英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 「オペラ座の怪人」

<<   作成日時 : 2010/05/23 23:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

ミュージカルの「オペラ座の怪人」はとても好きなのですが、
タイミングが合わず、映画版は観ていませんでした。
それに、映画よりもミュージカルの方がいい、というような声も聞いていたので、
その後も積極的に観ようとはしていませんでした。
今回、友人から初回限定版3枚組のDVDを借りてやっと観ました。

まず本編を観て、
やっぱりミュージカルの方がいいかなあ、と思ったわけです。
ロンドンで観た時のファントムの伸びやかな声に比べたら・・・と。
でも、映画版はいろんなことがとてもわかりやすく、
心情までもよく理解することができたので、
そういう意味ではとてもよかったです。
ミュージカルを初めて観る前にこれで予習したら完璧ですね。

次に特典映像の2枚を観て、
監督や、ミュージカルの作者であるアンドリュー・ロイド=ウェバーや、
その他のスタッフ達の話を聞いて、
いろいろとわかったところで、再度本編を観ました。
すると、また違う方向から楽しめましたし、
特にファントムの声に対する印象が全く違って、
とってもよかったのです。
(一回目は、目が字幕に行ってしまって、
 多くのことを見逃してしまっていたせいもあると思います。)

ファントムの声ですが、あの歌い方はあれでいいそうです。
(監督+作者談)
あれは「ロック」な歌声なのだそうで。
なるほど、そうかと思って観たら、確かにそうでした。
感情をぶつけるような魂の叫びでした。
激しい感情はオペラ調でなんか歌ってられないってわけですね。

映像はとっても華やかで、あんまり観過ぎると、
ミュージルの地味さにがっかりしてしまうのかも。

今回知ったのですが、上にも書いた通り、
ミュージカルの作者であるアンドリュー・ロイド=ウェバーが
この映画のプロデュースをやっているのですね。
他人による別の解釈ではないため、信頼もでき、
安心して楽しめました。

小難しいことはともかく、
何と言っても、音楽がどれもいいです。
何度観ても、感動できます。
ここ数日、気付くと頭の中にこの音楽が流れています。

友人は3枚貸してくれましたが、
正直言うと、私、1枚だけでもいいかなあ、と思っていました。
でも、やっぱり他の2枚も観て本当によかった!
こんな貴重品、貸してくれてありがとう!!

(2004年 イギリス/アメリカ
 原題:THE PHANTOM OF THE OPERA)

オペラ座の怪人 コレクターズ・エディション (初回限定生産) [DVD]
メディアファクトリー
2005-08-26


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX 映画
INDEX 映画 ...続きを見る
英国日記
2010/05/23 23:54
映画 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
ティム・バートン+ジョニー・デップの映画の中でも、 かなりわかりやすい作品ではないでしょうか? ただ残酷なだけですもの。 ...続きを見る
英国日記
2010/07/25 00:10
オペラ座の怪人
『オペラ座の怪人』---The Phantom Of The Opera---2004年(アメリカ)監督:ジョエル・シューマカー出演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム1919年のパリで、廃墟と化したオペラ座でオークションが行なわれた。嘗てのきらびやかなシャンデリアが現れたと... ...続きを見る
こんな映画見ました〜
2011/03/07 22:39
INDEX 映画 <NEW>
INDEX 映画 ...続きを見る
英国日記
2013/03/05 10:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画 「オペラ座の怪人」 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる