英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ 「SHERLOCK シャーロック」 第1話〜第3話

<<   作成日時 : 2013/04/03 22:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像



第1話 ピンク色の研究

軍医としてアフガンに行っていたワトソンが
怪我をして帰国します。
そこへ、共通の知人が現れ、
シャーロックとルームシェアすることになります。
折りしも、奇妙な連続自殺が起きていて、
ワトソンは早速現場についていきます。 

ベネディクト・カンバーバッチ主演で現代に蘇ったシャーロック。
前評判の通り、とても現代的でスタイリッシュに仕上がっています。
カンバーバッチが早口でワトソンの身辺を推測した種明かしをする場面で
すっかりひきこまれました。
彼の低い声と早口、いいですね。

ピンクの女性の殺害現場での推理も見事でした。
警察の女性は言います。
「彼は犯罪に興奮する。そのうちに自分で殺人を犯すだろう。」
なるほど、あり得なくもないです。

冒頭、ワトソンはカウンセラーに、
日常のことをブログに綴ると良い、と勧められましたが、
それがこのシャーロックの記録になるのですね。 

1つ気付きましたが、
ベーカー・ストリートからブリクストンに行くのに
ハロッズの前を通るのはおかしいです! 


第2話 死を呼ぶ暗号

またしても連続殺人が起こります。
いずれも、黄色のスプレーペンキで書かれた記号を見た後に
殺されていました。
この記号が、鍵。
これは中国の数字で、
ある本と照らし合わせると、その言葉がわかるという暗号でした。
犯人は中国の盗品の骨董をイギリスに密輸して売り捌いている集団で、
「黒い蓮」。
なんだか怪しくエキゾチックなネーミングです。
下っ端は捉えたものの、
シャン将軍には逃げられました。
その将軍がネットで会話していた相手「M」とは、
モリアーティ?

殺害されたディーラーの秘書は、
ディーラーと交際していたことをシャーロックに見抜かれますが、
その根拠となったハンドソープ、ハンドローションは
FLORISのものでした。


第3話 大いなるゲーム

そういえば、第2話で
兄のマイクロフトに依頼された件を解決していなかったけれど、
仲も悪いし、無視しちゃうのかな、と思っていたところ、
まだ続いていました。
第3話の前半は悪質な謎解きを挑んでくる異常者との戦い。
人質の体に爆弾を巻きつけて、
何時間以内に答えを見つけないと殺す、という物。
4つクリアした時点で、
マイクロフトの依頼のミサイル設計図を見つけ出し、
モリアーティに
「この設計図が欲しかったのだろう?プールに取りに来い」と
メッセージを送ります。
そこに現れたのは、ゲイっぽい病院の男、ジムでした。
狙撃手に狙わせていましたが、モリアーティは出て行き、
狙撃手もいなくなったものと思っていたところ、
再度両者が現れ、さあ、どうする?シャーロック!
というところで終わりました。
これでは先が気になって仕方ないですね。
私はシーズン2も録画してあるからいいですけど!

おまけ
シーズン2は吹替版しか録画していなかったので、
とりあえず、第3話の続きの緊迫した部分だけ、見ました。
続きは、できれば字幕版で楽しみたいです。


(2010年 イギリス 原題:SHERLOCK) 
AXNミステリー SHERLOCK 
GWに再放送あり!




SHERLOCK / シャーロック [DVD]
角川書店
2012-07-06


Amazonアソシエイト by SHERLOCK / シャーロック [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





SHERLOCK/シャーロック シーズン2 [DVD]
角川書店
2012-10-05


Amazonアソシエイト by SHERLOCK/シャーロック シーズン2 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX ドラマ
INDEX ドラマ ...続きを見る
英国日記
2013/04/03 22:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラマ 「SHERLOCK シャーロック」 第1話〜第3話 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる