映画 「キング・アーサー」

伝説の騎士、キングアーサーの物語です。
キングアーサーの伝説は数々あるはずですが、
これはほんの一部だけを映画化したものでした。
これでざっくり勉強できれば、などと思っていたので、
ちょっぴり期待はずれでした。
アーサーに対して、強いヒーロー像をイメージしていましたが、
ここではほんの歯車の1つ。
しかも、悩んだりしていて、
主役のクライヴ・オーウェンの容貌と相まって、
とても人間臭い男として描かれていました。
キーラ・ナイトレイは文字通りの体当たり演技でした。
ウォードの変なメイクに変な衣装だったのですもの。
その恰好で、歯を剥き出しにして戦う姿はすごく強烈で、
野蛮に見えました。
それにしても、こんな顔を世間に晒すって、
私だったらイヤだな・・・

(2004年)


キング・アーサー ディレクターズ・カット版 [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
2005-01-21


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック