、 ダークな世界のセミオンとは対照的な美しさだったので。 それから、セミオンの目は惹き込まれるほどの青さでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 30 / コメント 2

2009/10/10 23:46
ドラマ 「高慢と偏見」
ジェーン・オースティンの同名の小説を BBCがドラマ化したものです。 キーラ・ナイトレイ出演の映画版「プライドと偏見」よりも 10年前に作られた作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/07 22:22
映画 「サバイバル・アイランド」
ありがちな、無人島の設定に、 ありがちな、3人取り残されるという状況。 ここから何が起こるか、 ある程度想像がつくというものです。 イギリスも絡んでいる映画なので最後まで見ましたが、 そうでなかったら途中で終わりにしちゃっていたかも。 でも、最後まで見てよかったです。 「してやったり。」と、にんまりできましたから。 その他には、主役のケリー・ブルックという女優さんの魅力しか、 お勧めポイントはないです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/10/06 22:22
映画 「大列車強盗団」
1963年に実際に起こった列車強盗事件を基に作られた映画です。 プロの強盗団が、電気技師や銀行家などの専門家を雇い入れ、 郵便局の列車を襲い、現金を奪うという話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/09/28 22:51
映画 「鷲は舞いおりた」
第二次世界大戦中、 ドイツ軍がチャーチル首相を誘拐しようという試みの顛末が描かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/09/17 23:43
ドラマ 「デビッド・コパーフィールド」
チャールズ・ディケンズの小説を BBCが映像化したものです。 生まれる前に父を亡くし、まだ若い母をも失い、 継父とその姉からひどい扱いを受ける 幼いデビッド・コパーフィールド。 でも使用人のペゴティは彼の味方です。 他にも、たった一人の親族である大伯母や、 その他大勢との関わり合い、 作家への転身・成功、結婚、妻との死別、 そして妹のような存在であったアグネスとの愛が描かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/27 23:49
映画 「エンジェル」
 1900年代初頭のイギリスの下町で、  母親とともにほそぼそと暮らすエンジェル(ロモーラ・ガライ)は、  あふれんばかりの想像力と文才が認められ、  16歳にして文壇デビューを果たす。  幼いころからあこがれていた豪邸“パラダイス”を購入し、  ぜいたくで華美な暮らしを始める。  そんな中、彼女は画家のエスメ(ミヒャエル・ファスベンダー)と恋に落ちる。  (シネマトゥデイより) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2009/08/25 23:33
ドラマ ジェイン・オースティンの「エマ」
プライドと偏見などの作家、ジェイン・オースティンの 「エマ」を見ました。 1997年製作のドラマ版です。 ケーブルテレビで放送した物を見たのですが、 残念ながら吹き替えでした。 エマの声を吹き替えた斉藤由貴のしゃべり方に癖があり、 そのせいか、どうしてもエマに肩入れできないまま終わりました。 仕方ないので、もう1回見ましたが、 やはり結果は同じ。 高慢だった少女がナイトリー氏の助言で成長をしていく点など、 共感しなくてはならない作品なのだとは思いますが。 ナイトリー氏がエマ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 2

2009/08/24 23:24
映画 「バレエ・シューズ」
1930年代に出版された、同名の本(児童文学)を BBCがドラマ化したものです。 舞台は1930年代のロンドン。 年中家を留守にしている化石学者のガム氏が、 1、2年おきに3人の孤児などの赤ちゃんを連れて帰ってきます。 それを、姪のシルヴィアが育てます。 やがて、お金のために部屋を貸すことになり、 3組の下宿人と同居することになります。 彼らの一人、ダンス講師のシーオの勧めでダンス学校に通い始めた3人。 やがて舞台に立つことにもなります。 シルヴィアは密かに同居人の男性シンプ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/08/15 21:26
映画 「マイ・ボーイ・ジャック」
ノーベル文学賞作家のラドヤード・キップリングと その息子ジャックについてのお話。 第一次世界大戦の最中、軍隊に入りたいというジャックのために、 父はコネを使って入隊させます。 18歳の誕生日の直後の戦いで 行方不明になったという電報が家族の元に届き、 彼らはひどく心配をしますが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/08/14 22:00
映画 「眺めのいい部屋」
舞台は20世紀初頭のフィレンツェとイギリスのサリー州、 そして少しだけロンドン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/08/06 20:02
ドラマ 「紅はこべ」
バロネス・オルツィ作の小説「紅はこべ」のドラマ版です。 BBCが制作したものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/07/30 23:06
映画 「キング・アーサー」
伝説の騎士、キングアーサーの物語です。 キングアーサーの伝説は数々あるはずですが、 これはほんの一部だけを映画化したものでした。 これでざっくり勉強できれば、などと思っていたので、 ちょっぴり期待はずれでした。 アーサーに対して、強いヒーロー像をイメージしていましたが、 ここではほんの歯車の1つ。 しかも、悩んだりしていて、 主役のクライヴ・オーウェンの容貌と相まって、 とても人間臭い男として描かれていました。 キーラ・ナイトレイは文字通りの体当たり演技でした。 ウォードの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/07/21 23:50
映画 「スラムドッグ$ミリオネア」
 インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”。  この日、ムンバイ出身の青年ジャマールが、次々と難問をクリアし、  ついに残り1問までやって来た。  ところが、1日目の収録が終わりスタジオを後にしようとしたジャマールは、  イカサマの容疑で警察に逮捕されてしまう。  スラム育ちの孤児でまともな教育を受けたこともないジャマールが  クイズを勝ち抜けるわけがないと決めつけ、  執拗な尋問と拷問を繰り返す警察。  ジャマールはやっと語り始めた。(allcinema) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 42 / コメント 0

2009/07/20 16:32
映画 「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」
007シリーズ第19作、ピアース・ブロスナンの3作目です。 ここのところ、古いボンドばかり見ていましたが、 久しぶりに最近の作品を見て、 やっぱり最近のはいいな、と思ってしまいました。 洗練されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/07/02 23:39
映画 「007 オクトパシー」
007シリーズ第13作、 ジェームズ・ボンドはロジャー・ムーアです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/07/01 23:09
映画 「抱擁」
現代のロンドン、大英図書館で 19世紀の詩人アッシュの研究をするローランドは、 アッシュ本人の書いた手紙を偶然発見し、 モードの手を借りて事実を突き止めようと奔走します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2009/06/30 23:58
映画 「007 ドクターノオ」
007シリーズ第1作目、 ジェームズ・ボンドはショーン・コネリーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2009/06/26 23:39
映画 「ノッティングヒルの恋人」
ロンドンのノッティングヒルで小さな本屋を営むウィリアム・タッカーと ハリウッドスターのアナ・スコットの恋の物語。 ストーリーは、ウィリアムが自分でも言っているとおり、 夢のような話。 そもそもなぜアナがウィリアムに興味を持ったのかさえわかりませんが、 恋なんてそんなものなのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2009/06/25 22:51
映画 「007 美しき獲物たち」
007シリーズ第14作、 3代目ジェームズ・ボンドのロジャー・ムーア7作目かつ最後の作品です。 舞台はパリとサンフランシスコ。 シリコンバレーを壊滅させようというゾリンを阻止します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/06/24 23:24
映画 「007 消されたライセンス」
007シリーズ第16作、 4代目ジェームズ・ボンドのティモシー・ダルトンの2作目です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/06/18 23:31
ドラマ 「大いなる遺産」
ディケンズの小説「大いなる遺産」を BBCがドラマ化したものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2009/06/16 23:39
ドラマ 「ブーリン家の姉妹」
昨年冬に公開された「ブーリン家の姉妹」ではなく、 2003年にBBCで作られたものです。 内容が映画とはちょっと違っていました。 大きいところでは、 映画では姉アン+妹メアリーでしたが、 本作では姉メアリー+妹アンでした。 やはり500年も前の話なので、 どれが正しい話かなんて、誰もわからないのかもしれません。 ただ、映画のチャドウィック監督の話によると、 新たな事実を発見したため映画化した、とのことだったので、 映画版の方が正しいのかもしれないです。 また、洋服などの色の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/15 23:42
映画 「ホリデイ」
失恋したばかりのアマンダ(LA在住 キャメロン・ディアス)と アイリス(ロンドン郊外在住 ケイト・ウィンスレット)が 2週間のハウスエクスチェンジをし、 その間の出会いによって過去の失恋などから立ち直り、 自分らしさを取り戻していくストーリーです。  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

2009/06/14 21:10
映画 「ホット・ファズ」
ロンドンのエリート警官ニコラス・エンジェルは、 あまりに優秀なために田舎へ転勤させられます。 ここ20年、事件らしい事件が起きたことのないこの村の警察は ゆるみきっていて、 一緒にパトロールすることになった相手も どんくさいおでぶさん。 そんな村には秘密がありました。  ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 8 / コメント 0

2009/06/11 23:30
映画 「黄色いロールス・ロイス」
1台の黄色いロールス・ロイスの、 3代に渡る持ち主達と車をとりまく話について描かれた作品で 3本のオムニバス仕立てになっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/05/31 22:06
映画 「逃亡者2001」
緑のジャガーの中古車を買ったヴァージル(ハンス・マシソン)。 ところが、その車は走行距離わずか6kmで故障してしまう。 おまけにトランクからは身に覚えのない死体が発見され、 ヴァージルは警察に追われる羽目に。 職も失い、ガールフレンドのフィオナ(ベス・ウィンスレット)にも逃げられ、 ツキに見放されたかのようなヴァージルだったが、 偶然出会ったティファニー(シャーロット・コールマン)の協力を得て 真犯人探しを始める。 (ミステリーチャンネルより)  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/05/26 21:59
映画 「えびボクサー」
イングランド中部に住む元ボクサーのビルは、 自分が教えているアマチュアレスラーのスティーブと その彼女のシャロンと共に、 巨大なえびとのボクシング試合で一旗あげようと企てます。 いろいろ苦心して、やっとテレビ局のお笑い番組の担当者の目に止まり、 いよいよという時になって、 ビルが及び腰になります。 それは、えびに愛着がわいてしまったから。 見世物にしたり殴られたりするのがかわいそうになってしまったのです。 そして「彼女が欲しくなった」と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/05/17 20:49
映画 「普通じゃない」
「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー賞を取った ダニー・ボイル監督の作品ということで見てみました。 ユアン・マクレガーとキャメロン・ディアス主演の ラブコメディです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/05/12 22:09
映画 「ヘンダーソン夫人の贈り物」
未亡人となったヘンダーソン夫人が 閉鎖された劇場を買い取り、 ヴァンダム氏と共に、 みんなの、特に若い男性に喜ばれる劇場を作り上げるストーリー。 この「ウィンドミル劇場」は、 イギリス初のノンストップ公演や 全裸の女性を登場させたことで成功を収めた 実在の劇場です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/04/24 23:12
映画 「イン・アメリカ 三つの小さな願いごと」
アイルランドからニューヨークに移住した家族の 過去と現在の話です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 12 / コメント 3

2009/04/21 23:05
ドラマ 「チップス先生さようなら」
チッピング先生が ブルックフィールド(パブリックスクール)に赴任してから 亡くなるまでの半生を描いたドラマです。 素行の悪い生徒も含めて全ての生徒を愛したチッピング先生の 数々のエピソードに心が温まります。 奥さんのキャシーは、「北風と太陽」の話で 校長の考えも変えてしまいます。 後年、新しい校長が来た時に「改革を行う」と言っていましたが、 チッピング先生と奥さんとはそのような宣言もなく、 穏やかに改革を行っていたのです。 卒業生もそんな先生が大好きで、 卒業後も訪ねてきま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/14 20:28
映画 「ドクトル・ジバゴ」
ロシア革命の前後のロシア。 医師であり詩人でもある 志高く将来有望な青年ジバゴの波乱の人生が描かれています。 とにかく長いのですが(前編後編合わせて4時間ほど)、 意外にも長く感じなかったのは、 2回に分けて見たせいだけではないと思います。 前半はジバゴの比較的幸せな時代が描かれていたせいか、 想像よりも気楽に見ていられました。 しかし、後半、共産主義となった世の中が住みにくい状態になっていき、 またジバゴがラーラと深い仲になったり 内戦がひどくなったりで、 見ているのが辛... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2009/04/13 22:20
映画 「トゥー・ブラザーズ」
1920年代のカンボジアの古い寺院に住む虎のファミリーが ばらばらになって暮らした後、 再会するまでを描いた作品です。 最後は確かに感動的でじーんときました。 でも、前半はいい気分がしませんでした。 人間って勝手過ぎるな、と思って。 そう言っている私ももちろん人間ですが。 石像を盗んだり、トラは危険だと撃ち殺したり、 かと思えばかわいがって飼育してみたり。 サーカスに入れたり猛獣動物園に入れたり。 そんな身勝手さに嫌気がさしました。 そもそも、動物の感動的な作品を撮るために... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/04/06 23:24
映画 「アラビアのロレンス」
アラビアのロレンスの完全版を見ました。 1962年製作の映画を再編したもので、 227分という長編です。 イギリスの軍人ロレンスが アラビアの自由のために貢献したという美談です。 ロレンスは実在の人物だということなので、 ストーリー自体も実話なのだと思います。 砂漠のシーンが中心で、 美しい日没のシーンなどもあり、 映画館で見るべきだったのかもしれません。 オスカーも取っていますし、 世間の評価も非常に高いようです。 が、私はそれほどまで楽しめませんでした。 長すぎたか... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2009/04/04 18:06
映画 「フォーウェディング」
この映画を見たのは2回目です。 前回、日本語字幕なしで見たので、 もう1度見てみました。 感想は、やはり前回と同じく、 結局そうなるのね、という感じです。 安易な結末と言うか・・・ アヒル顔の元フィアンセがかわいそ過ぎます! それに、キャリーがなぜチャールズとその友人達を 結婚式に招待したのかもわからないし、 他にも謎はいろいろ。 1回目には、そのようなことに気が行ってしまっていたのですが、 この話は友達グループに注目してみるのも面白いということに 気付きました。 チャ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/04/02 21:30
映画 「クィーン」
1997年、ダイアナ元妃が事故でお亡くなりになった時の、 王室および首相を中心とする舞台裏を描いた作品です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 20 / コメント 0

2009/03/29 22:27
映画 「アレックス・ライダー」
子供も楽しめるスパイ映画です。 主人公のアレックス・ライダーが14歳なのであえてそう書きました、 子供だましというわけではなく、 大人も楽しめます。 特にガジェットがたくさん出てきた時には わくわくしました。 もっとも、非現実的過ぎることがたくさんあるのですが、 まあそれは007も同じでしょう。 最近の007ほどにはストーリーが複雑でないため、 気楽に見ることができます。 ユアン・マクレガーが大事な役どころで出てきますが、 冒頭のほんの一部分だけで、 贅沢な使い方だなあ、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2009/03/27 23:59
映画 「ONCE ダブリンの街角で」
この映画はアイルランドの物ですが、 思うところあってここに載せることにしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 7 / コメント 0

2009/03/25 22:14
ドラマ 「ジェイン・エア」
シャーロット・ブロンテの書いた小説「ジェイン・エア」を 英国BBCがドラマ化したものを見ました。 (Lala TV) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/24 21:13
エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜
映画「クイーン」で現エリザベス女王を演じたヘレン・ミレンが エリザベス1世を演じています。 ドラマ「第一容疑者」では、 やはり男社会である警察の中で昇進していく 敏腕警視を演じていましたが、 その時とは違ってやけにかわいらしく感じました。 私の中で、ヘレン・ミレン=男勝りのおっかない上司、という イメージが出来上がっていましたが、 今作ではエリザベス1世の恋をメインに描かれているせいか、 ただ強いだけの女王とならなかったことに ヘレン・ミレンの演技力を感じました。 ストーリ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/09 23:28
映画 「逢いびき」
1974年 イギリス製作の映画「逢いびき」を見ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/03/08 23:32
映画 「カサンドラ・クロス」
1976年 イギリス・イタリア製作の映画です。 細菌感染者が乗ってしまった列車を、 伝染を食い留めるために行き先を変更して ポーランドへ向かわせます。 目的地の手前には30年間使われていない橋があり、 そのカサンドラ橋の強度が不十分だということが、 乗客などからわかり、 止めようとしますが・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

2009/03/07 23:26
映画 「007 慰めの報酬」
映画 「007 慰めの報酬」を見てきました。 結論から先に言ってしまうと、とても面白かったです! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 52 / コメント 0

2009/03/01 22:00
映画 「アフリカの女王」
1951年製作のイギリス・アメリカ合作映画です。 イギリス人作家の本をアメリカ人監督が映画化、 主役の2人はイギリス人の設定ですが、 アメリカ人のハンフリー・ボガートとキャサリン・ヘプバーンが 演じています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/02/26 23:22
映画 「007 ゴールドフィンガー」
映画 「007 ゴールドフィンガー」 1964年の作品で、007シリーズの第3作目です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/02/01 23:26
映画 「007 死ぬのは奴らだ」
映画 「007 死ぬのは奴らだ」  ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/01/31 23:53
映画 「オリヴァ・ツイスト」
先日のロマン・ポランスキー監督の「オリバー・ツイスト」(2005年)に続き、 1947年に作られた「オリヴァ・ツイスト」(デヴィッド・リーン監督)を見ました。 同じ話なのに見るなんて時間の無駄か、とも思いましたが、 見て正解でした。 同じ話でもところどころストーリーも違っていたし、 こちらは白黒ならではの趣もありました。 何しろ、1947年と言えば、戦後間もない頃ですから、 恐ろしく昔に作られた作品のように思えます。 実際、ちょっとわざとらしい効果音などが使われていたりして、 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/01/23 23:15
映画 「オリバー・ツイスト」
「オリバー・ツイスト」はディケンズの名作を映画化したもので 過去に何回か映画化されているようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 10 / コメント 0

2009/01/11 23:50
映画 「007 ロシアより愛をこめて」
映画 「007 ロシアより愛をこめて」  007シリーズの2作目。 ジェームスボンドはショーン・コネリーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/01/05 19:34
映画 「サハラに舞う羽根」
映画 「サハラに舞う羽根」  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 0

2009/01/04 23:59
映画 「フォロー・ミー」
映画「フォロー・ミー」を見ました。 先日、NHK-BSで放送された時に、 新聞に「お散歩映画」とカテゴライズされていて 興味を持ちました。 1972年の作なので、 その頃のロンドンの景色がたっぷり楽しめます。 もちろん、ストーリーも良かったのです。 好みが分かれるところかもしれませんが、 私は好きです。 特に、探偵のクリストフォロー。 実に愛すべきキャラクターです。 表情もすごくいい。 そして、クリストフォローとベリンダの 無言だけれど心の通ったお散歩がとても楽しそうで... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 0

2008/12/30 23:41
映画 「007 カジノロワイヤル」
やっと見ました、007 カジノロワイヤル。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 9 / コメント 2

2008/12/25 23:58
映画 「つぐない」
映画「つぐない」を見ました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 19 / コメント 0

2008/12/23 23:21
映画 「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」
映画「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」を見ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 0

2008/12/17 23:41
映画 「ポリス インサイドアウト」
ポリス インサイドアウトを見ました。 ポリスのデビューの頃から活動休止までの、およそ5年間の活動を、 ドラムのスチュアート・コープランド本人が 自分の8ミリカメラで撮影したもの。 撮影されたフィルムは膨大な量があったそうですが、 それをコンパクトにまとめてあります。 仲間うちで撮影しているので、 内輪もめやふざけている様子など、 普通ではなかなか見られない映像が盛りだくさんでした。 監督、脚本、編集もスチュアート・コープランドです。 デビュー当初はほとんどツアーで移動していて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/12/12 23:53
映画 「バンクジョブ」
イギリス映画「バンクジョブ」を観てきました。 舞台は1971年のロンドン。 ベイカーストリートにある銀行の貸金庫に強盗に入った主人公達が、 現金、宝石の他に、 「見てはいけない」写真や書類などまで盗んで来てしまったがために 大変な騒動に。 事実を元に作られたというこの作品、 どこまでが実話でどこからが作り話なのかはよくわかりませんが、 複雑な利害関係が絡み合い、 実にスリリングでした。 あえてはっきり書かないでおきますが、 テリーの頭のよさが冴えていました。 銀行から逃亡... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 31 / コメント 2

2008/12/01 23:10
映画 「BOY A」
映画「BOY A」  舞台はイギリス マンチェスター。 いかにもイギリス、それも「普通の」イギリスの生活が映し出されていて、 映画の内容とは矛盾しますが、懐かく感じました。 が、最後はやはり、悲しい気持ち、やりきれない思いで いっぱいになりました。 映画を観る時、誰でも少なからずそうだと思いますが、 主人公の視点で感じる・考えると思います。 私も、この映画を見ている最中はそうでした。 でも、見終わった後で、 もしこれが「彼女」の立場だったらどうだろう? 被害者の親の立場だっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 23 / コメント 2

2008/11/17 23:55
映画 「ブロークン」
本日公開のイギリス映画、「ブロークン」を観ました。 監督・脚本・プロデュースともショーン・エリスというイギリス人で、 もともと写真家だったためだと思いますが、 映像の色や写す角度などが特徴的でした。 全体的に色のないトーンの中、 ところどころに赤い色が配してあるのが印象的でした。 また、これをこういう角度から写すのか!と思うようなシーンもありました。 同じストーリーでも、このような撮り方をしなかったら、 ここまで恐くなかったかもしれないとも思いました。 物語の舞台はロンドンです... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0

2008/11/15 23:59
映画 「ブーリン家の姉妹」
映画「ブーリン家の姉妹」を一足早く試写会で観てきました。 会場は英国大使館! イギリスに住む前にヴィザ取得のために 一度だけ門をくぐったことがありますが、 その時に行ったのは別棟の事務手続き専門の建物でした。 でも今回はメインの建物です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 64 / コメント 8

2008/10/16 23:16
映画 「プライドと偏見」
映画「プライドと偏見」を観ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/09/29 18:35
スターリングブリッジ ◇ スコットランド紀行'08
ウォレスモニュメントから見た景色は 新興住宅地やら工場の類が見えて 中世の雰囲気がありませんでしたが、 この橋に来てやっと昔と変わらぬであろう景色を 見ることができた気がしました。 大変素敵なところでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/20 16:21
ウィリアムウォレスモニュメント ◇ スコットランド紀行'08
次にスターリングに向かいました。 目的地はウィリアムウォレスモニュメント。 その名のとおり、ウォレスを称えて作られた塔です。 小高い丘の上に立っているので遠くからでも見つけることができました。 駐車場から徒歩で10分ほど丘を登るとそこから塔に入れます。 中にはウォレスに関する資料が展示されており、 本人が使っていた剣も残っていたので驚きました。 塔は狭いらせん状の階段を登るようになっており、 3階か4階ぐらい上ると展望台になっています。 そこから見えた景色は、 素人目... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/20 14:57
ロスリン教会 ◇ スコットランド紀行'08
ホテルをチェックアウトして、荷物を車に積み込み、 早速出発。 エジンバラには何度か行ったことがあるので 今回は立ち寄りません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/20 12:50
映画 「ブレイブハート」
もうすぐスコットランドに行くので、 予習として「ブレイブハート」を見ました。 予習なので気楽にストーリーも考えずに見始めましたが かなり残酷なシーンがたくさんあって、 映画館の大きなスクリーンで見なくてよかった、と思いました。 ちょっと考えれば分かることでした、 大昔の戦争の話ですから・・・ 私はイングランドやスコットランドに意見も偏見ありません。 それほどの知識がありませんから。 (ただ、サッカーだけはイングランドがいいかな、と 笑) でも、これはスコットランド側から見た話... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/07/14 22:51
オムニバス映画「10ミニッツ オールダー」
世界各国の巨匠監督が手がけた10分間の短編を集めた オムニバス作品集です。 イギリスとドイツの合作ということだったので観てみました。 1作品10分間なのですが、 本当に10分?と思うほど、中身が濃く、 1つ観終わっては、もう一度内容を思い起こし、 時にはうーん、と考えてしまうような感じでした。 中にはよく理解できないものもありましたが。 例えば「時代×4」は理解できなかったものの1つですが、 映像のおもしろさがありました。 初めの数話は続けて観てしまったのですが、 1つ1つ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/02/17 21:53
映画「テイラー・オブ・パナマ」
ジョン・ル・カレのスパイ小説を映画化した作品です。 (ジョン・ル・カレという名前はイギリス人らしくありませんが、  これはペンネーム。  オックスフォード大を卒業し、  MI6に所属した経験もあるというイギリス人です) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/02/11 22:15
映画「g:mt」
ロンドンのグリニッジが舞台の映画です。 バンドで成功を夢見る若者の葛藤が描かれています。 同じくイギリス映画の「さらば青春の光」に似ていると思いました。 雰囲気も時代も違いますが、 誰も悪くはないのに悪い方へ追い込まれていく様が。 見ていて辛かったです。 初めの方で「これが人生よ」と言っているシーンがありましたが、 見終わってみてから考えると、 全編が「これが人生よ」だったのだと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2008/01/29 20:15
映画「キンキーブーツ」
倒産寸前の、昔ながらの質の高い靴工場の経営者が ドラッグクイーン用のブーツを作って倒産を免れるというストーリーです。 ドラッグクイーンのローラに惹きこまれました。 あの俳優さんはドラッグクイーンではないと、見終わってから知って、 びっくりしました。 役に、女性に、なりきってました! ほのぼのとしたお話でよかったです。 最初のシーン、女の子(に見えるけれど男の子)が 赤いパンプスを履いてダンスをするシーンが印象的でした。 これ、実話だそうです。 イギリスとアメリカの合作映画です... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2007/12/22 20:04
映画「ディパーテッド」
飛行機の中で、ディパーテッドを見ました。 日本で公開されたばかりだと思うのでラッキーでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/01/19 23:44
砂漠での日の出、スターウォーズの舞台
砂漠での日の出を見ようと、 早めに朝食を済ませて7時頃砂漠に出て行きました。 下の方に雲があってパーっとした日の出は見られませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/28 22:22
セルジア渓谷 〜 ミデス 〜 タメルザ峡谷 〜 シェビカ 〜 トズール
今日は朝から4WD(ランドクルーザー)で移動です。 まずセルジア渓谷を走る電車、レザールージュに乗りました。 (赤とかげという意味) 小規模なグランドキャニオンといったようなところを縫って走り、 途中2ヶ所、絶景のところで止まって、 一旦下車することができます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/26 22:22
映画「007」公開間近!
映画「007」が17日から公開されるということで、 昨日、今日と、BBCの朝のニュースで取り上げられました。 そういえば、先日ハロッズに行った時にも、 ショーウィンドーが全て007と関連づけた展示になっていましたし、 他局でも過去の007の車を特集した番組を放送していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/15 21:55
マンUチケットのお値段・・・とミニミニ大作戦
マンチェスターユナイテッド対チェルシーの試合がもうすぐあります。 私達夫婦はチェルシーの会員になっているのですが、 この試合はアウェイのためにチェルシー分の席数が少なく、 チケットが取れませんでした。 そこで、旅行代理店に電話をして、 いくらぐらいで手配してもらえるのかを尋ねたところ、 返事はなんと、1枚250ポンド。 52500円です。 高すぎます・・・ いくらなんでも高すぎます。 あっさり、諦めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/09 23:39
映画「ハスラー2」
昨日に続き、「ハスラー 2」を観ました。 渋い演技で年を取った元ハスラーの 意地や葛藤を表現していたポール・ニューマンが 主演男優賞を取ったのは納得です。 でも、ストーリーはちょっとおかしいような・・・ そもそもヴィンセントを育てるためにツアーに出たのに 彼らを放り出して自分がプレイヤーに戻ってしまったなんて、 ヴィンセント達に対してひどいじゃないですか。 まあ、彼らもそれなりに成長したようなので 結果オーライってことなのかもしれませんが。 それと、試合放棄も納得いきません。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/09 23:22
映画「ハスラー」
映画「ハスラー」を観ました。 ヤクザな世界ではありますが、雰囲気がかっこいい映画でした。 古き良きアメリカという感じでしょうか。 ポール・ニューマンが時折とてもカッコいい表情を見せるので 惚れ惚れしてしまいました。 彼はああいう、2枚目的役者というポジションだったとは知りませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/08 22:09
映画「ハイ・クライムズ」
映画「ハイ・クライムズ」を観ました。 時折ドキッとさせられるシーンがあって恐かったのですが、 でも内容は最後の大どんでん返しも含め、面白かったです。 ただ、謎がいくつも残っているので、それが気になります・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/02 23:52
映画「インファナル・アフェア」
映画「インファナル・アフェア」を観ました。 少し前に、ドラマ「輪舞曲」を見たのですが、 これはインファナルアフェアの影響を受けていると聞いたので。 確かに似通った部分がたくさんありました。 でも、それだけではなく、実によくできた映画だと思いました。 もしドラマを見ていなかったとしても、とても楽しめたと思います。 どうしてもドラマと比較した感想になってしまいますが、 ドラマに比べ、展開が速かったのも、スピード感があってよかったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/09/29 23:44
映画「9.11 〜N.Y.同時多発テロの衝撃の真実〜」
9月2日の夜、映画「9.11 ~N.Y.同時多発テロの衝撃の真実~」をテレビでやっていたので観ました。 が、すみません、途中でやめました。 あまりにもリアルでショッキングだったので具合が悪くなってしまいました・・・ 以下は映画の解説のコピーです。 2001年9月11日の朝。 映画制作者ジュールとゲデオン・ノーデ兄弟は、ニューヨーク市消防署の新人についてのドキュメンタリーを撮影中だった。 空からの轟音に気づき、ジュールはカメラを頭上へと向けた。それが世界貿易センタービルに最初の旅客機が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/05 23:58
映画「バニラスカイ」
(8月27日分です) 映画「バニラ・スカイ」を観ました。 結局、人間「顔」なのかな、と思わざるを得ませんでした。 夢と現実が入り混じっていて、こっちまで混乱しました。 混乱したままなので、もう1度見てすっきりしたいな、と。 でも、どうせもう1度見るなら、これは「Open Your Eyes」のリメイクなので、 そちらを見てみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/30 21:00
映画「ハリーポッターと炎のゴブレット」
映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を観ました。  ◇◇差し支えない程度にネタバレ◇◇ あの人は、あの場面で死ぬ必要はなかったのでは? 一緒にトロフィーを取ろう、なんて言わなければよかったのに。 ハリーがすぐに戻っていれば死ななかったのに。 結局死んだのはハリーのせい・・・? でも、ストーリー上、死ぬ必要性は全くなかったと思うのに、 作者はなぜあそこで殺したのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/26 21:00
映画「妻」
古い日本映画「妻」を観ました。 高峰三枝子はとても美人だと聞いていたので、これも観てみようと思ったわけなのですが、 少々がっかり・・・ 演技なのかどうかわかりませんが、食事する時などとても品がないのです。 内容も、男って勝手ね、という感じで、救いがありませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/05 22:22
映画「レインマン」
映画「レインマン」を観ました。 ダスティンホフマンの演技がすごい! 本当に自閉症に見えます。 ただ立っているだけのシーンでも、そう見えてしまうほどです。 本当にすごいと思いました。 実はステンドグラスのクラスに自閉症らしき人がいます。 その人に似た点があったので、妙に納得しながら見てしまいました。 内容もよかったです。 自閉症の人の話といっても全く暗くありませんでした。 お勧めです! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/05 21:00
映画「ロード・トゥ・パーディション」
映画「ロード・トゥ・パーディション」を観ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/06 22:22
映画「グリーンマイル」
映画「グリーンマイル」を見ました。 あまりにも重過ぎてなんと言っていいやら・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/01 22:22
映画「ノイズ」
こちらのテレビで、映画「ノイズ」を見ました。 日本で一度見ているので、ほとんど理解できました。多分。(笑) 主演はシャーリーズセロンだったのですね、 前に見た時は彼女のことを知りませんでした・・・ ショートヘアがキュートでした。 夫役のジョニーデップの表情が、完全に別人のように変わったのがすごいと思いました、 前半はやさしそうに見えたし、後半は冷たい夫に見えました。さすが。 ラストで、ぞっとしました・・・ 知っていたのに、また見てしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/02 22:22
映画「陽だまりのグラウンド」 +スーツケース
今日は朝からロンドンへ買い物に行きました。 お目当てはリモワのスーツケース。 機内に持ち込めるタイプが欲しかったのです。 セールでお得な買い物ができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/02 22:22
正月早々「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」
明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/01 22:22
映画「魔女の宅急便」と「戦場のピアニスト」
朝から雪が降っていたのでなんとなく出掛けるのはやめました。 映画を2本見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/30 22:22
映画「キルビル」
近所の小デパートへ出掛けました。 セールが既に始まっていました。 が、何も買いませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/29 22:22
映画「シルミド」
今日は雪が降りました! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/27 22:22
映画「もののけ姫」
映画「もののけ姫」を見ました。 アニメだし「姫」だし、もっとかわいらしい内容かと思っていました。 が実際はけっこうグロテスクなシーンや争いのシーンもあり、 子供向けではないな、と気付きました。 そして争いはいけないというテーマ。 サンの一生懸命さにひかれました。 森の中のシーンなどは幻想的で美しかったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/04 22:22
映画「スターウォーズ シスの復讐」
スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐(最終話)を見ました。 今までの5話を全部見てきたので、 もうこの先のストーリーを既に知っているわけじゃないですか、 そのせいか、あまり楽しめませんでした。 この前の2作は劇場で見ましたが、 これは家でDVDを見ました。 劇場で見たらスケールの大きさを楽しめたのかもしれないです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/03 22:22
ガイフォークスデー、ローマの休日
今日はガイ・フォークス デー。 今から400年前、1605年の11月5日、 国王のプロテスタント政策に不満を持っていたカトリック教徒のガイ・フォークスが 国会議事堂を爆破しようと計画したものの未遂に終わりました。 それ以来、この日には、爆破計画の失敗を記念して、 ガイ・フォークスの人形を焼いて祝うようになりました。 現在でも11月5日前後にはかがり火を焚いたり花火を打ち上げたりする風習が残っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/11/05 22:22
映画「フォーウェディング」
先日お隣にお邪魔した時に、フォー・ウェディングのDVDを借りました。 (結婚式の写真を見せ合ったことから) 日本語字幕は当然ついていないので、何日もかかって辞書で調べながら見ました。 感想は、「結局そうなるのね・・・」 全体的にはとてもイギリスっぽさを感じる部分もあったりして楽しめたのですが、 結局彼女は彼の元へ行くのか、と思いました。 それじゃ単純すぎやしませんか? 一応こういうのもハッピーエンドって言うのでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/15 22:22
Oxfordへ
今日はバンクホリデーのため夫も仕事は休みです。 3人でオクスフォードへ行きました。 とても素敵なところで、こんなところで学生生活を送れるなんて うらやましく思います。 ハリーポッターの撮影が行われた食堂も見て来ました。 映画を見た人なら、あの食堂、わかると思います。 そう、あの食堂ですよ、あれが、普段、 実際に、毎日使われているのだそうです。 素敵すぎます。 映画で見るより狭いように感じました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/02 22:00

トップへ | みんなの「映画」ブログ

英国日記 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる