ニュルンベルク

今日はニュルンベルクへ移動する日です。
早めに朝食を食べに行きましたが、
早すぎて、昨日おいしかったパンがなくてがっかりしました。

ICEで移動しました。
何、この電車!超快適!クリーン!
おもわず車内の様子まで写真に撮ってしまいました。
しかも先頭車両の、前の方の席だったので、前が見えるんです。
(運転手席と客席を隔てる壁はガラス)
雪の中を突っ走っていくのがわかるんです!楽しいー!
子供でも電車マニアでもないのに、なぜかしっかり楽しんでしまいました。
画像

画像
(トイレの脇の間接照明)

ニュルンベルクに到着し、インフォメーションの人に
その先の電車の時間を尋ねると、
希望の時間近辺の時刻が書かれている紙をプリントしてくれるのです、
なんて親切で便利なんだ!
何番ホームかまで書いてあります。
これは特に外国人観光客にとって非常に助かります、
やっぱり聞くだけだと聞き間違えるってこともありますから。
ドイツってすごい!

ニュルンベルクは古城街道にある町で、
ドイツで一番大きなクリスマスマーケットが開かれているということでも知られています。
とてもかわいらしい町並みです。
画像


その、古城の1つである、カイザーブルクというお城に行きましたが、
係員がすごく不親切でがっかり。
表示も少なく、自分がどこに行けばよいかもわかりませんので、
要注意です。

デューラーハウスの隣のレストランで昼食を食べました。
感じもよく、こじんまりとコージーな空間でとてもよかったです。
それからクリスマスマーケットへ。
とにかく楽しいです!
画像


夜はソーセージがおいしいと言われるお店で取りました。
お店を出たら雪が強くなっていたので、もうマーケットめぐりは諦めて
今日の宿に向かうことにしました。

今日の宿はホテルではありません。
初めて泊まるのですが、B&Bです。
ここは日本人の女性がやっているところで、ネットで見た評判がとても高かったので、
行ってみたいと思い、予約しました。
(日本に住んでいたら海外旅行の時は断固海外にこだわりたいので
 きっとここには泊まらなかったと思うのですが、
 海外に住んでみるとそういうこだわりはなくなりました。
 それは食事も同じで、旅行中は日本食はもちろんアジア食は食べない主義でしたが、
 住んでしまうとあまり関係なくなりました)
電話で話すとやはりよさそうな感じでとても楽しみにやってきました。
期待は裏切られませんでした!
部屋もとても快適で、居心地がよかったです。
到着後、グリュワインをふるまって頂きながらお話を伺いました。
その後はもう、くつろぎまくりです。
自分の家かと思うぐらいのくつろぎっぷりです。
で、ぐーっすり眠りました。





http://torakuba.at.webry.info/200612/article_2.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 間接照明の魅力

    Excerpt: 間接照明の魅力はそのやわらかな光が作り出すやさしいリラックスできる空間作りにあるでしょう。複数の照明を使用することでできる奥行きのある空間の演出も直接照明とは異なる間接照明の魅力でしょう。 Weblog: 間接照明 racked: 2006-12-25 18:28