英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ジェイン・オースティンの「説得」

<<   作成日時 : 2009/03/17 23:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 2

ジェイン・オースティンの小説「説得」を
ドラマ化した物を見ました。
(Lala TV)

主人公のアンは周囲の人の説得を受け入れて
ウェントワースとの結婚をあきらめますが、
8年後に再会します。
アンの視点から描かれているので、
まだウェントワースが忘れられない様子がよくわかりますが、
ウェントワースの気持ちはわかりません。
おまけにウェントワースは本心かどうなのか、
「理想の女性は周りの説得にも折れない、自分を持った人」と
公言します。

その後、自分の気持ちに気付いたウェントワースですが、
そこから先は、見ているこちらには
本当にもどかしく感じられました。
互いに相手のことを想っているのに、
しかも伝えようと思っているのに
邪魔が入ります。

アンは控えめな女性ですが、
最後の方の、
他の来客への挨拶もそこそこに飛び出して行くシーンは、
普段のアンからは想像できない行動力で、
私も「行け!行け!」と応援していました。

イギリスの映画は、
容赦なくアンハッピーエンドで終わったりするので、
これもきっとこのままうまくいかないのだろう、などと
諦め気分で見ていましたが、
ハッピーハッピーで終わっていい気分です。 

ウェントワースがほとんど何も話さずにじっと見ているシーンが多く、
とても印象的でした。







説得 (ちくま文庫)
筑摩書房
ジェイン オースティン


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX ドラマ
INDEX ドラマ ...続きを見る
英国日記
2010/02/21 03:30
「説得」」(2007)
ジェイン・オースティンの『説得』(TVドラマ) 先日の 「ジェイン・エア」 に続き放映されたLalaTVの英国女流文豪特集、2作目はこのオースティンの『説得』でした。 私はハリウッド版の 「イルマーレ」 でこの小説のことを初めて知ったのですが、先日公開された ジェイン・オースティンの読書会」 にも出てきたのですっかりお馴染みの小説になりました。(^^)しかしその肝心の本は途中まで読んで休止したままで読了しておらず、先に映像で観ることになってしまいました。(^O^; この時... ...続きを見る
choroねえさんの「シネマ・ノート」
2011/02/26 21:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
オースティンの作品はハッピーエンドになるのがわかっているので、安心して読んだり観たりできるんですよね〜(笑)
これは地味目だけど好きな作品です。
choro
2011/02/26 21:58
やっぱりハッピーエンドがいいですよね!
これも読まなくては・・・
nightowl
2011/03/08 23:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジェイン・オースティンの「説得」 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる