映画 「ワイルド・ギース」

     アフリカ某国で軍部のクーデターが発生。
     拉致された大統領を救出すべく、
     高額の報酬と引き換えに命知らずの傭兵部隊が飛び立った。
     元米軍将校で隊長のバートン、作戦参謀ハリス、
     名パイロットのムーア、ボウガンの名手クリューガーら
     4人を中心にした50名からなる
     戦争プロフェッショナルが繰り広げる一大アクション。
     (allcinema)


失ったものが多すぎて、
何のために行ったのかわかりません・・・
結局、リンバニ氏も死んでしまいましたし。
それでも、この映画、なんだか面白かったです。
引退後の老兵が頑張ったり、
ロジャー・ムーアが相変わらずの色男っぷりだったり。
あ、ロジャー・ムーアの他にも知っている顔がたくさんで、
この映画に力を入れていたことがよくわかります。
(名前や出演作はわかりませんが・・・)
一番気の毒だったのはレイファー。
幼い息子と、スキーの約束を果たせず、
あのタイミングで死ぬなんて。
傭兵って、なんなんでしょうね。
戦争でもなく、あんなに人を殺すなんて。

(1978年 イギリス 原題: THE WILD GEESE)


ワイルド・ギース [DVD]
東北新社
2006-09-22


Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック