英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「こわれゆく世界の中で」

<<   作成日時 : 2010/02/03 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

治安の悪いロンドンのキングス・クロスで、
都市の再開発計画を進める建築家ウィル(ジュード・ロウ)。
美しい恋人リヴ(ロビン・ライト・ペン)と
彼女の娘ビー(ポピー・ロジャース)とともに暮らす彼は、
オフィスの窃盗事件をきっかけに出会った
ボスニアの未亡人アミラ(ジュリエット・ビノシュ)に
心引かれ始める。
(シネマトゥデイより)


いろんな問題が絡まりあっていて、
何が正解かわからない状況で、非常に疲れました。
2時間程度の映画でしたが、それ以上に感じました。

最終的に、サラエボの親子を救うために、
長年の恋人のリヴに全てを話して協力を仰ぎましたが、
自分だったらどうしたか見当もつきません。
自分がウィルの立場だったら、やはり親子を見過ごすことができずに、
同じ行動を取ったかもしれません。
が、自分がリヴの場合だったら、協力をしたとしても、
元のさやには戻れないと思います・・・
とは言え、リヴとビーの親子の輪に入れずにいたウィルの気持ちもわかります。
他にも、東欧からの移民問題、娼婦(彼女も東欧系に思えました)問題、
盗難、精神の病など、問題だらけでした。
無理矢理、問題を1つ解決させて映画は終わらせたけれど、
本当にそれでよかったのかもわからないし、
他にも問題は残っているし・・・

建築物の模型に使う人間のフィギュアは日本製で、
ロンドンでは手に入りにくいという件は面白かったです。
セリフでそう言っているだけで、実際にそうなのかはわかりませんが、
言われてみれば、確かに日本の得意分野の気がします。

音楽が、この映画に合っていると思いました。

ちょっと枯れた感のあるジュード・ロウはなかなかよかったです。

(2006年 イギリス/アメリカ
 原題: BREAKING AND ENTERING)


こわれゆく世界の中で [DVD]
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
2007-09-19


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画 「イングリッシュ・ペイシェント」
壮大な景色、ゆったりとしたテンポ、 穏やかな音楽、ハナの温かくて明るい表情。 そういったものでうっかり騙されそうになりましたが、 ストーリーを簡単に書くと、 とってもひどいお話でした。 仲間の奥さんを寝とった挙句に、 仲間たちと作り上げた砂漠の地図を ドイツに売り渡した男の話です。 ...続きを見る
英国日記
2010/02/16 23:23
INDEX 映画
INDEX 映画 ...続きを見る
英国日記
2010/02/21 03:54
こわれゆく世界の中で
『こわれゆく世界の中で』---BREAKING AND ENTERING---2006年(イギリス/アメリカ)監督:アンソニー・ミンゲラ出演: ジュード・ロウ,ジュリエット・ビノシュ,ロビン・ライト・ペン ,マーティン・フリーマン  現代のロンドンを舞台に、それぞれに問題を抱え... ...続きを見る
こんな映画見ました〜
2011/03/07 22:53
INDEX 映画 <NEW>
INDEX 映画 ...続きを見る
英国日記
2013/03/05 10:10
INDEX 映画 <あ行〜な行>
あ行 ...続きを見る
英国日記
2015/05/05 08:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「こわれゆく世界の中で」 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる