英国日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ 「Silk 王室弁護士マーサ・コステロ」

<<   作成日時 : 2014/05/18 16:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


第1話 

シルク(王室顧問弁護士、Queen's Counsel)を目指すマーサ・コステロ。
法廷ではライバルの意地悪を受けたりして前途多難な模様・・・
1話目は急ぎ足で2つの事件を取り上げたので慌ただしかったですが、
なかなか見応えありそうです。 


第2話 

冒頭いきなりマーサが妊娠って・・・
なんだかベタだわ。
そして直後にレイプ(強姦ではなく、合意のない行為)事件を担当。
男性側の弁護ですが、
女性の気持ちもわかると言って心が揺れていました。
自分のシチュエーションと重ね合わせている模様。
それにしても、弁護士事務所内がぎすぎすしすぎ・・・ 


第3話 

少年の、男性に対する売春の話・・・
13歳の時からって・・・
マーサのおかげでせっかく無罪にはなったものの、
法廷の出口に客引きの男が待っていてついて行ってしまい、
残念な終わり方。
そしてマーサは、中絶の予定日に
その法廷に立っていたために病院には行けませんでした。


第4話 

えー、あのいけ好かないクライヴが
マーサの子供の父親だったの・・・?
なんだかな。
そのせいで彼は改心し、
有名事務所からの引き抜きも断り、
上級事務官ビリーの不正を暴くような真似もしないと、ビリーに誓ってしまいました。
そんな必要あったのかな・・・
移籍しちゃった方が何かと好都合のように思えますが・・・ 


第5話 

同じ裁判に同じ事務所から敵味方に分かれて挑むケース。
しかも相手は冴えない感じの人。
不正があったと思われてはいけないと思ったマーサは
彼との接触や書類を分けることまで提案、実行しますが、
無罪を勝ち取った後で検察から、
書類の行き来があったとクレーム。
罠なのかなんなのか・・・ 


第6話 

第1話に出てきた男にお腹を蹴られたマーサは流産・・・
第3話に出てきた売春少年が殺人で捕まり
マーサが担当に。
判事の殺人ということで注目された裁判でしたが、
マーサが見事に判事の奥さんの嘘を見破り、
正当防衛が認められました。
そして、ビリーを気に入らない数人による
別事務所立ち上げの計画がビリーに知れて、
出て行けと言いますが、
マーサはみんな家族のようなもの、と言って
引き止めます。
そして、マーサはシルクになれました!
見習い2人はどうなるのかな。
シーズン2にも出てくる気もしますが。 

なかなかテンポの良い作品ですが、
それだけに、裁判のことを知らないと、
ついていけなくなりそう。
もちろん私も裁判に詳しいわけではありませんが、
判事ディードを見ておいてよかったわ。


(2011年〜 イギリス 原題: SILK) 
AXNミステリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
INDEX ドラマ
INDEX ドラマ ...続きを見る
英国日記
2014/05/18 16:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラマ 「Silk 王室弁護士マーサ・コステロ」 英国日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる