英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ジョン・エヴァレット・ミレイ展

<<   作成日時 : 2008/09/23 21:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

画像


渋谷Bunkamuraで開催中のミレイ展に行ってきました。

Bunkamuraには何回か行ったことがありますが、
こじんまりとした会場だと記憶していました。
今回も、それほど多くの作品が来ているとは思っていませんでした。
が、今回ほど充実した展覧会は初めてだと感じました。
そのぐらい、よかったのです。

ミレイについて私が知っていたことと言えば、
ラファエル前派であることと、「オフィーリア」だけでした。
テートブリテンへ足を運んでも、
見ようともしていませんでした。
テートブリテンの建物の前に
ミレイの銅像があることすら知りませんでした。

が、今回の、ミレイのみを集めた展覧会は
非常に勉強になりました。
また、ほとんどの絵にその背景などの説明文が書かれていて、
とてもわかりやすかったです。
これは本当にいいことだと思いました。

初期の絵は非常に緻密でした。
「両親の家のキリスト」の右端の男の子の毛皮は
本当に毛皮に見えました。
また、前期は色も鮮やかだったようです。

後期になって、タッチが変わっていったようです。
が、細かい部分はやはり細かく描かれてもいました。
「北西航路」の、
左端に描かれた飲み物のグラスとその中のスプーンは
とてもリアルでした。

「オフィーリア」を見てもわかるとおり、
植物などとても細かく描かれています。
でも、得意なのは植物だけではないようで、
肖像画もたくさん書いていたようですし、
自分の子供達の絵もいくつもありました。
中でも「初めての説教」は
表情がとてもかわいらしかったです。

女性の絵は、ラファエル前派のせいか、
どれもモリスの妻、ジェーンに似ているような気がしました。

「めざめ」は緻密に描かれており、
「きらきらした瞳」はタイトル通りとても美しい乙女の表情でした。

大半の絵に花が描かれていたように思います。
花の絵も、きっと得意なのでしょう。
特に「オフィーリア」は死体という題材にもかかわらず、
たくさんの花で埋め尽くされているせいか、
彼女の表情さえ見なければ
悲しい絵に見えない程です。
花言葉も意識して花の種類も選ばれているようでした。

今日は祭日ということもあり、かなり混雑していたので、
できればもう1回、平日のすいている時間に
ゆっくり見られたらいいな、と思います。

帰りに、売店で売られていた、ハムレットの本を買いました。
今更ながら、シェイクスピアを読んでみようと思いまして。

この「ジョン・エヴァン・ミレイ展」は
渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムで
10月26日まで開催されています。
詳しい情報はこちらをご覧下さい。



シェイクスピア全集 (1) ハムレット
筑摩書房
W. シェイクスピア


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ジョン・エヴァレット・ミレイ」展
&amp;nbsp;Bunkamuraザ・ミュージアムにて開催中の「ジョン・エヴァレット・ミレイ」展へ行ってきました。UK-JAPAN 2008公認イベントになっているミレイ展。すごくすごく楽しみでした!8月から始まっていたのに、先日やっと行くことができました。といいつつも、閉館50分前に駆け込んだので後半は駆け足で鑑賞・・・まぁ、今回は「下見」ということで。会期中にあと2回は行きたいです。今月26日までですが。ミレイは、私にとってとても思い入れのある画家です。「オフィーリア」を観るのはこれで2... ...続きを見る
meg+art
2008/10/08 10:22
シェイクスピア 「ハムレット」 松岡和子訳
先日、Bunkamuraでのミレイ展を見た後で購入した 「ハムレット」(松岡和子訳)を読みました。 恥ずかしながらシェイクスピアを読むのは初めてです。 とっつきにくいイメージがあったのですが、 これはとても読みやすかったです。 注釈もたくさん出ていてわかりやすかったです。 何でもトライしてみるものだなあ、と思いました。 数日後に舞台「KEAN」を観る予定になっているので、 それもあって急いで読みましたが 本当はもう1冊ぐらい読んでおきたかったです。 ハムレットの内容につ... ...続きを見る
英国日記
2008/10/10 00:01
ジョン・エヴァレット・ミレイ展
東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されている「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」に行ってきました。 ...続きを見る
美術館は楽しい
2008/10/10 11:06
「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」
Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の 英国ヴィクトリア朝絵画の巨匠「 ジョン・エヴァレット・ミレイ展」プレスプレビュー及び内覧会にお邪魔して来ました。 ...続きを見る
弐代目・青い日記帳 
2008/10/11 13:49
『ジョン・エヴァレット・ミレイ展』@ Bunkamura ザ・ミュージアム
JUGEMテーマ:美術館に行ってきました ...続きを見る
re:view
2008/10/13 21:32
「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」
'08.10.25 ジョン・エヴァレット・ミレイ展@Bunkamuraザ・ミュージアム ...続きを見る
・*・ etoile ・*・
2008/12/01 00:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ♪
やっぱりこちらからはTBできなようです(涙)
いい展覧会でしたね。
「オフィーリア」は期待通りの美しさでしたが、
やはり「初めての説教」「二度目の説教」が好きでした。

イギリス大好きなのですが、ブログの記事はほとんどなかったです・・・
maru♪
2008/12/01 00:22
maru♪様 コメントとTBありがとうございます。本当に、いい展覧会でした!絵が美しいのはもちろんですが、このように時代を追って一人の画家の絵を見ることができると、理解が深ま(ったような気分にな)ります。
またイギリスの話題をお書きになった時には、よかったらこちらにコメントやTBして下さいね!
英国日記
2008/12/02 20:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジョン・エヴァレット・ミレイ展 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる